logo

パナソニック、欧州で車載と産業分野に注力~エレクトロニカ2014に出展

パナソニック 2014年11月14日 16時05分
From PR TIMES



パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ ヨーロッパ(PAISEU)は、2014年11月11日~14日、ドイツ・ミュンヘンで開催されている「electronica(エレクトロニカ)2014」に出展。これは、同年10月1日に欧州におけるパナソニックの車載と産業分野の戦略を統合し、ビジネス拡大を目的に設立されたPAISEUとして初の出展となります。

PAISEUのウィルヘルム・スティーガー社長はエレクトロニカ出展に際し、「欧州のお客様のニーズを理解し、ご要望にいち早く対応するためにPAISEUは設立されました。新会社の社長として、新技術の導入を加速し、欧州での開発に注力していきます。私たちは、欧州のお客様に最適なビジネスパートナーだと認めていただけるよう、パナソニックブランドを強化していきたいと思います」と語っています。

▼【速報動画】パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ ヨーロッパ electronica 2014で総合力を披露
※日本語字幕をONにしてご覧ください。
リンク


▼【写真】Panasonic at electronica 2014
リンク

<展示ハイライト>

■車載関連
パナソニックは世界中の主要メーカーと広くビジネスを展開しています。なかでも注力しているのがエネルギー分野です。たとえば、パナソニックの車載リチウムイオン電池は、様々なHEV/PHEV/EVに搭載されています。また、車載デバイスでは、高電圧リレーがHEV/EVなどの回路安全遮断に重要な役割を果たしており、フィルムコンデンサはHEV/EVなどのモーター制御インバータの平滑用に採用いただいています。

■スマートホーム
RF、Bluetooth(TM)、Wi-Fiの無線通信に対応したモジュールで、パナソニックは家の中でのワイヤレス接続を進化させ、スマートハウスのアプリケーションを創出しています。electronica 2014では、LEGO Mindstormロボットや、コーヒーメーカーのワイヤレス操作をご紹介しています。

また、ヒートポンプの進化もご紹介。インバータマイクロコントローラが、モータとコンプレッサを制御し、欧州のご家庭の温水暖房・給湯の効率化を図ります。

■新素材・デバイス
GaNパワートランジスタは600Vの耐圧で、将来の車載用電源部品として近年とくに注目されています。

また、パナソニック独自開発のPGSグラファイトシートは、柔軟性を持つ黒鉛のシートで、銅の5倍の高い熱伝導性を誇ります。この技術はスマートフォンやタブレット、さらには車のシートヒーターなど様々な車載アプリケーションとしても最適な素材です。


PAISEUは、欧州のお客様のニーズを理解し、ご要望にいち早く対応し、「A Better Life, A Better World」の実現に貢献していきます。

▼PAISEU 商品・ソリューション
リンク

▼パナソニック、欧州にオートモーティブ&インダストリアルシステムズの新会社設立
リンク

<関連情報>
・パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
リンク
・パナソニックの電子デバイス・産業用機器
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。