logo

TOPTOUR Plus+【日本航空で行く ブルゴーニュ&北ローヌのワイン祭りを訪ねる旅2015】募集開始のお知らせ

トップツアー株式会社 2014年11月10日 18時50分
From 共同通信PRワイヤー

2014年11月10日

トップツアー株式会社

TOPTOUR Plus+
【日本航空で行く ブルゴーニュ&北ローヌのワイン祭りを訪ねる旅2015】
募集開始のお知らせ 2015年1月22日(木)発4泊6日

トップツアー株式会社(本社:東京都目黒区、社長:坂巻伸昭)では、お客様の趣味や嗜好をさらに追求した旅行をご紹介する【TOPTOUR Plus+(トップツアープラス)】より、ワインをテーマにした新たなツアーの募集を開始いたします。ブルゴーニュや北部ローヌでワイナリーを訪問したり、またワインのイベントに参加し日本では珍しいワインを試飲したり、ワインが趣味の方にお薦めできる内容充実のツアーです。

<ツアーのポイント>
1、ワインイベント【サンヴァンサン・ワイン祭り】と【マルシェ・オ・ヴァン・ダンピュイ】
(1)サンヴァンサン・ワイン祭り
毎年場所を変えて開催されるサンヴァンサン・ワイン祭り。今年は修道院シトー会が900年前にぶどう畑を耕しワインをつくり始めた歴史を記念し、ヴジョ村とその隣村であるジリー・レ・シトー村の共催で行われます。ヴジョ村にあるシャトー・クロ・ド・ヴジョは中世を通じてシトー会修道士たちがワインをつくり続けた特別な場所として地元の人々に記憶されています。

(2)マルシェ・オ・ヴァン・ダンピュイ
コートロティ生産者組合が主催になって年に1度地元で開催するワインのマルシェ(試飲会)です。60もの生産者が参加しワイン200種が試飲可能です。世界的に有名な大手ワイナリーから愛好家に人気ワイナリー、知る人ぞ知るワイナリーも出展しますので、初心者からプロフェッショナルの方までご満足いただけます。またこの日はリヨンにあるポールボキューズ市場に立ち寄り“美食の街リヨン”の美味しいものがギュッとつまったマルシェでの買い歩きをお楽しみいただきます。

2、来年の世界遺産登録に向けて審査中、ブルゴーニュのクリマとは?
現在、世界遺産登録への最終段階にあるブルゴーニュのクリマとは、2000年にわたりブルゴーニュにおいて続けられてきたワインづくりに対する人間の英知の結晶です。長きにわたるぶどう栽培の過程で、人々は土地の微妙な違いを感じとり、それぞれの個性ごとにクリマと呼ばれる畑の区画をつくり出してきました。ツアーでは世界一有名なクリマであるロマネコンティと、記録に残された最古のクリマ、シャンベルタン・クロドベーズなどを訪ねます。

TOPTOUR Plus+【日本航空で行く ブルゴーニュ&北ローヌのワイン祭りを訪ねる旅2015】の旅行代金は¥246,000(エコノミークラス利用、ツインルーム大人2名利用時の1名料金、燃油サーチャージ・空港使用料・空港利用税別)です。ツアーの詳細は専用のWEBページを御確認下さい。ご予約も同ページにて承ります。
URL:リンク
その他、シングル利用や延泊をご希望の際はご相談ください。また、現地集合・解散でもお申込みいただけます。
ワインの名産地でお祭りや試飲を楽しむ当ツアー、ワイン好きな皆様ならきっとご満足いただけると思います。
お申込み、お問い合わせお待ちしております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事