logo

シネックスインフォテック、ウェアラブル・テクノロジー 機器メーカー「ジョウボーン」の新製品の取り扱いを開始


シネックスインフォテック株式会社(本社:東京、代表取締役社長 & CEO:松本芳武、以下「シネックスインフォテック」)は、米国のウェアラブル・テクノロジーとオーディオ機器メーカーであるジョウボーン(Jawbone(R):本社米国サンフランシスコ)の新製品で、エントリーレベルの活動量計「UP MOVE(TM)(アップ ムーブ)」と、心拍数センサーを搭載した「UP3(TM)(アップ スリー)」を、全国の家電量販店、アップル製品販売店、ECサイト、セレクトショップ、ならびに自社ECサイトを通じて販売開始いたします。

「UP MOVE(TM)(アップ ムーブ)」の特長
「UP MOVE」は、歩数や運動量、消費カロリーを計測するシンプルなツールで、睡眠に関する詳細な情報も簡単に記録することができます。「UP MOVE」をUP(R)アプリのSmart Coach(スマートコーチ)と連携させると、さらに多くのことを学習できます。これは個人の状況に合わせたアドバイスと深いインサイト(洞察)を提供するUP(R)アプリの洗練されたアプローチで、日々の運動量を増やすのに役立ちます。「UP MOVE」にはMotionX(R)テクノロジーが搭載され、歩数や睡眠など日々の達成状況を包括的にまとめて提供します。

「UP3(TM)(アップ スリー)」の特長
スリムなデザインの「UP3」に内蔵されている、特許を取得した独自のマルチセンサー・プラットフォームが、健康やフィットネスに関する詳しいデータを測定し、ユーザーに合ったインサイト(洞察)やアドバイスを提供します。マルチセンサー・プラットフォームには、新たな3軸加速度計、高性能のバイオインピーダンスセンサー、皮膚温および気温センサーが搭載されています。この技術を活用することで、「UP3」は心臓の健康状態を知るために重要な安静時の心拍数を測定します。さらに、今後のファームウェアのアップデートを通じて、より詳しい健康データを取得できるようになります。

シネックスインフォテックでは、ウェアラブル・テクノロジー分野でライフタイムログを収集する機器の市場が今後も大きく成長することが予測され、販売を強化しておりますスマートデバイスビジネスと親和性が高いことから、ソリューションを展開する付加価値再販業者(VAR)を通じて公共サービス・介護・ヘルスケア・企業の福利厚生部門などの法人市場をターゲットとして積極的な展開を計ります。

販売について
「UP MOVE(TM)(アップ ムーブ)」:
全国の家電量販店やアップル製品販売店などを通じ12月中旬より販売開始します。

「UP3(TM)(アップ スリー)」:
全国の家電量販店やアップル製品販売店などを通じ来年1月から順次販売する予定です。

「UP MOVE」と「UP3」向けのアプリ(UP by Jawbone)はiOSとアンドロイドに対応予定で、App StoreとGoogle Playから無料でダウンロードできるようになります。

法人市場においてはシネックスインフォテックと契約の付加価値再販業者(VAR)を通じて販売を開始します。
詳細については弊社担当営業、または下記弊社URLよりお問い合わせください。
リンク

ジョウボーンについて
ジョウボーンはコンシューマー向けテクノロジーとウェアラブルデバイスの世界的なリーダーで、データ・サイエンスを駆使したハードウエア製品およびソフトウエア・プラットフォームを製造しています。
ジョウボーンのUP(R)システムは、ユーザーひとりひとりの睡眠や運動、食事に関する見識を提供することにより、より良い生活が送れるようサポートします。UPシステムはオープンプラットフォームを採用するとともに、UPと統合されたアプリとサービスのエコシステムを内包しており、これにより新鮮でカスタム化されたエクスペリエンスを提供します。ライフスタイルを記録するというジョウボーンのアプローチは独自のものであり、エコシステムとウェアラブル・テクノロジー製造プロセスに関して1,000件の特許を取得済みまたは申請中です。ジョウボーンの製品はほかにも、ベストセラーのワイヤレススピーカーJAMBOXファミリーや、賞を獲得したJawbone ERA(R) Bluetooth(R)ヘッドセット、NoiseAssassin(R)テクノロジーなどがあります。米国サンフランシスコに本社を構え、世界各地にオフィスがあります。ジョウボーンの製品は世界40ヵ国以上で愛されています。AliphCom dba Jawboneが所有する商標に関してはJawbone.comをご参照ください。その他の企業名および製品名については、それぞれの所有者によって商標登録されている場合があります。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事