logo

SHUAA Capitalの2014年第3四半期は増収増益の好決算

SHUAA Capital 2014年11月17日 12時50分
From 共同通信PRワイヤー

SHUAA Capitalの2014年第3四半期は増収増益の好決算

AsiaNet 58670 (1286)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2014年11月16日PRN=共同通信JBN】
アラブ首長国連邦(UAE)の大手投資銀行SHUAA Capitalの2014年第3四半期決算ハイライトは以下の通り。

 *総収入は31.1%増の7180万AED(アラブ首長国連邦ディルハム)。
 *株主に帰属する純益は2620万AEDに増加した。
 *企業部門を含めてすべての事業部門が利益を上げた。
 *金利収益は9.3%増の3200万となった。
 *役務取引等利益の63.2%増は1940万AEDとなった。

SHUAA Capitalの2014年9カ月決算は以来とは以下の通り。

 *総収入は40.0%増の1億8800万AED。
 *純益は前年の純損失から4070万AEDまで増加した。
 *金利収益は23.2%増の9470万AEDとなった。
 *役務取引等利益は91.6%増の5420万AEDとなった。

バランスシート・ハイライト
 *総資産は14億9900万AEDと安定した資産ベース。
 *現金・銀行預金は17.1%増の2億2180万AEDだった
 *負債総額は3億3820万AEDで10.0%減少した。

Photo: リンク

SHUAA Capitalは2014年10月13日に中間集計を公表したほかさらに16日、2014年第3四半期と9月30日までの9カ月に関する監査後中間連結財務情報を公表した。

すでに発表したように、第3四半期の収入は31.1%増の7180万AEDだった。2013年同期のそれは5480万AEDだった。純益は2620万AEDだったが、これは昨年同期の360万AEDに対して6倍増となる。

役務取引等収益は1940万AEDとなり、2013年同期に報告された1190万AEDに対して750万AED増加した。SHUAA運用ファンドの投資は2030万AEDで、前年比20万AED増加した。総経費は引き続きコスト管理を進めるとともに収入増を図ったことから、当該四半期に4590万AEDと490万AED削減された。

収入は9カ月期間で1億8800万AEDとなり、前年同期間の1億3430万AEDから40.0%増加した。株主に帰属する純益は、昨年同期間の96万AEDの損失に対して4070万AEDとなった。

SHUAAは非常に強固なバランスシートと健全な流動性ポジションを維持した。SHUAAは2014年9月30日現在、2億2180万AEDの現金と銀行預金を保有しているが、これは201年末から17.1%増となる。総資産は14億9900万AEDであり、2013年12月の14億8900万AEDから漸増した。負債総額は3億3820万AEDで、2013年末との比較で10.0%減少した。

SHUAA Capitalのシェイク・マクトゥーム・ハシェル・アル・マクトゥーム執行会長は、今回の決算について以下のようにコメントした。

「この決算は四半期および9カ月期間ベースの双方で、2009年以来当社最大の業績を反映している。われわれは前年比すべての事業でかなりの利益を上げ、すべての部門が好成績を挙げ、クライアント活動も伸びて利益を上げた。役務取引等利益はより安定した利益を上げて、資産管理、投資銀行両業務が業績を上げたおかげでかなり成長を遂げた」

ソース:SHUAA Capital

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事