logo

文化学部京都文化学科開設記念シンポジウム「和食文化を世界に―世界無形文化遺産登録記念」開催!

京都産業大学 2014年11月26日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年11月26日

京都産業大学

京都産業大学文化学部「京都文化学科」開設記念シンポジウム「和食文化を世界に―世界無形文化遺産登録記念」を、2014年12月22日(月)京都産業大学神山ホールにて開催します!

 2015年4月、京都産業大学は文化学部に「京都文化学科」を開設します。
 京都文化学科は、日本文化の核である京都文化の探求と、京都文化の英語での世界への発信とともに、地域性と国際性を兼ね備え、地域社会の発展に貢献するグローカルな人材の養成を目指します。

 そしてこの度、京都文化学科の開設を記念して、シンポジウム「和食文化を世界に―世界無形文化遺産登録記念」を開催します。

 いま日本文化の魅力が「クールジャパン」と呼ばれ、世界から注目されています。その関心はアニメやサムライなどに偏りがちですが、日本文化の本流は、京都の四季のうつろいのなかで、王朝びとや町衆が磨き上げた雅びの世界にあります。
 「和食:日本人の伝統的な食文化」が2013年、世界無形文化遺産に登録され、栄養面や健康面、また美意識や宗教性など、様々な角度から取り上げられる機会が増えてきました。日本の誇る和食文化を世界にどう発信していけばよいのか。
 本シンポジウムでは、ユネスコ日本政府代表部特命全権大使の門司健次郎氏、徳島文理大学大学院教授の八幡和郎氏をお招きし、「ソフトパワー」「京都らしさ」をキーワードにご講演いただきます。
 後半は、和食の中心地である京都から、王朝料理に発する京会席、おばんざい、日本酒の各分野の専門家を交えて、その魅力と可能性を話し合っていただきます。


京都産業大学文化学部京都文化学科開設記念シンポジウム
「和食文化を世界に―世界無形文化遺産登録記念」

【開催日時】 2014年12月22日(月) 13:00~15:50(12:00開場)

【会  場】 京都産業大学 神山ホール大ホール (京都市北区上賀茂本山)

【入 場 料】  無 料(要申込)

【内  容】 第1部 
        基調講演
        「ユネスコ無形文化遺産 ソフトパワーとしての和食」
          門司 健次郎 氏 (ユネスコ日本政府代表部特命全権大使)

        講演
        「京都らしさとは何か~千年の都にしかないもの」
          八幡 和郎 氏  (評論家・徳島文理大学大学院教授)

       第2部
        パネルディスカッション
         パネリスト
          ・門司 健次郎 氏 (ユネスコ日本政府代表部特命全権大使)
          ・秦  洋二  氏 (月桂冠株式会社取締役・総合研究所長 兼 醸造部長)
          ・堀場 弘之  氏 (京料理「六盛」三代目当主)
          ・大原 千鶴  氏 (料理研究家)
          ・若松 正志    (京都産業大学文化学部長・文化学部教授)
         司会進行
          ・小林 一彦    (京都産業大学文化学部教授・日本文化研究所長)

【申込方法】 
  ・往復はがきでの申し込み
    郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・参加希望人数を記載の上、以下宛先までお送りください。
        
     (宛先) 〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
          京都産業大学 文化学部シンポジウム係

  ・FAXでの申し込み
    チラシPDF裏面のFAX参加申込欄にご記入いただくか、郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・参加希望人数を記載の上、Fax.075-705-1514までお申し込みください。

  ・インターネットでの申し込み
    以下のURLからお申し込みください。

(URL)  リンク

【主  催】 京都産業大学文化学部
【共  催】 京都産業大学日本文化研究所
【協  賛】 月桂冠株式会社
【後  援】 京都府・京都市・京都新聞・京都宮廷文化会議           

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事