logo

DigiCert(デジサート)、 Passpoint2システムで標準化されたWi-Fi用証明書の提供を開始

株式会社アールエムエス 2014年11月12日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年11月12日

株式会社アールエムエス

SSLサーバ証明書認証局DigiCert(デジサート)、
Passpoint2システムで標準化されたWi-Fi用証明書
「Secure WiFi証明書」の提供を開始

株式会社アールエムエス(本社:東京都多摩市、代表取締役:望月 忠雄)が代理店としてSSLサーバ証明書を取り扱う認証局、DigiCert(デジサート:米国ユタ州)では、「Secure WiFi証明書」の提供を開始しました。
この証明書は、Wi-Fiの仕様の標準化を行っている団体「Wi-Fi Alliance」が推奨するPasspoint2システムで利用されるもので、「Wi-Fi Alliance」の認定の元発行されます。
DigiCertは、セキュリティー分野でのリーダーカンパニーとしての実績と、Passpoint2システムの実践を提唱したことが評価され、WiFi証明書を発行する二社の認証局のうちの一社に選ばれました。

■詳細: リンク
──────────────────────────────────────
■Passpoint2とは
──────────────────────────────────────
Passpoint2対応機器でWi-Fiを利用するためのサインアップを行う際、接続しようとしているサービスプロバイダが信頼できるかどうかを証明書を利用して認証し、接続中は端末機利用者のデータを暗号化して送信するシステムです(2014年10月リリース)。
Passpoint2での認証は、Wi-Fi Allianceで仕様を定義され、対応端末にインストールされているWiFiルート証明書により権威づけられます。
これにより、公衆Wi-Fi利用時の機密保持と安全性の確保が可能になります。公衆無線LANが一般化し利用者が増加していく中で、Passpoint2は世界中で今後広く採用されていく技術であると言えます。

──────────────────────────────────────
■インターネット環境の安全性の水準を高めるためのDigiCertの取り組み
──────────────────────────────────────
DigiCertは、電子証明書サービスに関するガイドライン作成や議論を行っているCA/ブラウザフォーラムに初期から主要メンバーとして参加している認証局です。
UC サーバ証明書、ワイルドカードサーバ証明書を含む実在性認証タイプのSSL証明書はもちろん、厳格な検証手順のもとに発行されるEV SSLサーバ証明書も発行しており、インターネットセキュリティ向上のために積極的な活動を行っています。
世界180か国の医療、金融、eコマース、ソーシャルネットワーク、教育、政府部門等80,000以上の幅広い顧客がDigiCertのサービスを利用しています。

※アールエムエスが代理店として取扱うDigiCertの証明書
□WildCard Plus リンク(ワイルドカードサーバ証明書)
□UCサーバ証明書 リンク(ユニファイドコミュニケーション証明書)
□SSL Plus リンク(1ホスト名+ドメイン名をカバー)
□EV SSL Plus リンク(EV SSLサーバ証明書)
□EV マルチドメインサーバ証明書 リンク(複数ドメイン名をカバー可能なEV証明書)

※各証明書はインストール先サーバー台数無制限、異なるOS・プラットフォーム対応
詳細:リンク

※プログラムやアプリケーションの安全性を保証するコードサイニング証明書も発行
詳細: リンク

■会社概要
社名   : 株式会社アールエムエス
所在地  : 東京都多摩市鶴牧1-4-10
設立   : 昭和55年10月
代表   : 代表取締役 望月 忠雄
URL    : リンク

■本件に関するお問合せ先
法人営業部 DigiCert(デジサート)担当
TEL:042-357-5011
E-MAIL:info@digicert.ne.jp mailto:info@digicert.ne.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事