logo

岩手県知事 フランスアルザス州コルマール市で開催中の『コルマール国際旅行博』で岩手県をPR

岩手県 2014年11月09日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年11月9日

岩手県

岩手県知事 フランスアルザス州コルマール市で開催中の『コルマール国際旅行博』で岩手県をPR

達増拓也岩手県知事は、2014年11月8日(土)に、フランス共和国アルザス州コルマール市を訪問し、「コルマール国際旅行博」の岩手県ブースにおいて、岩手県の物産等についてのPRや、本県を代表する工芸品である「浄法寺漆器」を使った日本酒の試飲会を行いました。
「コルマール国際旅行博」は、2014年11月7日(金)から9日(日)にかけてコルマール市で開催される、今回で30回目となる旅行博で、本年が日本アルザス交流150周年にあたり、日本が名誉招待国と位置付けられていることから、この機会を捉え、本県の民間国際交流団体である「岩手アルザス交流委員会(会長:柳沢文昭(盛岡大学教授))」と連携して、本県として初めて出展しました。
ブースでは、日本一の生産量を誇る「漆」の文化や歴史、本県が行っている国際リニアコライダーの建設実現に向けた取組み等のパネルを展示したほか、漆器や南部鉄器といった本県の特色ある工芸品、漆職人によるデモンストレーションを行い、本県のPRを行いました。ブースには絶え間なく来場者が訪れ、展示内容などに熱心な眼差しを向けていました。

この後、コルマール国際旅行博の開催地であるオー=ラン県政府を訪問し、オー=ラン県 シャルル・ビュトネル 知事と、アルザス・欧州日本学研究所(CEEJA) アンドレ・クライン所長と会談。この中で達増知事は、「今回の訪問をきっかけとして、岩手県とオー=ラン県や、フランス、そして欧州との様々な友好交流、協力関係を深めていきたいので、引き続き連携をお願いしたい。」と語りました。

≪概要≫
■名称: 岩手県知事 コルマール国際旅行博で岩手県をPR
■日時: コルマール国際旅行博訪問:平成26年11月8日(土)14:30~15:30
■会場: コルマールエキスポ(於:フランス コルマール市)
     (住所: Avenue de la Foire aux Vins, Colmar)
■訪問目的:
・ 情報発信力の高い欧州において情報発信を行い、本県の認知度や価値の向上を図り、「いわて」のブランド化を図る。
・ 現地関係機関を訪問し、本県との友好交流関係の深化を図る。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。