logo

Android端末用セキュリティ診断アプリ「FFRI安心アプリチェッカー」を販売開始 ~ヒューリスティックエンジンで未知の不正アプリにも対応、バッテリー消費の不安も解消~

株式会社FFRI 2014年12月01日 16時30分
From DreamNews

サイバーセキュリティ領域において国内で独自の研究開発活動を展開している株式会社FFRI(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:鵜飼裕司、以下 FFRI)は、2014年12月1日、Androidスマートフォン用セキュリティ診断アプリ「FFRI安心アプリチェッカー」を販売開始いたします。本製品は弊社初のコンシューマー向け製品となります。

スマホ用セキュリティ診断アプリ開発の背景

モバイル利用を前提としたスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスは、通話・録音、カメラ機能、GPS機能等を備えており、音声や画像、位置情報等、PC端末と比較して多種多様な情報が含まれているため、それらの情報をターゲットにしたマルウェア(※1)や、豊富な機能を悪用する不正アプリの脅威が問題となっています。
特にAndroid端末においては、オープンな開発環境が提供されているため、正規マーケット(Google Play)においても不正アプリがマーケットに紛れ込むケースも発生しています。
このような状況において、弊社のサイバーセキュリティ領域における研究開発ノウハウを活かし、Androidスマートフォン用セキュリティ診断アプリを開発、販売に至りました。

※1 不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意あるソフトウェアや悪質なコードの総称

■「FFRI安心アプリチェッカー」概要

Android用スマートフォン・タブレットで利用するアプリの危険性を可視化する、コンシューマー向けセキュリティ診断アプリです。インストール時とアップデート時に自動的にアプリの危険性を「高・低」の2段階で診断し、結果を通知します。また、インストールされたアプリが、端末のどの機能やどの情報にアクセスするのかをわかりやすく「見える化」します。アプリの診断には、弊社が独自開発したヒューリスティックエンジン(※2)を使用しているため、未知の不正アプリにも対応しています。
また、ヒューリスティックエンジンを採用し、パターンファイル更新が不要のため、多くのセキュリティ製品が課題としている日々のパターンファイル更新による端末不可の増大やバッテリー消費を気にすることなく、ご利用いただけます。

※2 既知の不正アプリと照合する従来のパターンマッチングではなく、膨大な不正アプリの分析結果から導き出した不正アプリに共通する特徴を検知するエンジン

・価格: 300円/月(最初の30日間は体験版として無償でご利用いただけます)
・発売日:2014年12月1日
・Google Play:リンク
・製品紹介Webページ:リンク


■株式会社FFRIについて
当社は2007年、日本において世界トップレベルのセキュリティリサーチチームを作り、IT社会に貢献すべく設立されました。現在では日々進化しているサイバー攻撃技術を独自の視点で分析し、日本国内で対策技術の研究開発に取り組んでいます。研究内容は国際的なセキュリティカンファレンスで継続的に発表し、海外でも高い評価を受けておりますが、これらの研究から得られた知見やノウハウを製品やサービスとしてお客様にご提供しています。主力製品となる、「FFR yarai」はミック経済研究所調べ(※3)、および富士キメラ総研調べ(※4)によるエンドポイント型標的型攻撃対策分野における出荷金額においてNo.1を獲得しております。

※3 出典:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2013【外部攻撃防御型ソリューション編】」
※4 出典:富士キメラ総研「2013 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧【上巻 市場編】」


本件に関するお問い合わせ先 
写真・資料等がご入用の場合もお問い合わせください。

株式会社FFRI
経営企画部 PR担当
TEL:03-6277-1811
E-Mail:pr@ffri.jp  URL:リンク

「FFRI」、「FFR yarai」は、株式会社FFRIの登録商標です。
その他すべての社名、製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
出典資料の引用等、調査会社の著作物を利用する場合は、出典元にお問い合わせください


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。