logo

World Free Zones Organization会員数が100を突破 戦略3カ年計画を討議

World Free Zones Organization 2014年11月05日 18時08分
From 共同通信PRワイヤー

World Free Zones Organization会員数が100を突破 戦略3カ年計画を討議

AsiaNet 58507 (1228)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2014年11月5日PRN=共同通信JBN】
*ナレッジとネットワーク作り、会員サポートサービスおよび業界最優良事例の設定に焦点

多国間のWorld Free Zones Organization(WFZO)は、今年前半にドバイで設立されてから2回目となる理事会を5日に開き、会員数が100の大台を突破したと発表した。世界30カ国から投票権を持つ70の正会員と33の準会員とで構成されており、103番目の会員が確認された。

世界各地から参集した政策決定権を持った会員はまた、フリーゾーンの世界的経済傾向や調査と多様性、FDI(直接投資)運動、フリーゾーンで活動する大企業、中小企業の成長をサポートする積極的な環境を育成するための調査とナレッジベースに基づく計画の必要性を討議した。

WFZO会長のモハンマド・アルザルーニ博士はこの会議で以下のように語った。「今年5月の設立以来、われわれは世界のフリーゾーンと結び付くとの展望の下に、彼らが業界に関するナレッジと情報、事業開発と運営管理のためのネットワーク作りに関して、必要とするサポートのタイプとレベルを確立するため、マルチマーケット・マルチ利害関係者参加促進計画を進めてきた。各フリーゾーンは中核チームの柔軟性と能力を歓迎すると共に、理事会会員の専門的助言とWFZOの世界的な構造を歓迎しており、われわれが受け取った彼らからのフィードバックは極めて肯定的だった」

「われわれは同時に、フリーゾーンの役割を支え地元および世界経済に与える影響を強化する運営、法律、規制、ガバナンス最優良事例などについて対話を開始するため、多くのビジネスリーダー、政策立案者、影響力を持つ人物と接触した」

理事会はフアン・パブロ・リベラ氏を新理事会メンバーに選任した。リベラ氏はZona Franca Bogota South Americaの現社長で、フリーゾーンの戦略計画開発・実施を監督する。また理事会は故ペレラーノ氏に代わりマーチン・イバラ氏を新WFZO副会長に選任した。

理事会はまた、会員であるフリーゾーンのためナレッジおよびデータ共有、ネットワーク作り、サービスに関する世界基準を設定する戦略3カ年計画を討議した。World FZOの最高経営責任者(CEO)であるサミール・ハムロウニ博士は「われわれの前進のための3本柱戦略によって、World FZOは調査とデータ分析を通じ会員に戦略的洞察力とナレッジを提供し、会員の事業開発、提携の機会を促進できる。また同時にすべてのフリーゾーンとWorld FZOに加盟するフリーゾーン組織の発展を前進させる独自のツールとガバナンスシステムを提供することで利害関係者および会員をサポートする」と述べた。

▽WFZOの詳細の問い合わせ先
Tim Heath
Marketing and Communications Manager
Tim.heath@worldfzo.org
リンク
Tel: +971-4-2045471

報道関係問い合わせ先
Noha Habib or Kevin Cole
Capital MSL
wfzo@capitalmsl.com
Mobile: +971-(0)4-367-6139

ソース:World Free Zones Organization

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。