logo

RX-8とスカイラインクーペならMTでも「家族の車」にできる?~早い者勝ち!“今が買い時”の中古車をご紹介する「日刊カーセンサー」より~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年11月26日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営するカーセンサーnetの「日刊カーセンサー」では毎週3回、今が買い時の中古車をご紹介しています。本日はその中からオススメの“特選車”をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「日刊カーセンサー」
リンク

――――――――――――――――――――
「日刊カーセンサー」では
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「日刊カーセンサー」
リンク

▼今回のオススメ記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
RX-8とスカイラインクーペならMTでも「家族の車」にできる?
――――――――――――――――――――

■家族使いの実用に耐えながらも、走りを楽しめる車

今回ご提案するのは、走りを存分に楽しみつつファミリーユースにも対応できる車です。「若い頃は、車の運転が好きだったけど家族を優先して・・・」なんて悲観的になる必要はありません。マツダ RX-8、日産 スカイラインクーペ(旧型)は、家族での実用もこなせる実力の持ち主です。
両車はクーペながらミドルクラスセダンほどのボディサイズで、大人4名乗車ができてトランク容量も確保されています。もちろん、ミニバンのように大家族にも対応できるわけではありませんが、お子さんが小さなご家庭なら十分以上だと思います。
そして、肝心の走りは速いというより快活で、とても楽しいんです。中でもオススメなのはMTモデル。最近では設定されていないモデルも増えましたが、やはり走りを100%楽しもうと思うなら必須でしょう。
今なら、いずれも総額100万円以下でMTモデルのカーセンサーアフター保証対象車が購入できます。

■素直な走りはマツダエンジニアのこだわり

RX-8は存続が危ぶまれている「ロータリーエンジン」を搭載しています。全長4435mmのボディにはBピラーがない観音扉式のドアが採用され、リアシートは“補助”的なものではなく大人がちゃんと2名乗車できます。
走らせるとメチャメチャ速いわけではありませんが、ドライバーの操作に忠実に反応する様はスポーティそのもの。ショートストロークなMT操作の感触は心地よく、ペダルはヒール&トゥ(シフトダウンの際の操作方法)がしやすいよう配置されています。
RX-8のロータリーエンジンは、マツダエンジニアの有志が集って開発した「情熱のかたまり」なんです。しばらく新しいロータリーエンジンの投入もなさそうですし、このままいけば絶滅の恐れすらあります。今のうちに、この最高にユニークな車をファミリカーにするというのはとてもアリだと思います。

■大人な雰囲気でも、走りはアグレッシブ

スカイラインクーペは「RX-8ほど家族での使用」は謳われていませんでした。スカイライン(セダン)をベースにしたクーペで、どちらかといえば「大人なスポーティ」を全面に打ち出していました。でもリアシートは決して荷物置き場というものではなく子供なら余裕で座れ、大人もちょっと窮屈ではありますが座れます。全長、全高はセダンよりも短くなっています。リアサスペンションはフェアレディZ譲りで、高速安定性は目を見張るものがあります。3.5L V6エンジンは思いのほかアグレッシブで、特にスタート時のアクセルペダルへの反応の鋭さには驚かされるでしょう。

■MTを運転するだけで、毎日がエキサイティング!

RX-8の中古車の平均車両価格は直近3ヵ月で5万円ほど下がり、81万円で下落傾向。AT車でもMT車でもさほど値段に差はありません。いずれも同様の需要がある、ということでしょう。
一方、スカイラインクーペの平均車両価格は70万円付近を上下しているものの安定しています。MT車はAT車よりも高値で販売される傾向にあります。
MTは、上手く操ることができれば、ただ走るだけで楽しさを感じるはず。ぜひ物件をチェックしてみてください! これで総額100万円は買いだと思いますよ。


▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】マツダ RX-8&日産 スカイラインクーぺ(旧型)×MT×総額100万円以下×CSA保証
※プランでCSA保証を付けた場合、総額100万円を超える場合があります
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
「日刊カーセンサー」バックナンバー
――――――――――――――――――――

50万円以下!新社会人にオススメしたい「こだわりコンパクト」
リンク

排気量2L超のオープンカーだからこそ味わえる「日常の非日常」
リンク

ボルボ V60/S60/XC60がお手頃に!その理由とは?
リンク

50万円台から!人気ミニバンの注目モデルで「家族団らん」しよう
リンク

レクサス/トヨタが教えてくれた高級×ハイブリッドという新方式
リンク

積めて遊べて「元が取れた」と思える車が40万円以下!
リンク


▼バックナンバー一覧
リンク


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
リンク

▼「カーセンサーEDGEnet」
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」
リンク

▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事