logo

認証・DHCPアプライアンス「Account@Adapter」 Version 5.06 をリリース

日立電線ネットワークス株式会社 2014年12月01日 11時19分
From PR TIMES

このたび、日立電線ネットワークス株式会社は、自社開発・販売をしている認証・DHCPアプライアンス「Account@Adapter」(アカウントアダプター)の機能を強化した 「Account@Adapter Version 5.06」をリリースしました。アカウント自動削除機能の追加や認証スイッチの混在条件緩和などの機能強化により利用範囲が拡がりました。



【Version 5.06 の主な機能強化の概要】

■アカウント自動削除機能の強化
Account@Adapter 上のアカウントをディレクトリごとに自動的に削除する機能を実装しました。
例えば、社員とゲストでディレクトリを分けることで、不要となったゲストのアカウントのみ自動的に削除することができます。また、会社保有の端末と持込PC でディレクトリを分けることで、持込PC のアカウントのみ自動的に削除することもできます。
この機能により、アカウントの削除漏れを防止し、管理者の運用負荷を軽減します。

■MAC 認証パラメーター処理機能の追加
MAC 認証時のパスワードをチェックしないノンパス認証機能を追加しました。
MAC 認証時のパスワード仕様が異なる認証スイッチ(例えば「共通パスワード」タイプと「MAC アドレス」タイプ)が混在した環境でも使用することができます。
また、MAC アドレスの区切り文字を除去して認証する機能を追加したことで、MAC アドレス登録時の文字修正作業が不要となります。

■内部LDAP アカウント情報の外部システムへの送出機能の追加
Account@Adapter の内部LDAP に登録したアカウント情報を外部システムのFTP サーバーに出力する機能を追加しました。外部のシステムと連係することが可能になります。

■DHCP サーバーの払い出しIP アドレス枯渇アラート機能の追加
DHCP サーバー機能にてサブネットごとに払い出し済のIP アドレス数を管理し、指定したしきい値を超えた場合に管理者へメールを送信する機能を追加しました。払い出しIP アドレスが枯渇する前にアラートとしてメール通知します。IP アドレスの払い出し率を画面に表示することもできます。

【「Account@Adapter」の特長】
・RADIUS 機能、LDAP 機能、CA(証明書)機能、DHCP 機能を1台に搭載した専用アプライアンス
・Web/MAC/802.1X 認証に対応し、外部LDAP/ActiveDirectory 連係やRADIUS プロキシ連係に対応
・証明書発行機能(CA 機能)をサポートし、スマートデバイスの証明書も発行可能
・ユーザー自身による利用ID・端末申請、管理者による審査(許可/却下)、MAC アドレス自動登録、ユーザーへのパスワード有効期限通知、長期利用のない古いアカウントの自動削除など、便利な機能により管理者の運用負荷を軽減
・1対N 構成によるセンター集中管理や、DHCP リース情報を共有した1 対1 構成、といった冗長構成に対応

Account@Adapter の詳細は、以下のURL からご覧いただけます。
リンク

【日立電線ネットワークス株式会社】
日立電線ネットワークスは、日立金属グループのネットワークインテグレーション会社です。日立金属(旧・日立電線)から継承した20 年以上のシステム構築実績を生かし、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「ビジュアルコミュニケーション」、「トータルマネジメントサービス」のフィールドで、企業をはじめ大学や官公庁向けに提案から構築・保守まで一元管理でトータルネットワークソリューションを提供しています。導入事例、ソリューション、取り扱い製品の詳細は、以下のURL からご覧いただけます。
リンク

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ】
お問い合わせ先 日立電線ネットワークス株式会社 お問い合わせURL
リンク

■登録商標
Account@Adapter、@Adapter ロゴは、日立電線ネットワークス株式会社の登録商標です。
ActiveDirectory は、米国およびその他の国における米国 Microsoft Corp.の登録商標です。
本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

以上

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事