logo

「SNS、どんなふうに利用してる?」~約9割の学生がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用していると回答~


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「SNS、どんなふうに利用してる?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「SNS、どんなふうに利用してる?」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■属性別では、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、
利用率が高い傾向に。どんなふうに利用してるのかについても公開
――――――――――――――――――――
 
大学1年生333人(うち男子学生148人、女子学生185人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2014年11月1日~11月5日)。
大学1年生は、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を、どんなふうに利用しているのでしょうか?今回は、SNSの利用度やその使い道について、大学1年生に尋ねてみました。

まず、LINEやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用しているかどうかを尋ねたところ、実に89.2%が「はい」と回答しました。ほとんどの学生がSNSを利用しており、利用していない学生は1割程度であることがわかりました。属性別では、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が、利用率が高い傾向がそれぞれかなり顕著に見られました。また、居住地別に見ると、首都圏の利用率が85.1%と一番低く、東海圏が88.5%、関西圏が88.7%と続いて、その他の地域が93.2%と、きわめて高い利用率を示しました。
 
次に、どのSNSを利用しているかを尋ねたところ、一番多かったのが「LINE」で84.7%となり、「Twitter」が64.0%、「Facebook」も36.0%で続きました。「その他」では、複数の学生が「ameba」を挙げていました。

「どんなふうに利用してる?」という問いには、「LINEを友人との交流や、サークルの連絡手段の一つとして使っている」「連絡はほぼLINEのみ。Twitterで企業やアーティストの最新情報を得ている」「Twitterを自分の意見を発信するために使っている」「Twitterでは複数のアカウントを登録し、『大学での友達のやりとり用』『同じ趣味のネットを通した友達と交流する用』『芸能人や有識者の呟きを眺める用』と、分けて使っている。LINEはサークルの連絡をしたり、家族や友達との雑談をしたりするのに使っている」「Facebookで企業などが発信する情報や友人知人の近況を知るようにしている」といった声が寄せられ、SNSの特徴に応じてうまく使い分けている学生たちの姿が浮かび上がりました。



▼「SNS、どんなふうに利用してる?」記事はこちらから
リンク

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。