logo

新日鉄住金 タイ自動車用溶融亜鉛めっき鋼板工場の竣工1周年式典を実施

新日鐵住金株式会社 2014年11月11日 14時22分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(代表取締役社長:進藤孝生、以下、「当社」)は、2011年6月、タイにおける(合金化)溶融亜鉛めっき鋼板の製造・販売事業会社「Nippon Steel & Sumikin Galvanizing (Thailand) Co., Ltd」(以下、「NSGT(エヌエスジーティー)」)を設立し、2013年10月より営業運転を開始しました。今般、2014年11月10日、タイ・バンコク市内ホテルにおいて、タイ政府・日本政府関係者並びに需要家の皆さまを招いて、竣工1周年式典を挙行しました。

NSGTは、当社の日本国内最新鋭設備と同等の設備を備え、自動車用外板、超ハイテン材を含めた高張力鋼板を含む、高品質の自動車用めっき鋼板をタイ国内に供給しております。また、当社連結子会社であるSiam United Steel社の隣接地にNSGTを建設したことで、冷延加工からめっき加工まで一貫での効率的な生産・管理体制を構築しました。

タイ自動車市場は、今後もさらなる成長が期待される当社にとって重要なマーケットであり、当社は、NSGTを通じて、自動車産業をはじめとするお客様の高級・高品質な鋼板へのニーズに的確に対応してまいります。


「Nippon Steel & Sumikin Galvanizing (Thailand) Co., Ltd」の概要
・工場所在地:タイ国ラヨーン県ヘマラート・イースタン工業団地
       (当社連結子会社Siam United Steel社の隣接地)
・事業内容:自動車用(合金化)溶融亜鉛めっき鋼板の製造・販売
・社長:太田 昌彦
・資本金:US$118百万
・営業運転開始:2013年10月
・生産能力:36万トン/年
・設備投資額:約US$300百万
・従業員:約200名


(問い合わせ先)広報センター TEL: 03-6867-5807、2135

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事