logo

オーストラリア政府観光局が料理とワインのプロ向けに盛大な夕食会を開催

オーストラリア政府観光局 2014年11月17日 10時05分
From 共同通信PRワイヤー

オーストラリア政府観光局が料理とワインのプロ向けに盛大な夕食会を開催

AsiaNet 58621(1276)

【ホバート(オーストラリア)2014年11月15日PRN=共同通信JBN】昨晩、世界で最も影響力があり敬意を表されている料理とワインの通から選ばれたVIPたちがホバートのミュージアム・オブ・オールド・アンド・ニュー・アート(MONA)に集まった。オーストラリア政府観光局が主催する待望の「Invite The World To Dinner」ガライベントに出席するためである。

マルチメディアのページは以下参照。
リンク

ヘストン・ブルメンタール、アリス・ウォータース、A・A・ギル、サンジーブ・カプール、イーファン・リウの各氏ら世界の料理とワインのライターやコラムニスト、批評家、セレブシェフ、TVパーソナリティー80人以上がオーストラリアの食通に合流し、「レストラン・オーストラリア」のベン・ショーリル、ピーター・ギルモア、ニール・ペリーAMの各料理長が用意した見事なメニューを試食した。

このイベントは、オーストラリアの料理とワインを際立たせている卓越した人物、並外れた製品、感動的な場所を世界に案内するレストラン・オーストラリア・キャンペーンの頂点を画するものである。

美食の旅はエリザベス通り桟橋のレッドカーペット・イベント「Sparkling and Sea」で始まった。ゲストは第2章、Glenorchy Art and Sculpture Park(GASP!)で行われた「Earth, Fire & Water」に移動、創作料理の第一陣を味わった。

GASP!を出たゲストは次いで、メーンコース「Art and Produce」のためにMONAのNolan Galleryに向かった。そこでは料理長3人それぞれが相性のいい6種のオーストラリアワインとともに独特のコース料理を提供し、料理とアートの境界をあいまいにした。

最終章「Sticky and Sweet」で客はMONAのVoid galleryで各種スイートをつまみ食いして楽しんだ。オーストラリア初の生乳ブルーチーズ、サウスオーストラリアのチーズメーカーUdder DelightsのKing Saulを含むチーズ・セレクションもあった。

総計4億人以上に及ぶ世界的な影響力をもつ人物を結集したこの夕食会は、最高のオーストラリア料理・ワイン体験と国内各地の製品を紹介した。

オーストラリア政府観光局マネジングディレクターのジョン・オサリバン氏はガライベントについて、オーストラリア料理・ワインに対する認識の差を埋めることを目指して大成功を収めつつあるレストラン・オーストラリア・キャンペーンの完璧な成就であるとし、以下のように語った。

「われわれの世界的なレストラン・オーストラリア・キャンペーンは、地方生産者、シェフ、ワインメーカーの豊かさと多様性に脚光を当てて、オーストラリアの素晴らしい料理とワインを世界に紹介するために計画された。昨晩はわれわれの予想を上回るものだった」

「シェフが協力して食事を供したセッティングは息をのむものにほかならず、ここオーストラリアでわれわれが提供する格別の品質と独自の製品を忠実に披露した」

「ゲストの皆さんが本日、オーストラリアのテイストをしっかり口内に刻み込んで帰国の途に就くことを望みたい。彼らが多くのファンと体験を共有することを期待している」

ベン、ピーター、ニールの3料理長は、世界のために料理をして、各国の旅行者にオーストラリアの優れた料理とワインを紹介することは大きな栄誉と口をそろえた。

昨晩のMONAガライベントに至るまで、各国のゲストは「Invite The World To Dinner」ツアーで国内のあらゆる州・地域に足を伸ばし、オーストラリア最高の料理とワイン1000点以上を体験した。

オーストラリア政府観光局の国際的な料理とワインのキャンペーン、レストラン・オーストラリアの狙いは、オーストラリアの料理とワインの認知度を上げることによって、観光客誘致を拡大することである。

詳しくはwww.restaurantaustraliamedia.com を参照。

▽問い合わせ先
+61-403-602-345
restaurantaustralia@thisismango.com.au

  Video - リンク
   Photo - リンク
   Photo - リンク
   Photo - リンク
   Photo - リンク

ソース:Tourism Australia

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。