logo

翻訳コラム「RailsとSinatraで同じアプリを作るとどちらの作業量が多い?」

Ruby on Railsの海外情報翻訳コラムスタート!

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社は野田貴子氏の翻訳コラム「RailsとSinatraで同じアプリを作るとどちらの作業量が多い?」を公開しました。

###
今月のネタ元はこちらです。

『Rails vs. Sinatra by Example』

「例から見るRailsとSinatraとの違い」ですね。
Rails以外のフレームワークも見てみると、Railsの特徴を再確認できるのではないでしょうか。

RubyではRuby on Railsが飛びぬけて有名なフレームワークですが、Sinatraという軽量フレームワークも人気があります。[Wikipedia]によると、アップルやBBCなど多くの企業でも使われているようですよ。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事