logo

阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」 導入学校数が500校に到達! ~利用者数も間もなく10万人達成予定~

阪神電気鉄道株式会社 2014年11月28日 12時10分
From PR TIMES

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)が、2011年4月から展開している阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」の導入学校数が、11月21日時点で、500校となりました。



「登下校 ミマモルメ」HP→ リンク

「登下校 ミマモルメ」は、ICタグを持った児童が校門を通過すると保護者の方にメールでお知らせするサービスで、「学校に無事着いたことがわかって安心する」、「帰ってくる時間が予測できて、家事がしやすい」などの安心感・利便性が保護者の方から好評を得るとともに、学校には一切費用負担がなく、公立学校でも導入しやすいことなどから、現在では、全国14都府県の小学校・中学校・高校で、公立・私立問わず導入されています。また、利用者数についても、約9万9千人(11月21日現在)と、間もなく10万人を突破する見込みです。
「登下校 ミマモルメ」では、2014年9月1日から、児童に小型GPS端末を携帯していただくことで児童の位置情報を保護者が検索できる「ミマモルメGPS」も私立小学校児童向けのオプションサービスとして提供を開始しており、子育て世帯に、より大きな安心感をお届けしています。
当社では、今後も「登下校 ミマモルメ」の積極的な展開により、安心して子育てできる環境づくりに貢献してまいります。


【「登下校 ミマモルメ」の概要】
1.名称 阪神あんしんサービス「登下校 ミマモルメ」
2.内容 ICタグを持った子どもが校門を通過すると、保護者の携帯電話に通過情報をメールで送信します。


3.特長
(1)導入する学校に、費用負担はありません。学校に設置する設備については、全て当社が手配し、費用を負担します。また、保護者と直接契約し、保護者への説明会、問合せ、利用料金の収受等、当社もしくは代理店が保護者への対応を行います。
(2)ハンズフリーの無線ICタグを用いることによって、子どもに負荷をかけません。また、ランドセルに入れるタイプのタグを用いますので、誰がサービスを受けているかは分かりません(サービスを受けられる方の匿名性が保てます。)。また、無線ICタグを持った子どもが、当社の設備が設置された他の小学校、他の施設に行ってもメールが送信されます。
(3)当サービスを導入いただいた学校では、全校保護者を対象とする一斉メール配信サービスを無料でお使いいただけます。学年別、クラス別、児童別でのメール配信が可能です。
4.利用料金 一人につき、1か月当たり360円から(支払方法及び地域によって異なる。)
5.お問合せ先 「登下校 ミマモルメ」問合せ専用ダイヤル TEL:06-6457-2070
        (平日 8:45-12:00、 13:00-17:30 ※年末年始除く。)
         ホームページ リンク 

阪神電気鉄道 リンク 

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。