logo

新連載!“鉄腕アトム”誕生までの物語、『アトム ザ・ビギニング』月刊『ヒーローズ』1月号 12月1日(月)発売!

株式会社ヒーローズ 2014年11月28日 11時09分
From Digital PR Platform


株式会社ヒーローズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 克)は、12月1日(月)に月刊『ヒーローズ』2015年1月号を発売いたします。
  月刊『ヒーローズ』は、ヒーロー漫画を連載作品とする月刊コミック雑誌として2011年11月1日に創刊し、2008年にアニメ化もされた人気作『鉄のラインバレル』の著者・清水栄一×下口智裕がハヤタ隊員の息子を主人公に描いた『ULTRAMAN』のほか、『アオイホノオ』の作者・島本和彦による『ヒーローカンパニー』や、『GTO』の作者・ 藤沢とおるがプロデュースする『ソウルリヴァイヴァー』など、あらゆるジャンルのヒーローが活躍する作品を連載中です。
  先月号より連載の『仮面ライダークウガ』に続き、創刊3周年の目玉企画として、 手塚治虫が生んだ永遠のヒーロー“鉄腕アトム”誕生までの物語を描いた『アトム ザ・ビギニング』の連載を開始いたします。
  本作の連載開始を記念し、特別付録として、手塚治虫氏執筆の『アトム誕生』を 収録した小冊子と、手塚眞×ゆうきまさみ×カサハラテツローによる、特別鼎談を掲載しております。
  なお、公式WEBサイト[リンク]では、
12月1日(月)0時より、1月号掲載の19作品における最新話試し読みコンテンツを公開いたします。

伝説の始まりを目撃せよ――。手塚治虫が生んだ永遠のヒーロー“鉄腕アトム”誕生までの物語を、
ゆうきまさみ×カサハラテツロー、2つの才能が新解釈で描く!!!
  手塚治虫の代表作にして不朽の名作『鉄腕アトム』。1952年「少年」(光文社刊)にて連載開始された『鉄腕アトム』は、1963年には日本初のテレビアニメとして放送を開始し、ロボット漫画の祖として多くのクリエイターに影響を与えてきました。
その「アトム」の名を継ぐ新連載が、『鉄腕バーディー』『機動警察パトレイバー』等、従来のロボットジャンルを革新した、ゆうきまさみによる企画原案をもとに、『RIDEBACK』『ザッドランナー』等メカニカルなロボット描写に定評がある、カサハラテツローの漫画制作によって描かれます。
◆『アトム ザ・ビギニング』 
【原案】 : 手塚治虫
【コンセプトワークス】 : ゆうきまさみ
【漫   画】 : カサハラテツロー
【監修】 : 手塚眞
【協力】 : 手塚プロダクション
▼ストーリー
原因不明の大災害に見舞われた近未来の日本。破壊しつくされた日本国土だったが、急速に進んだロボットの技術革新が復興を後押しすることとなった。そして5年後。とある大学にロボット製作にすべてを懸ける、若き日の天馬博士とお茶の水博士の姿があった…。 
◇『アトム ザ・ビギニング』作品ページ : リンク

連載開始記念として、本プロジェクトのために集結した“手塚眞×ゆうきまさみ×カサハラテツロー”の三者によるスペシャル鼎談を掲載!本家『鉄腕アトム』に対する想いや、自身のクリエイティビティにどのような影響を受けたのかなど、読み応え満載の記事となっています。
※作品ページ[リンク]にて特別鼎談の一部を掲載中。
また、手塚治虫執筆の『アトム誕生』をまるごと収録した、特別小冊子も付録いたします。

先月号より連載がスタートし、大反響をいただいております『仮面ライダークウガ』は、主人公・五代雄介が登場するなど、今月号も見どころ満載の内容となっております。
さらに、月刊『ヒーローズ』公式WEBサイトでは、
『仮面ライダークウガ』第1話をまるごと無料で公開中です。
前号を見逃した方はWEBサイトで第1話をご覧いただき、
月刊ヒーローズ1月号(12/1発売)にて第2話をお楽しみください。
 ◇『仮面ライダークウガ』作品ページ
 リンク
 ※まるごと第1話は、11月27日(木) 17:00より公開中です。

―【月刊『ヒーローズ』 2015年1月号 概要】―
■発売日 : 2014年12月1日(月)
■判型 : B5判
■販売チャネル : 全国のセブン-イレブン(約17,000店舗)
セブンネットショッピング (リンク
■販売価格 : 200円(税込
■WEBサイト : リンク
■Twitter : リンク (@heros_1101)
■facebook : リンク
公式WEBサイト[リンク]では、12月1日(月)0時より、
1月号掲載の19作品における最新話試し読みコンテンツを公開いたします。
※『特公 零 TOKKO ZERO』は隔月連載です。
※1月号では、『銀のケルベロス』は休載させていただきます。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。