logo

GlobalLogicはザヒール・アッラーム氏を最高成果管理責任者として採用

GlobalLogic 2014年11月12日 10時13分
From 共同通信PRワイヤー

GlobalLogicはザヒール・アッラーム氏を最高成果管理責任者として採用

AsiaNet 58600(1264)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2014年11月11日PRN=共同通信JBN】
*エンジニアリング系経営幹部を最高成果管理責任者(Chief Delivery Officer)に任命

GlobalLogicは11日、ザヒール・アッラーム氏(Zaheer Allam)が同社の最高成果管理責任者として加入し、シャシャンク・サマント最高経営責任者(CEO)に直接リポートしていると発表した。アッラーム氏の職務はGlobalLogicの世界全体におけるエンジニアリング活動を監督する。同社は世界中で新たなエンジニアリング・センターを建設することに注力しており、最近では今年初めにスロバキアで建設した。

アッラーム氏はエンジニアリング分野で25年を超える経験を持ち、無線通信、監視、自動車、エンタープライズ・ソフトウエア、ビッグデータを専門としてきた。同氏は以前、Polaris Wirelessで最高製品責任者を務めており、その間、キャリアグレードのワイヤレスロケーション・ソリューションおよびエンタープライズ監視ソリューションを開発する目的で、インドで複数のエンジニアリング・チーム、中近東およびアフリカで導入チームを立ち上げ、管理した。それ以前には、同氏は固定電話と携帯電話を融合する業界のリーダーであるAzaire Networksのエンジニアリング担当副社長として同社を立ち上げ、勤務した。アッラーム氏はベンチャー企業をはじめ、エリクソン、リコー、フォード・モーター、Metricomなどの大手世界企業で数々の技術幹部職を歴任している。

シャシャンク・サマントCEOは「このような素晴らしいキャリアを持った人を当社チームに迎えることができて喜んでいる。アッラーム氏は当社の成果管理組織をリードしてさらなる成功の高みへと導き、拡大を続ける当社の世界顧客ベースに奉仕するエンジニアリング能力を今後も成長させられると確信している」と述べた。

アッラーム氏は「私は品質工学に大きな力を割く革新的な企業に参加することができて喜んでいる。私は以前、GlobalLogicの顧客の立場だったこともあり、この会社が何を提供しているのか、また、どのような高みを目指しているのか知っているという私だけの強みがある。GlobalLogicを次のレベルに導くために何らかの役割を果たしたいと考えている」と述べた

GlobalLogicはソフトウエア研究開発サービスを提供する業界のリーダーとして製品開発革新に注力している。GlobalLogicは同社の世界的な経験および設計、エンジニアリングの専門知識をてこにして人を驚かすような製品の製造、新たなベンチャー分野の発見、また開発期間短縮の加速などを志向する市場定義型企業や先進技術企業と提携している。

▽GlobalLogicについて
GlobalLogicは製品開発のライフサイクル全体にわたるサービスを提供する業界のリーダーで、深い専門知識と業際的な経験とを組み合わせてメーカーと世界の市場とを結んでいる。同社は革新的な製品や破壊的技術に関わった経験から得た洞察力で、顧客とコラボレーションをする中で、どうすれば戦略的な研究開発が未来を管理するためのツールにできるのかを顧客に提示している。GlobalLogicは米国に本社を置き、世界中で設計とエンジニアリングのセンターを運営しており、同社の真の意味のグローバル・プレゼンスの恩恵をデジタル・メディア、エレクトロニクス、健康管理、インフラストラクチャー、金融、リテール、テレコムなどの産業の顧客に及ぼしている。同社はベンチャー企業とも業界トップ企業とも共同して活動しており、その中には多くのハードウエア、ソフトウエア、消費ブランドのトップ企業が含まれる。

GlobalLogicはGlobalLogicの商標である。他のすべてのブランド、 製品、あるいはサービス名はそれぞれを所有する企業の商標またはサービスマークであるか、その可能性がある。

ソース:GlobalLogic

▽問い合わせ先
Smita Rode, Weber Shandwick for GlobalLogic
t: +1-415-262-5977
e: srode@webershandwick.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事