logo

イント゛におけるEコマース市場調査: イント゛企業EC利用率の現状と今後の予測について

Spire Research & Consulting 2014年11月07日 16時00分
From PR TIMES

新興国に特化したマーケティンク゛リサーチ企業 「スハ゜イア・リサーチ・アント゛・コンサルティンク゛」

ASEAN、アフリカ、中東、中南米なと゛新興国市場リサーチに特化したSpire Research & Consulting (本社:シンカ゛ホ゜ール, CEO:レオン・ヘ゜レラ)は、企業の視点から見たイント゛のeコマース (以下、”EC”)の現状の分析レホ゜ートを発表致します。



【スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティングとは?】
スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティングは、戦略的マーケティングリサーチとコンサルティングを行うリーディングカンパニーです。新興市場(アジア環太平洋、中南米、中東、アフリカ、ロシア、CIS諸国など)に特化し、世界のトップ企業・政府機関向けに、高品質かつ戦略的なリサーチをカスタマイズして提供します。

【インド企業䛾EC展開について】
今回の調査では、インドにおけるアパレル・電化製品・飲食、それぞれ3業界のEコマース導入における調査を分析しました。ソフトバンクがインドのEコマース企業に900億円の投資をした報道がありましたが、現在、インドのEコマース市場は急成長しており世界中から注目を集めています。今回、当社のアンケート調査した結果、回答いただいた企業のうち91%は、今年~3年前にかけてECを導入していることがわかりました。また、54%の企業がEC導入してから自社の売上が20%以上増えたと応えました。その結果、84%の企業が「ECを導入して成果が上がった」と回答しています。


【イント゛企業のECによる売上率、今後の予測】


上記の表は、企業のECによる売上の比率を表したものて゛す。今年は、57%の企業か゛ECによる売上比率か゛20%以下となっているようて゛すか゛、オンライン決済と物流のインフラか゛急速に発展しており、EC売上け゛比率は増加していく見込みて゛す。2020年には、65%の企業か゛EC売上比率は20%を超えると予想して いるようて゛す。

【オンラインと実店舗のハ゛ランスは?】


こ゛回答いたた゛いた企業の75%か゛ECと共に実店舗を運営していることか゛分かります。イント゛の文化て゛は、商売において人と接する伝統か゛強く、実店舗か゛ECを運営していく方向は今後も維持されるのて゛はないて゛しょうか。 今後、イント゛の企業か゛オンラインとオフライン戦略を上手に掛け合わせること、O2O戦略か゛大きな課題となります。


現在は、物流インフラ、ネットインフラなと゛ハート゛ルか゛いくつか残っているものの、イント゛におけるEC業界は今後大きく成長していくこと間違いないと言えるて゛しょう。
成長のカキ゛を握るのは支払方法の主流となっている着払い制度て゛す。
商品か゛到着してから代金を支払う着払いシステムか゛メインとなっている現在、小売側のリスクは高いためEC市場全体の成長に影響を与えています。しかし、ECか゛普及していくなか、支払いシステムもカート゛決済や前払いシステムなと゛か゛普及すればイント゛の消費者たちにとってはより多くの商品をより安く買えるようになり、中小企業にとってもECの波に乗って自社のリーチと見込客を一気に増やす機会となります。

【ケーススタテ゛ィ:イント゛のアハ゜レル業界におけるECの現状】


イント゛市場て゛ECを導入し一番成果をもたらしたのか゛アハ゜レル業界て゛す。65%の企業か゛EC導入後の売上か゛20%以上増加しており、全企業の24%か゛売上の半分以上をECによるものた゛ということて゛す。
一方、飲食業界においてはZomatoやBakerlistのような口コミサイトか゛増えているものの、オフライン戦略の方か゛今後も主に重視されていくと思われます。また、電化製品に関しては、イント゛の消費者は直接、商品を手にとった上て゛判断するというマイント゛か゛働くため、今後ECて゛の成功のカキ゛は習慣の変化た゛と考えています。

なお、アハ゜レル企業のヒ゛シ゛ネス拡大における今後の戦略に関しては、66%の企業か゛オンラインをメインの軸として力を入れていきたいということて゛す。20%近くの企業か゛オンラインとオフラインを組み合わせた統合型の戦略を進めていく方向て゛いることか゛わかります。
首都のニューテ゛リーを含めるイント゛北部に絞ると、その割合か゛27%に上か゛ります。
以上のことから、ここ3年て゛インフラの発展とともに、イント゛のアハ゜レル企業の行方はオンラインて゛決まる勝負となるて゛しょう。


【調査概要について】
集計期間:2014年8月~2014年10月/調査方法:電話調査/調査対象:ECを導入している企業300社(内 アハ゜レル業界:100社/電化製品販売:100社/飲食業界:100社)/調査地域:イント゛29州中13州

【CEO レオン・ヘ゜レラ】フ゜ロフィール


オックスフォート゛大学て゛哲学と政治経済のタ゛フ゛ル最高優等学位を取 得。最終学年には同大学より政治学分野て゛キ゛フ゛ス賞を受賞。

シンカ゛ホ゜ール経済開発庁(EDB)国際ヒ゛シ゛ネス開発局の上級職員としてキャリアをスタートし、アシ゛ア太平洋地域における海外投資をシ ンカ゛ホ゜ールに誘致するための政策フ゜ランニンク゛を担当。その後、エンターフ゜ライス゛開発局の局長補として、大手企業の成長を支援する政策に携わった。
アシ゛ア・マーケット・インテリシ゛ェンス・ヒ゛シ゛ネスコンサルティンク゛社に転職後、同社のシンカ゛ホ゜ールオフィスを立ち上け゛、企画と顧客対応の両面て゛中心的な役割を果たす。

その後、スハ゜イア・リサーチ・アント゛・コンサルティンク゛・ク゛ルーフ゜をエリサ゛ヘ゛ス・コーと共同て゛創設、代表に就任。アシ゛ア太平洋地域て゛50を超えるフォーチュン500クラスのク゛ローハ゛ル大手企業を顧客として獲得し、その多くから複数回にわたってフ゜ロシ゛ェクトを受注する原動力となった。顧客に合わせてカスタマイス゛されたリサーチやコンサルティンク゛のフ゜ロシ゛ェクトは、これまて゛に1,000件以上を数える。

【会社概要】


社名:
Spire Research & Consulting (スハ゜イア ・リサーチ・アント゛・コンサルティンク゛)
代表(CEO):レオン・ヘ゜レラ
事業内容:新興市場のマーケティンク゛リサーチ・カスタマイス゛リサーチ・市場コンサルティンク゛、経営コンサルティンク゛
支社: シンカ゛ホ゜ール(本社)、イント゛、イント゛ネシア、中国(北京、上海、香港)、ヘ゛トナム、マレーシア、韓国
営業拠点:オーストラリア、日本、米国

スパイアリサーチ&コンサルティング広報事務局(日本): 担当:アレックス・村上 TEL:03-6427-1627

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。