logo

簡易レポート「RubyWorld Conference 2014に参加してきました」を公開しました。

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社は簡易レポート「RubyWorld Conference 2014に参加してきました」を公開しました。

プログラミング言語「Ruby」は、2013年2月にその開発から20年を迎えるとともに、5年ぶりのメジャーバージョンとしてRuby2.0がリリースされ、Rubyは新たな時代へと突入し、様々な場面での利用が拡がっています。今年で6回目となるRubyWorld Conference2014ですが、弊社は今年もGoldスポンサーとして協賛しました。

今年から参加料金が有料になったのですが、二日ともに大変多くの方が参加されており、会場は多くの方であふれておりました。

(レポートの続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事