logo

greenbiz(グリーンビズ)を出展! 「ハイウェイテクノフェア 2014」 2014年11月20日(木)~21日(金) 東京国際展示場(東京ビックサイト)

小松精練株式会社 2014年11月18日 13時00分
From PR TIMES

~ヒートアイランド現象、ゲリラ豪雨などの環境問題を解決するエコ建材~

 小松精練株式会社(本社:石川県能美市 社長:池田哲夫)は、2014年11月20日(木)~21日(金)に東京ビックサイト(東京国際展示場)で開催される“ハイウェイテクノフェア2014”に環境建材である超微多孔スポンジ状セラミックス基盤“greenbiz(グリーンビズ)”を日本道路株式会社(本社:東京都港区 社長:山口宣男)と共同で出展いたします。



 “ハイウェイテクノフェア”は、「高速道路の建設・管理技術」に焦点をあてた展示会として、産業界のみならず社会にも広く認められたイベントです。公益活動の一環として、2004年に開始して以来、今年で11回目の開催となります。2010年から来場者が1万人を突破、出展者も年々増加傾向にあります。

 この度、小松精練株式会社は日本道路株式会社のブースの一角を使用し、本イベントに環境建材である“greenbiz”を出展することにいたしました。

 小松精練として本イベントへの出展は今回が初となります。“greenbiz”は、超微多孔構造を有しているが故、断熱性・通気性・透水性・保水性が高く、屋上緑化基盤材用途に用いた場合、自然の雨水だけで植物の生育を可能とする画期的な無潅水を実現します。2009年5月より販売を開始し、屋上及び屋上緑化材(商品名:greenbiz-R)として36,000m2 、駐車場等の路面材(商品名greenbiz-G)として72,000m2 などの導入実績を誇ります(2014年10月現在)。

 “ハイウェイテクノフェア”への“greenbiz”出展により、当素材がサービスエリア及びパーキングエリア向けに快適な環境を作り出す素材としてご提案させていただきます。

 “greenbiz”は、屋上に敷設することでCo2削減効果が期待できるほか、駐車場等の路面へ敷設することで、打ち水効果で環境貢献するだけでなく高い透水性で歩行しやすい路面環境を演出します。また、寒冷地では、凍結し難いことから滑り難い路面を作り出し、快適で安全な歩行環境作りだすことが可能です。会場では以上の内容をご来場いただきましたお客さまへご紹介させていただきます。

【ハイウェイテクノフェア2014 イベント概要】
■イベント名 :ハイウェイテクノフェア2014
■ホームページ :リンク
■開催日時 :平成26年11月20日(木)~ 21日(金)10:00~17:00
■開催場所 :東京国際展示場(東京ビッグサイト) 西3・4ホール
■主催 :公益財団法人 高速道路調査会
■共催 :NEXCO東日本、 NEXCO中日本、 NEXCO西日本
■後援 :公益社団法人 土木学会、 公益社団法人 地盤工学会
■開催趣旨 :
高速道路の建設・管理技術の普及や活用を推進するとともに、高速道路事業について広くお客様や社会
の理解を得ることを目的に開催するもので、次のさまざまな機会を提供。

・道路建設管理の最先端技術・工法の情報収集機会
・開発技術等のPR機会
・高速道路事業やトピックスを伝える広報機会

[greenbiz] 【greenbiz(グリーンビズ)について】
■商品名 :greenbiz(グリーンビズ)
■ホームページ :リンク
■販売開始 :2009年5月より
■商品特長 :
1:「グリーンビズ」は染色廃棄物である余剰バイオマスケイクを有効利用し、超微多孔スポンジ状セラミックスを基盤化したものです。
2:「グリーンビズ」は無機質、無害でリサイクル可能な環境に優しい新素材です。
3:「グリーンビズ」が有する微細な空間群がデットエア層となり、冬場は高い断熱・保温効果を発揮します。一方で、夏場は断熱効果と内部に保水する水分の蒸散効果による気化冷却を促進し、建物全体をクールダウンさせる効果があります。(ヒートアイランド現象の緩和と消費電力の削減)
4:「グリーンビズ」は遮音効果に加え、レンガや瓦と同等の耐火性能を有しており防災上も安全です。
5:廃棄物の有効利用である故、抜群のコスト競争力を持ちます。

■使用用途 :陸屋根、折板屋根用屋上緑化基盤、及び今後、壁面緑化基盤、
水質浄化材、砂漠緑化向けの土壌改良材、園芸資材等

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事