logo

イー・エフ・エデュケーション・ファースト、英語能力指数(EF EPI)の調査結果を発表

イー・エフ・エデュケーション・ファースト 2014年11月12日 10時38分
From 共同通信PRワイヤー

イー・エフ・エデュケーション・ファースト、英語能力指数(EF EPI)の調査結果を発表

AsiaNet 58595

イー・エフ・エデュケーション・ファースト、英語能力指数(EF EPI)の調査結果を発表

-日本の英語能力は7年間ほぼ変わらず、世界で第26位-


【2014年11月12日、東京】グローバルに教育事業を展開するイー・エフ・エデュケーション・ファーストは本日、「EF英語能力指数(EF EPI)第四版」の調査・分析結果を発表しました。本調査は2013年に世界63の国と地域でEFの英語試験を受験した18歳以上の成人75万人の英語能力を測定し、数値化したものです。これによると、 日本人の英語点数は 52.88点で、調査対象となった国と地域の中では26位でした。

アジア地域での日本人の英語能力は13カ国中5位で、最も英語能力が高かったのはマレーシア(世界では12位)でした。続いてシンガポール、韓国、インドがそれぞれ13位、24位、25位と日本より上位に、台湾、香港、中国がそれぞれ30位、31位、37位と下位に入りました。

また、これまでの日本の調査結果をみてみると、日本人の英語能力は過去7年間ほとんど変化がないこともわかりました。2007年から2009年の調査結果をまとめた「EF英語能力指数(EF EPI)初版」では54.17点、2009年から2011年の調査結果をまとめた第二版では55.14点、2012年の調査結果をまとめた第三版では53.21点でした。

イー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人であるイー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社社長 中村淳之介は次のように述べています。「過去7年間残念ながら日本人の英語能力には大きな上昇が見られません。教育現場では長年グローバル化への取り組みが進められているにもかかわらず、その結果がいまだ現われていない状況が続いています」。

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンでは「EF英語能力指数(EF EPI)第四版」の発表説明会に併せ、今年も11月24日(祝)、25日(火)の二日間、京都と東京において英語教育シンポジウム、「日本のグローバル化と英語教育」を開催します。初開催となる京都では、アメリカのノーベル賞とも言われる科学賞「ラスカー賞」を本年受賞した京都大学大学院理学研究科森和俊教授にご自身の留学体験をお話いただく予定です。

また両会場において、本調査開始以来、分析、監修を指揮しているイー・エフ・エデュケーション・ファースト教育部門常務取締役のDr.クリストファー・マコーミックが世界の英語能力のトレンドをはじめ、日本の調査分析結果や変化についてご説明させていただきます。その後、今年も財界、学界でご活躍する著名人の方々をお招きし、日本の英語教育についてパネルディスカッションを行います。

【英語教育シンポジウムのご案内】

・ 日時:2014年11月24日(祝) 京都会場 14:00~16:30
 2014年11月25日(火) 東京会場 18:00~20:30

・ 場所:
京都会場 京都大学百周年時計台記念館 京都市左京区吉田本町
東京会場 イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン 渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー27階

・ プログラム:
京都会場
「EF英語能力指数(EF EPI)第四版」の調査・分析結果発表
イー・エフ・エデュケーション・ファースト教育部門常務取締役兼
ケンブリッジ大学EF研究チーム責任者 Dr.クリストファー・マコーミック ※逐次通訳をご用意いたします。
基調講演:「(仮)グローバル化と英語教育」 京都大学大学院理学研究科森和俊教授
パネルディスカッション:
河合江理子氏(京都大学大学院総合生存学科教授)
佐々木喜一氏(成基コミュニティグループ代表兼CEO、教育再生実行会議 委員)
土井正己氏(クレアブ・ギャビン・アンダーソン株式会社副社長、山形大学客員教授、元トヨタ自動車広報部グローバルコミュニケーション室長)
服部俊之氏(愛知県立旭丘高等学校教頭)
松本英登氏(文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室長)

東京会場
「EF英語能力指数(EF EPI)第四版」の調査・分析結果発表
イー・エフ・エデュケーション・ファースト教育部門常務取締役兼
ケンブリッジ大学EF研究チーム責任者 Dr.クリストファー・マコーミック ※逐次通訳をご用意いたします。
パネルディスカッション:
阿部弘子氏(アクセンチュア株式会社人事部マネジャー)
服部俊之氏(愛知県立旭丘高等学校教頭)
松本英登氏(文部科学省高等教育局高等教育企画課国際企画室長)
矢口祐人氏(東京大学大学院総合文化研究所付属国際交流センター室教授)


第四回「EF英語能力指数(EF EPI)」の調査・分析結果はこちらからご覧いただけます。www.efjapan.co.jp/epi/

1965年にエデュケーション・ファースト(『教育を第一に』)をモットーにスウェーデンで設立したイー・エフ・エデュケーション・ファーストは、世界最大級の私立教育機関です。現在では世界50 ヵ国以上の国々に400を超える事業拠点及び直営語学学校を擁し、グローバルに教育事業を展開しています。同社は16 の事業に分かれた教育機関で、2 週間から参加できる語学研修コースから専門英語を学ぶマスターコース、試験準備コース、インターンシップコース、社会人専門コースなど、さまざまなプログラムを提供しています。また1,200 以上の企業で語学研修を担当し、2014 年冬季ソチオリンピックのオフィシャル語学サプライヤーを務め、2016年リオデジャネイロオリンピックおよびパラリンピックの公式語学サプライヤーに認定されています。

イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社はイー・エフ・エデュケーション・ファーストの日本法人として1973年に設立されました。詳細はこちらをご覧ください。 www.efjapan.co.jp/


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事