logo

Latin Markets:ブラジルの投資フォーラムに600人以上が参加へ

Latin Markets 2014年11月07日 10時20分
From 共同通信PRワイヤー

Latin Markets:ブラジルの投資フォーラムに600人以上が参加へ

AsiaNet 58519 (1229)

【ニューヨーク2014年11月6日PRN=共同通信JBN】Latin Markets
リンク )は、中南米で最大規模となった民間マーケットイベントを準備中である。今回で6回目となる「プライベートエクイティ・ブラジル・フォーラム」は12月8、9日にサンパウロのホテル・ユニークで開かれ、プレゼンテーションや円卓会議、パネルディスカッションに600人以上が参加する。

フォーラムではリリアーナ・アヤルデ駐ブラジル米大使の基調演説のほか、年金や財団、基金、ファミリーオフィス(資産管理会社)、政府系ファンド、コンサルタント、アドバイザー、厳選されたファンド・オブ・ファンズを代表する120以上の投資家の話に、参加者が耳を傾けることになる。

▽2014年基調講演者
リリアーナ・アヤルデ、駐ブラジル米大使
ルチアーノ・コウチーニョ、ブラジル国立経済社会開発銀行(BNDES)総裁
ガイ・ハンズ、Terra Firma創業者兼最高経営責任者(CEO)
アントニオ・ボンクリスティアーノ、GP Investments最高経営責任者(CEO)
ロベルト・クォルタ、CD&R Europe会長
モンテ・ブレム、StepStone創業者兼最高経営責任者(CEO)
カルロス・ジェラルド・ランゴーニ、元ブラジル中央銀行総裁

世界のプライベートエクイティにとってのブラジルの注目点や来年の新興国市場の見通しについて、出席者には国内的および国際的な展望が示される。興味深い議題としては、欧米やほかの新興国市場でのブラジル投資家の投資機会、ブラジル市場へのかかわり方とその成功事例などだ。

フォーラムでは投資業界の最新情報、特殊な投資ツールの考察、最も成功した投資家やファンドマネジャーが駆使するさまざまな投資手法についても、第1級の講演者が説明する。

発言グループへの出席や参加に興味がある場合はリアーナ・グリーグ
(liana.grieg@latinmarkets.org 、+1-917-551-5727)まで。

参加申し込み、発言者や議題の完全リストの閲覧はリンク まで。

▽フォーラムのスポンサー企業
Debevoise & Plimpton, HSBC, KPMG, Mattos Filho, Apollo,
Arlon, Berkeley Research Group, Bloomberg, Bozano, Brio, Clayton Dublier &
Rice, CVC Capital Partners, Denham Capital, e.Bricks Digital, Fitch Ratings,
GTIS, Jive Investments, KKR, Merrill Datasite, P2 Brasil, Patria Investimentos,
Providence Equity, RB Capital, SAP, Southern Cross Group, S&P Capital IQ,
Sungard, Thomson Reuters, TMF Group, TreeCorp Investimentos, Venue, Vision
Brazil Investments

▽Latin Marketsについて
Latin Marketsは中南米に焦点を当てた投資フォーラム、地域サミット、最新市場情報提供の世界的な大手。中南米で最大規模の投資家ネットワークを持ち、5000人以上の機関投資家やファンドマネジャー、アドバイザー、業界オピニオンリーダーが、年金基金、財団、基金、政府系ファンド、ファミリーオフィスのための資産配分、規制変更、投資戦略の情報交換に参加している。当社はこの分野で真の情熱と専門知識を持つ高度に熟練したチームである。2009年以来、中南米と世界の全域で100以上のイベントを成功させている。

ソース:Latin Markets

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事