logo

ミャンマー観光推進へ「ダンダリー」がバガンで開幕

ダンダリー 2014年11月25日 16時13分
From 共同通信PRワイヤー

ミャンマー観光推進へ「ダンダリー」がバガンで開幕

AsiaNet 58754(1325)

【バガン(ミャンマー)2014年11月24日インフォクエスト=共同通信JBN】素晴らしい「ダンダリー」(ビルマ語で「伝説的な物語」の意味)の生の公演が古代ミャンマーの国土であるバガンで始まった。ダンダリーは、目立たない始まりから輝くバガンの時代を経て現在までミャンマーの物語を語る。1000年にわたって世代から世代へと受け継がれてきた伝統、芸術、文化が明らかにされる。「ダンダリー」はバガン・ゴールデン・パレスで100人以上の芸術家による公演を通じて驚くべき物語の完全な再現を提供する。最も美しい3宮殿の1つであり、バガン王国を訪れる外国人観光客には必見の場所であるバガン・ゴールデン・パレスはミャンマーのバガン市の中心にある。

動く傑作であるダンダリーは印象的な演出スタイル、比べもののない照明と音声の作品、それにミャンマーの誇りである歴史物語を伝えるために集まった100人以上の才能あるダンサー、俳優、パフォーマーが演じる舞台を同調させるマルチメディア技術を提示する。各場面は音楽、言葉、民衆の知恵とミャンマーの踊り、人形遣い、武術、チンロン・ショーなどを通じてミャンマーとそのひとびとのユニークなエレガンスを反映している。ダンダリーはミャンマーが受け継いでいる遺産のすべての栄光、すなわち、あらゆる年齢の観衆にとって喜びあふれる瞬間を目撃する人生で一度のチャンスを提供する。

ミャンマーの観光業界は、近く開催されるASEAN経済共同体(AEC)会議と政府のミャンマー国内観光刺激政策のおかげで、着実な成長を遂げている。ミャンマー観光は2013年に大きく拡大し、韓国客の数は前年より93%、約200万人増加した。ミャンマー政府は2014年には観光客の数を310万人に増やすことを目標にしている。ミャンマーはアジアからだけでなくフランス、ドイツ、英国を含む欧州諸国や米国からも観光客を引きつけている。さらに、シンガポール、日本、中国、インドネシア、韓国の戦略的に重要な都市からヤンゴンへの直行便を運航している航空会社の数は目立って増加している。

バガン古代都市と記念建造物はユネスコの世界遺産に指定されている。繁栄する文化はバガン市から生まれ、そこから宗教、言語、約4000の「パゴダの海」の貴重な古代建築(そのうち約2000が残っている)を含む芸術も始まった。こうしてバガンは観光に偉大な可能性を提供し、観光客必見の目的地となっている。

バガンを訪れる観光客必見の魅力としてのバガン・ゴールデン・パレスの地位はバガン王国の偉大さの豊かな反映でさらに強化されている。観光客は昼間はバガンを見物する魅力を楽しみ、日が沈んだ後は「ダンダリー」の上演がこの町での観光客のナイトライフをさらに豊かにする。現代文化のショーはバガン・ゴールデン・パレスでの1000年以上をさかのぼるミャンマーの伝統文化からインスピレーションを得ている。

ダンダリーは毎年バガン観光のハイシーズンである11月から3月まで上演される。したがって上演は2014年11月1日に始まり、2015年3月31日まで続き、客席数は各回464である。チケットは50ドルから、予約は9月に開始。詳しい情報はwww.dandaree.com またはFacebook/Instagram へ。ダンリーとプレビューは、YouTube:リンク へ。このショーはバガンの観光を推進する見込みであり、欧州、米国、ロシア、アジアから膨大な観光客を引き寄せ、ミャンマー経済をさらに刺激する見込みである。

詳しい情報の問い合わせ先:

Umaree (Taln)
+66 83 989 6755
uc@indexcreative.com

Jirawat (Dew)
+66 83 096 3789
jwp@index-creative.com

ソース:Dandaree

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事