logo

佐賀県×BEAMSのセレクトショップ「STAND SAGA」が有楽町駅前に期間限定オープン

佐賀県庁 2014年11月28日 17時36分
From Digital PR Platform


佐賀県は、本日11月28日(金)、有楽町駅前にて、株式会社ビームスのビームス創造研究所 南馬越シニアクリエイティブディレクターのプロデュースによるニューススタンド型セレクトショップ「STAND SAGA」を、期間限定でオープンしました。

本プロジェクトは、企業やブランドなどとのコラボレーションにより県の魅力を発信する佐賀県の情報発信事業「FACTORY SAGA(ファクトリー サガ)」と、セレクトショップの第一線で培われたビームスのセレクト力で地域の魅力を発見・プロデュースし地域活性を目指すビームス創造研究所が、 お互いのコンセプトに共鳴し実現しました。

本日12時にオープンしたショップでは、有田焼をはじめとした佐賀県内の企業と、ビームス創造研究所がコラボレーションしたオリジナルアイテムや、ビームス創造研究所がセレクトした佐賀の様々なアイテムを展開しており、女性を中心に、道行く人が足を止めて商品を手にする姿が見られました。また、九州を代表するアイスクリーム「ブラックモンブラン」デザインの雑貨も世界で初めて販売しています。

さらに、「シシリアンライス」や「ミンチ天」など佐賀のご当地グルメも提供。JR有楽町駅前の賑わいある好立地ということもあり、東京で楽しめる佐賀の味を求め、多くのお客様が列を作りました。
 
オープンに先駆けたプレス内覧会では、本ショップをプロデュースしたビームス創造研究所のシニアクリエイティブディレクター南馬越 一義(みなみまごえ かずよし)が、「佐賀には銀座や有楽町にいる女性にウケそうなものがあるので、それをビームス流にアレンジしました。佐賀のメーカーや工房では、若い方が頑張っていて、ビームスのセンスを分かってくれたので、良いコラボ商品ができました。私は様々な地域で仕事をしていますが、これだけ若い方が頑張っている地域はないと思います」と語りました。

また、佐賀県の情報発信事業「FACTORY SAGA」でプロジェクトリーダーを務める金子暖(かねこ だん)は、「佐賀県には、良いものだが知られていないものがあります。目利き力、企画力があるビームスとコラボレーションしたSTAND SAGAを通じて、佐賀の魅力に触れて頂く機会を構築したいです」と抱負を述べました。

佐賀県は、本プロジェクトを通じ、県自体のイメージ向上や、多様な名産品の魅力を発信していきます。また、ビームス創造研究所は、佐賀県の企業や技術とコラボレートし、あたらしいモノやコトを生み出すことで地域を盛り上げ、佐賀県内の企業を応援します。


【ニューススタンド型セレクトショップ「STAND SAGA」 概要】
展開期間:2014年11月28日(金)~12月7日(日) ※12月1日(月)は展開致しません
展開時間:平日 9:00~14:00、16:00~19:00(予定) / 土日 10:00~19:00(予定) ※11月28日(金)のみ12:00より展開(予定)
展開会場:有楽町駅前広場 11月28日(金)~12月4日(木) ※12月1日(月)を除く / 銀座ソニースクエア 12月5日(金)~12月7日(日)

※「STAND SAGA」終了後の12月8日(月)から、47CLUB「STAND SAGA」特集ページにてオリジナルアイテムを販売予定
リンク


【「FACTORY SAGA」とは】
佐賀県が、県の存在感を高めるとともにイメージ向上を目指し、2013年度から取り組んでいる情報発信プロジェクト。自治体の東京での情報発信は、アンテナショップなどが一般的ですが、佐賀県は新しい情報発信のスタイルとして、様々な企業やブランド、メディア等との「コラボレーション」による情報発信を行っており、今回含め8件の事業を実施しています。

ターゲットは、東京エリアの、情報に敏感でこだわりを持つ30代女性が中心。佐賀県の誇る県産品や技術と、ターゲットが愛着を持ち、好意を持つ企業やブランド、イベント、メディアなどとをコラボレーションさせることで、ターゲットのニーズや価値観に合わせた新商品・サービスの開発、イベントなどを展開しています。本事業は、東京・南青山に設置したプロデュースオフィス「FACTORY SAGA」に、専任スタッフを4名配置し推進しています。

本事業の継続的な実施により、ターゲットが佐賀県の魅力に触れる機会を増やすことで、県の存在感を高め、イメージ向上を狙います。さらには、県への興味・関心が高まることで、県産品や観光などのプロモーションがより効果的になる相乗効果を見込んでいます。

◇現在までのコラボ件数 8件
宝島社(出版社)、GANORI(グラノーラ専門店)、スクウェア・エニックス(ゲーム)、丸善&ジュンク堂書店(書店)、尾上松也 歌舞伎自主公演「挑む」(歌舞伎/江戸文化)、お台場新大陸(イベント)、森永製菓(お菓子)、BEAMS(セレクトショップ)(今回)
◇事業に関するお問い合わせ件数(2014年11月13日現在)県内事業者:41件/全国の企業・団体(県外):69件
◇「FACTORY SAGA」オフィシャルサイト リンク

【『ビームス創造研究所』とは】
ビームスの「次」を創出する新しい部門として2010年に設立。
クリエイティブ・シンタンクとして、経験と才能を新しいビジネスに繋げることを主なミッションとする。
ビームス創造研究所の業務内容はファッションの世界に留まらず、新しいブランド及びデザイナーの創造・発掘・育成、イベントの製作・運営、店舗・住宅・ホテルの設計・コンサルティング、講演・セミナー講師・著作活動など多岐に渡る。被災地の活性化を目指し、ヤフー株式会社の「復興デパートメント」と企画した「KENDAMA TOHOKU」「TOKYO DESIGNERS MEET TOHOKU」をはじめ、熊本県など地方の産業・技術とコラボレートすることで地域の活性化を目指すプロジェクトも多く手がける。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。