logo

排気量2L超のオープンカーだからこそ味わえる「日常の非日常」~早い者勝ち!“今が買い時”の中古車をご紹介する「カーセンサー特選市」より~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年11月19日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する「カーセンサーnet」では中古車の買い時をご紹介する「カーセンサー特選市」を毎週3回連載しています。本日はその中からオススメの車をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」とは
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー特選市では、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

▼今回のオススメ記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
排気量2L超のオープンカーだからこそ味わえる「日常の非日常」
――――――――――――――――――――

■オープンカーで味わう非日常

オープンカーの魅力は、なんといっても非日常的なドライブシーンでしょう。屋根を開けて走ると、今まで気づかなかった街の風景や、街路樹に咲く花の香り、走る場所で温度が違うことなどに気づかされます。
マツダ ロードスターの新型が発表され、歴代ロードスターにも注目が集まっていますが、今回は排気量2L超の車に目をつけました。そこでオススメしたいのが日産 フェアレディZロードスター(旧型)とBMW Z4(旧型/現行型)。カーセンサーアフター保証対象車が総額300万円以下で狙え、モノによっては100万円台前半から手に入れることができます。
そもそもオープンカーは贅沢な存在です。日常の足として使う人もいらっしゃるでしょうが、基本は「遊び」が目的の車です。それに大排気量エンジンが加わることで、より彩りを与えてくれます。グイグイ進むパワフルさが前述の「非日常」に走りという要素を加え、楽しさ倍増です。
とはいえ、2人乗りとて実用性が皆無なわけではありません。ちょっとした旅行に使えるだけのトランクを両車とも備えています。

■国産オープンの大排気量モデルは希少!

フェアレディZロードスターはその名のとおり、フェアレディZのオープンモデルです。3.5L V6エンジンは必要十分なパワーを発揮してくれます。スポーツカー然とした走りを満喫するのもイイですが、大排気量ゆえの太いトルクを生かして“流す”ように走ることを得意とします。
意外に3.5Lもの排気量をもつオープンモデルは少なく、特に国産の新車では現行型フェアレディZロードスター(3.7L)だけとなってしまいました。輸入車では3.5Lクラスのオープンカーの選択肢は様々用意されていますが、フェアレディZロードスターと比べると新車時価格は高額。もちろん中古車相場も同様です。
しかし、旧型フェアレディZロードスターならカーセンサーアフター保証対象車であっても100万円台から狙えます(2014年11月12日現在)。中古車相場は直近3ヵ月で約140万円から約133万円まで下落。お手頃にはなっていますが、旧型はモデル全体でも約62台しかカーセンサーnetに掲載されていないので、台数の少なさが車選びの一番のネックになるかもしれません。

■Z4なら300万円以下で現行型も購入圏内!

さて「輸入車の大排気量オープンは価格が高い」と言いましたが、BMW Z4なら旧型が200万円台前半から、現行型が総額200万円台後半から購入できます。というよりも、「輸入車」で、「カーセンサーアフター保証の対象」で、しかも「総額300万円以下」のオープンカーはZ4ぐらいしかないというのが実情です。
旧型は2003年、現行型は2009年にデビュー。最大の違いは旧型は屋根が幌で、現行型はハードトップという点です。原稿執筆時点で狙えるZ4はいずれも2.5L直6エンジンを搭載したものでした。コンパクトなボディゆえに、2.5Lという排気量でも十二分にそのトルク感を満喫できます。キッチリ、カッチリ、ドライバーと車の一体感が味わえるのはBMWならではでしょう。
現在の平均車両価格は旧型が約131万円、現行型が約355万円で、相場的には若干の値上がり傾向にあります。とはいえ、気にするほどの動きではないので、予算と好みで選べばイイでしょう。
いずれの車でも、ワインディングを走るもよし、街乗りするもよし、車の屋根が開くだけで「日常の非日常」を味わえます。現在では移動手段のひとつとなりがちな車ですが、大排気量オープンに乗ると、これまでとは違った楽しさを発見できると思いますよ。



▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】日産 フェアレディZロードスター(旧型)&BMW Z4(旧型/現行型)×総額300万円以下×CSA保証車
※プランでCSA保証を付けた場合、総額300万円を超える場合があります
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」バックナンバー
――――――――――――――――――――

ボルボ V60/S60/XC60がお手頃に!その理由とは?
リンク

50万円台から!人気ミニバンの注目モデルで「家族団らん」しよう
リンク

レクサス/トヨタが教えてくれた高級×ハイブリッドという新方式
リンク

積めて遊べて「元が取れた」と思える車が40万円以下!
リンク

プリウスも100万円以下!? 狙い目ハイブリッドカーをご紹介
リンク

60万円以下!「安さ」にこだわるなら、かつての高級セダン
リンク



▼バックナンバー一覧
リンク


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
リンク

▼「カーセンサーEDGEnet」
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」
リンク

▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事