logo

フレンチテックツアー 北東アジア 2014

2014年12月1日~12月5日

12月1日から5日、フレンチテックツアー2014が催行されます。第4回の今年は、事前に選ばれたスタートアップ企業8社が、東京とソウルで、日本、韓国そして台湾の企業(ASUSグループ)と会談に臨みます。

フレンチテックツアーは、過去3回にわたって、日韓の大手電子・通信企業とフランスのハイテク中小企業との新たなビジネス・リレーションを築いてきました。第4回を迎える今回は、コンセプトを新たに、フランス情報・通信業界を躍進するスタートアップ企業にフォーカスしました。

参加フランス企業の選出に際しては、各市場ニーズを熟知する専門家パネルを組織しました。
日本の専門家パネルは以下の企業によって構成されています。
-日本大手企業:富士通
-ベンチャーキャピタル:サンブリッジ・ベンチャーズ
-インキュベーター:オレンジLabs
-在日フランス起業家: 3Goo、LM3Labs

この専門家パネルによって選出され、フレンチテックツアー2014に参加するフランス企業は以下の8社です。
B<>COM、CO-DECISION TECHNOLOGY、DOTSCREEN、INTERSEC、OP3FT、SCALITY、SPIKENET、VIDEO STITCH
詳しくは、参加企業リストをご覧下さい。

また、今回新たに台湾からASUSが来日し、参加フランス企業と会談します。

12月1日に来日した一行は、引き続き4日から5日にかけて韓国を訪れます。

フレンチテックツアー 北東アジア 2014は、在日フランス大使館企業振興部-ユビフランスと、ユビフランス ソウルおよび台北事務所が主催します。

詳しくはこちらをご覧下さい。 リンク (英・仏語)

【参加企業リスト】
B<>COM ビーコム
リンク
ITに特化したリサーチセンター。日常に関わるITツールや製品、サービスを開発、提供している。画像、ネットワーク、スマート医療を得意とする。

CO-DECISION TECHNOLOGY コ-デシジョン テクノロジー
リンク
軍事用に開発され、国際特許を取得したBI(ビジネス・インテリジェンス)技術「Co-Mining」をベースとした意思決定支援ソフトを開発。

DOTSCREENドットスクリーン
リンク
マルチスクリーン、クロスプラットフォームの欧州リーディングカンパニーで、UI・UXのエキスパート。特にインターネット接続端末のアプリケーションを開発。

INTERSEC インターセック
リンク
携帯電話通信会社が自身のネットワークを利用してサービス拡大するための、ビッグデータを活用したテレコムソリューションを開発。

OP3FT オーピースリー エフティー
リンク
だれでも無料で使えるオープンスタンダードとしてのセキュアテクノロジー « Frogans »の所持、プロモーション、保護、および発展に携わるNPO。

SCALITY スカリティ
リンク
ペタバイト規模のソフトウェアのみのストレージソリューション開発のリーダー。容量とパフォーマンスにスケーラビリティを提供、運用コスト効率の良さが特徴。

SPIKENET TECHNOLOGY スパイクネット テクノロジー
リンク
ビデオ監視システムといったセキュリティ分野から、自動車及びロボティクス搭載ソリューション、またメディア分析、交通情報分析のためのターンキーソリューションを開発。

VIDEO STITCH ビデオスティッチ
リンク
複数台のカメラで撮影した映像を360°HD映像にリアルタイムで編集可能なソフト、360°ライブ映像をHMDに写し出すソフト等を開発。


12月2日(火)17時からOrange Labs Tokyoにてショートピッチ(各参加企業紹介セミナー)を開催いたします。
参加ご希望の方、また来日企業との個別ミーティングをご希望の方は下記までご連絡ください。

フランス大使館企業振興部ーユビフランス
TEL:03-5798-6127/8 Email:presse-jp@ubifrance.fr

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。