logo

マイクレルの高密度同期ブーストコンバーターは最大10W出力電源を提供

マイクレル 2014年11月14日 18時07分
From 共同通信PRワイヤー

マイクレルの高密度同期ブーストコンバーターは最大10W出力電源を提供

AsiaNet 58534 (1233)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2014年11月14日PRN=共同通信JBN】高性能リニア&パワー、LAN&タイミング、通信のソリューションで業界をリードするマイクレル社(Micrel, Inc.、Nasdaq:MCRL)は14日、MIC2875(リンク )およびMIC2876(リンク )の発売を発表した。この2つの2MHzブーストコンバーターはほんの122平方ミリメートルのボードスペースに収まり、最低限3つの超小型外部コンポーネントを取り付けるだけで、最大2Aアウトプットを提供できる。この薄型で高効率なレギュレーター(最大95%)は、単一セル・リチウム電池による動作、ならびにUSB on-the-go(OTG)、HDMIホスト、タブレット、スマートフォン向けアプリケーションへの電源供給に最適である。このデバイスは双方向の完全な負荷切断を提供し、レギュレーターが機能を停止した際には入力・出力間の電流フローを遮断する。このソリューションはまた、入力電圧が設定出力電圧を超えるとバイパスモード動作をサポートする。デバイスは軽負荷の下、スイッチング周波数を減らし、バッテリー寿命を延長する。MIC2875(リンク )およびMIC2876(リンク )は現在市販されており、価格は1000個ロットでの単価がそれぞれ0.55ドル、0.52ドルから。サンプルはウェブサイトリンク から注文できる。

共振防止スイッチは不連続モード時のEMI問題を最小限に抑える。MIC2876(リンク )はまた、軽負荷動作時の最小限スイッチング周波数を45kHzに抑制する機能があり、ブーストレギュレーターのパフォーマンスを最適化してオーディオ・アプリケーションの低雑音要件を満たす。

マイクレルのブライアン・ヘダヤティ副社長(高性能リニア&パワー・ソリューション・マーケティング担当)は「マイクレルの新世代高密度ブーストコンバーターは現代のポータブル型電子機器の要件を満たす低雑音性能とサイズの高密度化を提供する。高効率によってバッテリー寿命が向上し、ソリューションの小型化によって貴重なボードスペースが節約できる」と語った。

MIC2875(リンク )およびMIC2876(リンク )は4.75V、5.0V、5.25V、5.5V固定出力電圧ないしは可変出力電圧のいずれも入手可能である。これらのパーツは過電流、温度状態に対し完全に保護されている。デバイスは-40℃からプラス125℃の接合部動作温度範囲の仕様となっている。

▽マイクレル(Micrel, Inc.)について
マイクレルはアナログ、Ethernet、高帯域の市場向けのICソリューションで世界をリードするメーカーである。同社の製品には、高度なミックスド・シグナル、アナログ、パワー半導体;高性能なコミュニケーション、クロック管理、MEMSベースのクロックオシレーター、crystal-lessクロックジェネレーター、Ethernetスイッチ、物理レイヤー・トランシーバーICなどがある。同社の顧客には、企業、消費者、工業、モバイル、テレコミュニケーション、自動車、コンピューター製品の大手メーカーが含まれている。本社と最新鋭ウエハー製造施設は米カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジアに地域販売・サポートオフィス、最新鋭の技術設計センターを構えている。さらに、同社には世界中の広範な流通および販売代理店のネットワークがある。ウェブサイト:www.micrel.com

ソース:Micrel, Inc.

▽問い合わせ先
Julieanne DiBene
Marketing Communications
+1-408-474-1276
Julie.DiBene@Micrel.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事