logo

分かりやすい、の先を行くプレゼン

株式会社ブックウォーカー 2014年11月13日 14時17分
From PR TIMES

インフォグラフィックのプロが教える ビジュアルプレゼン資料作成術

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル「カドカワ・ミニッツブック」は『ビジュアルシンキング・プレゼンテーション 基本の書 ビジュアルで差がつく「響く」プレゼン資料作成術』の配信を開始しました。




■プロのノウハウを凝縮したビジュアル資料の作り方

言いたいことをきちんと整理して、分かりやすく、端的に伝えたい。聞いている人には理解してほしいし、聞き終えたら反応がほしい。そんなプレゼンがしたい――。

最近では、プレゼンのスライドや会議資料などで、テキストだけでなく写真やグラフ、イラストなどの「ビジュアル表現」を活用する人が増えてきました。そのようなプレゼン資料は「伝わる」だけでなく、聞き手の心に「響き」、新たなコミュニケーションを生み出します。

著者の櫻田潤氏は自身の運営するサイト「ビジュアルシンキング」や「UNDERSTANDING.jp」のほか、NewsPicksなどのニュースメディアで、複雑な情報を分かりやすく、かつ魅力的なビジュアルで表現するインフォグラフィックのトップランナーです。


そんな著者が一般のビジネスパーソン向けに、ビジュアル表現のノウハウを教えようと行ったワークショップから生まれたのが、本書で紹介する「ビジュアルシンキング・プレゼンテーション」です。

【特徴】
・必要なのはワークシート(無料配布)と小さなフセンとペンだけ
・情報整理の「手順とやり方」が明示されている(フレームワーク化)
・ストーリーを持ったプレゼン資料が作れる(4コマ構造)
・言葉ではなく「ビジュアル」で表現する基礎が身につく(手描きの魅力)


必要なのは絵のセンスではありません。著者自身もビジュアルを作成する際にもっとも時間を割くのが情報や思考の整理整頓の工程だと言います。だからこそ無駄のない、分かりやすいビジュアルを作ることができるのです。
ロジックと感性の両方を備えたビジュアルシンキング・プレゼンテーションの手法は、大手企業の営業、広報、企画開発、マーケティング担当者を集めた講習会でも、その実用性の高さが好評でした。

プレゼンに限らず、会議、ブレスト、広報、企画書作成など、あらゆるビジネスシーンでビジュアルシンキング・プレゼンテーションの手法は効果を発揮するでしょう。


【目次】
0 はじめに
1 ビジュアルシンキング・プレゼンテーションとは
2 ビジュアルシンキング・プレゼンテーションで必要な道具
3 全体の流れとポイント
4 くわしい手順の解説
5 読者への宿題とサポート
6 おわりに

【想定読了時間30分】

立ち読みはこちらから URL リンク

■作品紹介


『ビジュアルシンキング・プレゼンテーション 基本の書
ビジュアルで差がつく「響く」プレゼン資料作成術』
櫻田 潤(さくらだ じゅん) 著
配信開始日:2014/11/13
想定読了時間:30分
希望小売価格:300円
配信書店:BOOK☆WALKERほか、国内主要電子書店で順次配信予定

作品公式HP:リンク

著者プロフィール
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)
東京生まれ。学習院大学経済学部経営学科卒。プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング(リンク)運営。
図解、インフォグラフィック、ピクトグラムの制作、執筆やイベント講師などの活動を行っている。クライアントワークとして、雑誌『WIRED』向けの視覚化作品、ニュースメディア「NewsPicks」向けビジュアル・ストーリー連作、3・11復興支援プロジェクト「助けあいジャパン」ウェブサイト用ピクトグラム制作などがある。
著書に『たのしいインフォグラフィック入門』。

■スマホ時代のライフスタイルにベストマッチの電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】
「カドカワ・ミニッツブック」は30分前後で読み切れる手頃な分量が特徴の電子書籍専用レーベルです。現在、KADOKAWAグループの多彩なジャンルから100タイトル以上を発売中です。
ミニッツブックというレーベル名には「分単位で読める本」という意味が込められ、表紙には「○○min」と想定読了時間の目安が明記されています。通勤・通学の「スキマ時間」に手軽に読めて、満足感のある内容をお届けします。KADOKAWAの直営ストアBOOK☆WALKERをはじめとする、スマートフォンや電子書籍端末に対応している各電子書籍ストアで絶賛発売中です。

カドカワ・ミニッツブック公式サイト: リンク
カドカワ・ミニッツブックCM動画:リンク
※ミニッツブック無料カタログも各電子書籍ストアで絶賛配布中です!

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事