logo

レーベル・アーティストごとの月額聴き放題サービス「TERMINAL FM」を開始

Wano株式会社 2014年11月18日 13時00分
From PR TIMES

Wano株式会社、レーベル/アーティストごとの月額聴き放題サービス「TERMINAL FM」を開始。
各レーベル/アーティストのリリース楽曲のアーカイブや、新譜・限定楽曲が月額聴き放題で楽しむことが可能に。



              一押しのレーベルやアーティストが個別に聴き放題!
リンク
                
 Wano株式会社(本社: 東京都新宿区 代表取締役: 野田威一郎)は、11月1日レーベル/アーティストごとの月額聴き放題サービス「TERMINAL FM」を開始しました。各レーベル/アーティストが今までリリースした楽曲のアーカイブや、新譜・限定楽曲も月額聴き放題で楽しむことが出来るようになっています。

 リスナーは気に入ったレーベル/アーティストのチャンネルだけを選んで安価に(月額200-500円程度、チャンネルによって異なる)利用することが可能で、1-7日間無料でトライアルすることも出来るようになっています。スマートフォン・PC・タブレットに対応しています。

 2014年11月17日時点でのチャンネルは「Jazzy Sport」「Oshite by origami PRODUCTIONS」
「American Clave produced by East Works Entertaiment」「WDsounds」「PROGRESSIVE FOrM」「shiosai zizo」「Black Mix Juice」「Dr.Production」「REIMEI MUSIC」「MILK BOSSA ~ Cafe Radio」「BLU-SWING」「大神:OHGA」「Mr.T LABEL」他、16チャンネルとなり、HIPHOP/SOUL/FUNK/JAZZ等のブラックミュージックファンから、RAGGAE/ROCK/ELECRONICA系まで、コアなミュージックリスナーの耳を楽しませるチャンネルが名を連ねています。


Jazzy Sport
リンク

「女性に優しいハードコア集団」をモットーに掲げ、HIPHOPを軸にオールラウンドなダンスミュージックをフォローする国内屈指のインディペンデントレーベル。

TERMINAL FMではJazzy Sportが所有する作品群から、約200曲が聴けるチャンネルを作りました。

楽曲は2週間に1回変更していく予定で、Jazzy Sport解釈による独自の黒いGROOVEを存分に楽しめると思います。

看板アーティストとなるGAGLE/DJ Mitsu the Beats /grooveman Spot/cro-magnon/BudaMunkの楽曲は勿論の事、有料会員限定コンテンツ(先行試聴ファイルの公開、データ化されていない音源の公開など)も今後追加していく予定です。


Oshite by origami PRODUCTIONS
リンク

origami PRODUCTIONSは、45 a.k.a. SWING-O/Shingo Suzuki(Ovall)/mabanua/関口シンゴ/Kan Sano/竹内朋康
を中心に、生演奏、サンプリングを駆使しながらジャズ・ソウル・ファンク・ヒップホップ等ジャンルの枠を超えて良質な音楽を生み出し続ける、実力派インディペンデントレーベルです。

今回、origami PRODUCTIONSが今まで運営していた月額会員制Webメディア「Oshite(オシテ)」をTERMINAL FM上にリニューアルオープン。

今までリリースした全アルバム(!!)の聴き放題や、ここでしか聴けない『新曲、ライブ音源』の毎月5曲ダウンロード、アーティスト企画による「映像、ラジオ、コラム」などなど、キラーコンテンツ盛り沢山でお届けしていく予定です。


American Clave
produced by East Works Entertaiment
リンク

綾戸智恵/菊地成孔/渡辺香津美/ai kuwabara trio project等の作品をリリースする日本を代表するジャズのインディペンデントレーベル。

才能ある若手の発掘や、海外での原盤制作等、ジャズの新しいスタイルを国際的に追求し続けています。

今回TERMINAL FMでは、ニューヨーク発の先鋭LATIN/JAZZ レーベル「american clave」チャンネルを East Works Entertainment プロデュースでオープンします。

「american clave」はニューヨークJAZZ/LATIN界の鬼才 キップ・ハンラハンが1980年に始めたレーベルで、NYジャズにラテン、現代音楽、時には民族音楽までを融合したサウンドが特徴です。

NYアンダーグラウンドの雄、アート・リンゼイが在籍したDNAから現代タンゴの巨匠アストル・ピアソラの傑作までをリリースする、と言えばその音楽性の深さと豊かさを感じていただけるでしょうか。

コスモポリタンなジャズサウンドで世界中に根強い ファン層を持つキップ・ハンラハンを中心に、ニューヨークの熱量が伝わってくるJAZZが聴き放題出来る、魅力的なチャンネルが誕生しました。

East Works Entertainment では、「american clave」の他にも独自のチャンネルを企画中との事なので、今後の動きに注目です。


「TERMINAL FM」では、今後も様々なジャンルやコンセプトのチャンネルを増やしていく予定です。また、国内だけでなく海外のレーベル/アーティストのチャンネルの開始、逆に日本のレーベル/アーティストの海外でのチャンネル配信も目指していく予定です。

世界では今、1000万曲以上もの楽曲を提供する巨大な聴き放題サービスが台頭し始めており、日本国内でも幾つかのサービスが始まっていますが、「TERMINAL FM」はレーベル/アーティストごとにチャンネルを区切り安価に提供することにより、それらとはまた違った音楽の聴き方・伝え方が出来るサービスになっています。チャンネルの運営主体がレーベル/アーティストとなるので、「ここだけにしかない音楽や情報」、「新しい音楽との出逢い」、「レーベル/アーティストとのコミュニケーション・リクエスト」など、大手聴き放題サービスでは成しえない音楽体験が出来るサービスを目指していきます。

現在はブラウザからの利用になっていますが、より快適に視聴ができるように専用アプリも開発中です。


「TERMINAL FM」でのチャンネル運営について(レーベル/アーティストの方へ)

「TERMINAL FM」では、大手聴き放題サービスへの楽曲提供とは異なり、自らの手によって、活動に沿った独自の月額聴き放題チャンネルを運営することが可能となっています。他レーベル/アーティストとの分配もないので収益も明確です。YouTube や SoundCloud などの関連コンテンツの表示や、ブログ形式でのニュース配信も可能ですので、公式ページ/ファンクラブ的なサイトとしてもご利用いただけます。今後イベントやグッズの機能も実装していく予定です。現時点では初期・月額費用は不要となっています。

詳しくは担当までお問合せください。
リンク
contact@terminal.fm
担当: 谷本・青山

Wano株式会社について

「音楽・映像 × IT」をテーマに2008年設立。世界最大級のデジタル音楽流通サービス「tunecore」の日本法人設立、映像クリエーターと音楽アーティストのコラボレーションによるショートムービープロジェクト「ShortMovieCrash」、インターネット動画広告配信サービス「VeleT」など様々なプロジェクトを展開。

代表: 野田威一郎
所在地: 東京都新宿区西新宿5-1-15 新宿オザワビル 8F
設立: 2008年4月4日
資本金: 8,000万円(平成26年11月1日時点)
事業内容: 音楽/映像関連ウェブサービス

リンク
リンク
リンク
リンク
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。