logo

ISP が初のダイナミックDDoS軽減サービスを導入

NSFOCUS 2014年11月13日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

ISP が初のダイナミックDDoS軽減サービスを導入

AsiaNet 58618 (1271)

【東京2014年10月12日PRN=共同通信JBN】
*ISPのVibe Communicationが分散型サービス拒否(DDoS)保護サービス提供にNSFOCUSを採用

攻撃の影響力が増大するにつれて、多くのインターネットサービス・プロバイダー(ISP)やホスティング・プロバイダーは、本来のサービス型ソフトウエア(SaaS)組織になってセキュリティー商品を強化する必要性を感じている。NSFOCUSは12日、ISPのVibe Communicationsがニュージーランド初のダイナミックDDoS軽減サービスを提供するため、同社のキャリアとISP向けDDoS対策ソリューションを選定したと発表した。

インターネット・データセンター(IDC)、ISP、ホスティングサービス・プロバイダーは攻撃の主要標的になっているため、多くがDDoS軽減を含む新たなビジネスモデルを検討している。

*頑健なソリューションは競合に勝る
高度技術のプロバイダーとしてVibeの基準と期待値は厳格である。NSFOCUS のAnti-DDoS System(ADS)は技術だけでなく、評価するどのベンダーよりも豊かな特徴と攻撃軽減を提供する。詳しい情報は以下を参照。
リンク

*NSFOCUSはクラス最高の保護性能を提供
NSFOCUSのADSソリューションは極めて精密なDDoS軽減をもたらす。継続的なソフトウエア更新が新発見の脅威から防護、ソフトウエアとハードウエアの総合的保護を与える。NSFOCUSの週7日24時間即応セキュリティーチームのサポートと合わせて、プロバイダーはエンドユーザーに絶え間ないサービスを提供できる。

*Vibe Communicationsは世界最高級のサービスを提供
Vibeはフルサービスの電話・ネットワーク・プロバイダーとして、DDoS軽減を組み込むサービス拡大のためにADSソリューションを統合した。

*キャリアグレードのDDoS軽減
VibeはDDoS軽減機能を国際IPトランジットネットワークに拡大するため、NSFOCUSのソリューションを統合した。同社は現在、FlexProtect製品ポートフォリオを通じてサービスを提供、シームレス通信サービス、ボリュームプロテクション、その他さまざまなオプションサービスを提供している。このサービスは同社の米サンノゼ支社で入手できるが、需要増大に応じてほかの国際拠点にもサービスを広げる計画である。

Vibe Communicationsのルーディ・ヘファー最高経営責任者(CEO)は「DDoS攻撃の規模と頻度の大幅増により、われわれがポートフォリオにDDoS軽減ソリューションを統合するのは自然な流れだった。大損害をもたらす攻撃からわれわれ自身と顧客を守ることは、もはやぜいたくではなく不可欠である。NSFOCUSは入手できる最も強健な軽減ソリューションを示しており、顧客にこのレベルの保護を提供できることを待ち望んでいる」と語った。

NSFOCUSで国際ビジネスを担当するヨンガン・ハン最高執行責任者(COO)は「インターネットサービス・プロバイダー(ISP)は、ネットワーク断絶の恐れなしにビジネスを進めなければならない。導入して適切に管理すれば、サービス型ソフトウエア(SaaS)の追加は多くのISP、IDC、ホスティングセンターに新たな収入源をもたらす可能性がある。われわれの最適化されたAnti-DDoSソリューションは行動統計、評価メカニズムに適合するように設計されている。それはより巧妙なDDoS攻撃から防護し、プロバイダーに安全なエコシステムをもたらすために必要だ」と語った。

▽NSFOCUSについて
NSFOCUSは、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を軽減するソリューションを提供する世界的プロバイダーである。2000年に創設された同社は、DDoS軽減、ウェブ・セキュリティー、エンタープライズレベル・ネットワーク・セキュリティー向けのエンタープライズレベル、キャリアグレードのソリューションを提供する。DDoSの研究開発・軽減で10年以上の経験があるNSFOCUSは、世界中の顧客が高水準のインターネット・セキュリティー、ウェブサイト稼働率、事業運営を維持し、オンライン・システムが常時利用可能な状態を保つことを支援してきた。詳細はウェブサイトwww.nsfocus.comを参照。

▽Vibe Communicationsについて
2008年に創業したVibeは、フルサービスの電話、大規模ネットワークサービス、キャリアサービス・プロバイダーで、その中核業務はIPトランジット、DDoS軽減、国際管理データ、レイヤー2イーサネット・トランスポート、VoIP、ファイバーアクセスとアクセス集合、配列、大規模自動化、ISP構築・コンサルティングサービスである。Vibeはニュージーランド、オーストラリア、米国、英国に自社の国際データネットワークを運営している。詳しい情報はウェブサイト、www.vibecommunications.co.nz を参照。

ソース:NSFOCUS

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。