logo

インテックの広域仮想クラウドサービス(EINS WAVE)の一部としてIBMのクラウドサービス(SoftLayer)を活用

ITホールディングスグループ 2014年11月11日 15時40分
From PR TIMES

~グローバル規模でのマルチクラウド環境を提供~

 ITホールディングスグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:滝澤光樹、
以下インテック)は、広域仮想クラウドサービス(EINS WAVE「アインス ウェーブ」)の一部として、
日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:マーティン・イェッター、
以下IBM)が提供するクラウドサービス(SoftLayer)を活用し、エンタープライズ向けの広域仮想クラウド
サービスをグローバル規模に展開していくことを発表いたします。



 昨今、クラウドファーストの流れが加速しており、法人のクラウド利用ポリシーもお試し
利用から本格利用へと移り変わってきています。一方でクラウド提供ベンダーも急速に
増えており、そのサービス内容もインフラレイヤーのIaaSからPaaS、SaaSの提供へとより
複雑化しています。また、国内企業システムの事業展開地域もグローバル化への拡大が
急速に進んでいます。
 このような目まぐるしい環境変化の状況の中、国内3地域の高機能データセンターで
運用するEINS WAVEのIaaSサービス(EINS/SPS「アインス エスピーエス」)と、IBMが
全世界で展開するグローバルクラウド(SoftLayer)の連携によりマルチクラウド環境を
実現することで、当社による統合的なクラウドサービスをワンストップで提供します。
単純なシステム連携に留まらず、SIerとしてのシステム運用ノウハウを付加価値として
提供し、クラウド全体のトータルソリューションをグローバル規模で展開してまいります。
 これにより、お客さまのクラウド環境の多様な利用ニーズにお応えしていくとともに、
今後もお客さまがご自身の担当業務に集中できるよう、さらなるEINS WAVEの発展を図り、
マルチクラウド環境のサービス拡充を順次推進していきます。

 ITホールディングスグループでは、同時にTISでも「SoftLayer」をサービスメニューに
加えており、お客さまがニーズに合わせた最適なクラウドサービスを選択できる環境の充実を、
グループで推し進めていきます。


【日本アイ・ビー・エム株式会社
 執行役員 GTS事業本部 クラウド事業統括担当 小池 裕幸様のコメント】

「日本アイ・ ビー・エム株式会社は、株式会社インテックによる『EINS WAVE』
におけるSoftLayerの活用を歓迎いた します。SoftLayerはEINS WAVEと統合的に利用される
ことで、真に顧客の為のハイブリッ ド・クラウド環境が実現されることを期待します。」

<EINS WAVEとは>
 首都圏、北陸、関西の3地域の電力会社との協業で実現した高機能データセンターを
仮想LANで接続することで、ひとつのデータセンターとして機能させた国内初の高可用な
広域仮想クラウドサービスです。各拠点で仮想サーバやバックアップなどのIT基盤サービスと
なる「IaaS」と、電子証明書発行やID認証などクラウドを安全に利用するための
サービス「PaaS」、EDIをはじめ各種アプリケーションを実装した「SaaS」を提供し、
さらに二重化した独自開発の運用イノベーションで一元的に管理します。
リンク


インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、
サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、
データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した
高信頼性サービスを提供しています。2014年 1月11日に創立満50年を迎えたインテックは、
安全・安心で、便利で、Smartで、心地よい社会をICT技術で実現する“社会システム企業”を目指して、
グローバルな視野で、次なる50年へと新たな挑戦を続けてまいります。

ITホールディングスグループについて
 ITホールディングスグループは、約2万人、50社から成るIT企業グループです。グループ
各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くの
クライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を
解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ
提案をしていきます。

※本文に記載されている会社名、商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
※記載した内容は本発表日現在のものです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。