logo

日本製粉(株)、第2四半期の連結業績および通期連結業績予想

日本製粉株式会社 2014年11月07日 15時05分
From 共同通信PRワイヤー

2014年11月7日

日本製粉株式会社

日本製粉(株)、第2四半期の連結業績および通期連結業績予想

 日本製粉(株)(社長 小寺春樹)の平成27年3月期第2四半期の連結業績は、売上高1,476億円(前年同期比105.2%)、営業利益37億円(同71.6%)、経常利益42億円(同70.9%)、四半期純利益31億円(同81.5%)となりました。

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績の概要
--------------------------------------------------------------------------------
(※)当社Webサイトでご覧ください
 > リンク

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績のポイント
--------------------------------------------------------------------------------
● 売上高は、原料小麦価格改定等による製粉事業の増収と、食品事業の販売拡大、新規連結効果等により増収
● 利益面では、製粉事業をはじめ事業全般にわたる競争激化に伴う収益性の低下、物流費等の経費増加により減益

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績の概況 ~ 変化する事業環境に対応した事業基盤の強化を推進
--------------------------------------------------------------------------------
 当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府の経済政策や日銀の金融緩和政策による経済効果が下支えし、国内景気は緩やかな回復傾向となりました。しかし、個人消費については、消費税増税後の反動や実質可処分所得の伸び悩み等もあり、先行き不透明な状況のまま推移しました。食品業界においても、円安に伴い原材料価格やエネルギー・物流コストが上昇し、消費動向についても少子高齢化により国内市場が縮小していく中で消費者の節約志向が高まり、企業間の競争が一層激化するなど、厳しい事業環境が続きました。
 現在、当社グループを取り巻く事業環境は大きく変化しており、販売競争が厳しさを増しています。当社グループは中期的な事業計画に代えて、変化する事業環境に柔軟かつスピーディに対処するために、これまでの基本施策を踏襲した単年度の経営基盤強化方針により、事業基盤の強化を進めております。4月から事業部門における「カンパニー制」を廃止して「事業本部制」を導入し、6月までに「製粉事業本部」「食品営業本部」「食品業務本部」「デリカ事業本部」の4事業本部制としました。8月には「流通業務部」を新設し、変化に向けた機構改革を迅速に行ってまいりました。
 外国産小麦の政府売渡価格が4月から5銘柄平均(税込価格)で2.3%引き上げられたことに伴い、当社は7月から業務用小麦粉の販売価格を改定しました。また、製粉事業のさらなる競争力強化を図るため、自社原料サイロの保管能力を10万トン引き上げ30万トンとする計画の一環として、福岡工場に2万トンの原料サイロを新設することを決定するとともに、九州地区における当社グループ製粉事業の拡大強化を図るため、8月に東福製粉株式会社を公開買付けにより連結子会社としました。海外事業では、ASEAN地域におけるグループの業務用食材と加工食品の販売拡大を図るため、インドネシア共和国に現地法人「PT.NIPPN FOODS INDONESIA」を設立、9月から営業を開始しました。
 以上により、当第2四半期の売上高は、原料小麦価格改定等による製粉事業の増収と、食品事業の販売拡大、新規連結効果等により73億円の増収となりました。利益面では、製粉事業をはじめ事業全般で競争激化に伴う収益性低下と固定経費の上昇があり、グループをあげて製・販・管一体となった全事業分野にわたるコスト削減に努めましたが営業利益は14億円、経常利益は17億円、純利益は7億円の減益となりました。

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績の予想
--------------------------------------------------------------------------------
(※)当社Webサイトでご覧ください
 > リンク

 平成27年3月期の連結業績予想につきましては、第2四半期連結累計期間の業績を踏まえ、平成26年5月14日に公表いたしました通期の連結業績予想を以上のとおり修正しております。
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事