logo

ソフトウェアのローカリゼーションツールの最新版 「SDL Passolo 2015」をリリース

SDLジャパンは、本日、ソフトウェアのローカリゼーションツールの最新版「SDL Passolo 2015」をリリースしました。SDL Passoloは、ソフトウェアローカリゼーションおよびゲーム業界固有の要求を満たすように設計されています。ビジュアライズな翻訳環境の提供により、ローカライゼーションプロセスの高速化、ローカライズ品質向上を実現します。さらに、SDLが提供するTrados Studioなどの翻訳ツールと統合することができるため、作業効率も向上できます。

SDLジャパン株式会社(本社:英国メイデンヘッド、日本法人:東京目黒区、LSE:SDL以下、SDL)は、本日、ソフトウェアのローカリゼーションツールの最新版「SDL Passolo 2015」をリリースしました。

ソフトウェアやゲームの開発・制作会社にとって、新たな製品やサービスを同時に複数の市場にリリースすることは非常に難しい課題となっています。ソフトウェアやゲーム製品は、ローカライズの過程で対象となる各市場の言語的要件、文化的要件、技術的要件に合わせてさまざまな修正が加えられます。しかし、ダイアログボックス、メニュー、表示テキストなどのグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)の要素をローカライズする場合、視覚的な表示がなければ作業は非常に困難なものになります。

SDL Passoloは、ソフトウェアローカリゼーションおよびゲーム業界固有の要求を満たすように設計されています。ビジュアライズな翻訳環境の提供により、ローカライゼーションプロセスの高速化、ローカライズ品質向上を実現します。さらに、SDLが提供するTrados Studioなどの翻訳ツールと統合することができるため、作業効率も向上できます。

■SDL Passolo 2015の新機能
1.ユーザー体験の強化
(1)リボンベースのナビゲーション
すべての翻訳ツールと機能が論理的にグループ分けされているため、機能やヘルプリソースがすばやく簡単に見つけられるようになっています。

(2)カスタマイズ可能な「クイックアクセスツールバー」と「キーボードショートカット」
ユーザー自身がよく使うコマンドをクイックアクセスツールバーに追加するだけでショートカットを作成したり、コマンドに好きなキーの組み合わせを割り当てて、キーボードショートカットを作成できるようになりました。

2. 機械翻訳(MT)サービスとの連携
SDL Passoloのユーザーインターフェイスから直接、サブスクリプションベースの機械翻訳サービス「SDL Language Cloud」にアクセスし、業種別の機械翻訳エンジン*や個人の辞書を利用できるようになりました(業種別エンジンには、現在、日本語は含まれていません)。また、Microsoft Bing TranslatorやGoogle 翻訳といった、機械翻訳プロバイダを選択することも可能です。

3.用語集のサポートが充実
SDL Passolo 2015では、SDL MultiTermとの統合がさらに進み、「推奨用語や禁止用語の定義機能」「品質チェック機能の追加」「用語ウィンドウの用語表示のカスタマイズ」の3つの新機能が追加されました。

4. 対応言語の拡張
SDL Passolo 2015は、新しく次の言語に対応しました。
尚、すべての追加言語は、Windows 7 およびWindows 8.1 に対応します。
ビルマ語、ビルマ(ミャンマー)、英語(香港)、スペイン語(中南米)、フランス語(コンゴ(DRC)・コートジボワール・カメルーン・ハイチ・モロッコ・マリ・レユニオン・セネガル)、グアラニ語、グアラニ(パラグアイ)、ジャワ語、モンゴル語(伝統的なモンゴル文字、モンゴル)、オロモ語、オロモ(エチオピア)、ルーマニア語(モルドバ)、ソマリ語、ソマリ(ソマリア)、南部ソト語、南部ソト語(南アフリカ)、ツォンガ語(南アフリカ)中央アトラス・タマジクト語(ティフィナグ文字)、中央アトラス・タマジクト語(ティフィナグ文字、モロッコ)

■エディションおよび価格
エディション:Professional Edition, Team Edition, Collaboration Edition の3種類
価格:326,000円(税抜き)~

■システム要件
OS Windows 7, Windows 8
CPU 1GHz以上
RAM 32bit: 2GB、64bit: 4GB
モニタ解像度 1280x1024、256色以上
ディスク容量 最大2.5GB(インストール時)、2GB(起動時)

<SDLについて>
SDL(LSE:SDL)は、企業が顧客とのきずなを深めるために、
すべてのカスタマージャーニーにおいて顧客に最適なカスタマーエクスペリエンスを
提供する支援をしています。SDLのWebコンテンツ管理、分析、
ソーシャルインテリジェンス、キャンペーン管理、翻訳サービスは、
データに基づくインサイトの活用によって顧客のニーズを包括的に把握し、
適切なコンテンツとコミュニケーションを組み合わせ、言語、文化、チャネル、
デバイスの垣根を越えて魅力的かつコンテクストに合った
カスタマーエクスペリエンスの提供を可能にします。
SDLは、世界38か国に70か所オフィスを展開し、1,500社以上の
グローバル企業のビジネスをサポートしています。
グローバルトップブランド100社のうち72社がSDLを利用しています。

<本件に関する報道関係からのお問い合わせ先>
SDLジャパン株式会社 ランゲージソリューション部 菅原
Tel: 03-5773-1471
Mail: rsugawara@sdl.com

このプレスリリースの付帯情報

言語リスト

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。