logo

Videologyが次の成長段階に向けて首脳人事

Videology 2014年11月18日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

Videologyが次の成長段階に向けて首脳人事

AsiaNet 58674(1293)

【ニューヨーク2014年11月18日PRN=共同通信JBN】
*スコット・マクラウド(Scott Macleod)最高財務責任者(CFO)が社長に昇進
*ケネス・ターピー(Kenneth Tarpey)氏をCFOに任命

世界最大級のビデオ広告技術プラットフォームであるVideologyは18日、スコット・マクラウドCFOを社長に昇進させ、その後任としてcomScoreのケネス・ターピー元CFOを雇い入れたと発表した。マクラウド氏はVideologyのスコット・ファーバー(Scott Ferber)会長兼最高経営責任者(CEO)に報告する。

Logo - リンク

Videologyがテクノロジーの提供、世界におけるプレゼンス、顧客基盤の成長を加速するために経営陣を強化拡大する動きを行ってきた。マクラウド氏は社長として経営陣を率いて、経営効率、財務成長、テクノロジークライアントへの優れたサービスを確保しながら、テレビとデジタルビデオ広告を集中させる世界最先端のテクノロジーの提供を一層拡大する。

マクラウド氏は2013年にVideologyに加わる前、戦略的な財務手段を追求する企業の支援を含め各社の戦略・投資顧問業務に携わっていた。氏はこれまで、メリルリンチのマネジングディレクター兼グローバル・コミュニケーションズ・グループの設立メンバーとなり、メリルリンチのアジア太平洋テレコムズ業務を確立した。その後、マネジングディレクター兼北米テレコムグループ責任者としてロスチャイルドに入社した。マクラウド氏はNexlink Communications(のちにXO Communicationsと社名変更)とSkyTerra Communicationsでも経営幹部職に就いた。マクラウド氏はラトガース大学で文学士(BA、経済学)、マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン校で経営学修士(MBA)を取得している。

ファーバー会長は「マクラウド氏のCFOとしての会社への貢献は財務領域をはるかに超えており、テクノロジー分野を熟知しているベテラン経営者、熟練戦略家であることが証明されている。彼のスキルは社長という新ポストとわが社の進化するニーズにふさわしい。さらに、マクラウド氏ら経営陣が会社の日常業務を監督してくれるので、私はVideologyの戦略ビジョンおよび価値命題を市場へ伝えることに集中することができる」と語った。

CFOのポストに新たに就任するケネス・ターピー氏は最近まで大手デジタルメジャメント企業comScore, Inc.のCFOを務めていた。ターピー氏は、上場及びプライベートなテクノロジー企業における30年を超える財務運営経験と戦略的経営・財務プログラムの専門知識をもたらす。comScore在勤の5年間は、組織拡張・買収の急成長期に財務運営と戦略を担当した。ターピー氏はまた、投資コミュニティーと強力な業務関係を構築、育成し、その指導の下、comScoreの市場資本調達で2.5倍以上の成長に貢献した。

ターピー氏はcomScoreに加わる前、ビデオ監視ソフトウエアのベンチャー支援を受ける企業ObjectVideo, Inc.のCFOを務めた。その前はAi Metrix、Proxicom、NatSystems、SQAなどテクノロジー企業数社でCFOを歴任した。ターピー氏はSQAとProxicomの新規株式公開で成功させ、ProxicomのDimension Dataへの事実上の売却を指揮した。ターピー氏はかつて、プライスウォーターハウスクーパースの上級マネジャーを務めた。ホーリークロス大学で文学士(BA)、バブソン大学で経営学修士(MBA)を取得した。

マクラウド氏は「テクノロジー部門の急成長企業で証明済みの成功記録を引っ提げてわが社の財務運営を率いるために、ターピー氏が加わることはありがたい。Videologyが新規株式公開の可能性を含む将来の見通しを立てようとしているときに、とりわけ、デジタルメディア分野で成功している株式公開会社で培った彼の経験と財務管理は貴重である」と付け加えた。

▽Videologyについて
Videology(videologygroup.com)は、世界最大級のビデオ広告技術プラットフォームである。同社はビッグデータを簡素化することで、マーケッターやメディア企業が各スクリーンの視聴者の価値を完全に取り込める賢明な広告方針を決定できるようにしている。数理科学に基づく同社の技術により、顧客企業はデジタルビデオ・テレビ広告を管理、効果測定、最適化して、集束化されつつあるメディア界で最高の成果を達成することができる。

Videology, Inc.はベンチャーキャピタルの出資を得た株式非公開企業である。出資者にはCatalyst Investors、Comcast Ventures、NEA、Pinnacle Ventures、Valhalla Partnersが含まれている。Videologyは本社をニューヨークに置き、支社はボルティモア、オースティン、トロント、ロンドン、パリ、マドリード、東京、シンガポール、シドニーにあり、北米各地に営業所を設けている。

▽問い合わせ先
Michele Skettino
Michele@videologygroup.com
+1-212-231-7853

ソース:Videology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事