logo

WD(R)が監視クラス・ハードディスク製品ラインを拡大

WD 2014年11月05日 11時47分
From 共同通信PRワイヤー

WD(R)が監視クラス・ハードディスク製品ラインを拡大

AsiaNet 58380

【アーバイン(米カリフォルニア州)2014年11月5日PRN=共同通信JBN】
IoT“フォグ”監視環境に最適な大容量6 TBのWD Purple(TM)を出荷

ストレージ業界のリーダーであるWD(R)、Western Digital(ウエスタンデジタル)(リンク )は4日、ビデオ監視アプリケーション対応の受賞歴を誇るWD Purple(リンク )(TM)3.5インチハードディスクドライブ製品ラインを拡大、6TB容量のWD Purpleをリリースしたと発表した。ビデオ監視は「インターネット・オブ・シングス(IoT)」エコシステムの中で極めてデータリッチなアプリケーションである。WD Purpleハードディスクドライブは、最大8台のハードディスクドライブと最大32台の高解像度(HD)ビデオカメラに対応し、住宅および小規模企業のセキュリティーシステム環境に最適である。WD Purpleは1 TBから6 TBの容量をラインアップし、4日から発売される。

Photo - リンク

Logo - リンク

WDのシニアバイスプレジデント兼ストレージグループ・ゼネラルマネジャーであるマット・ラトリッジ氏は「ビデオ監視は、インターネット・オブ・シングス・アプリケーションのパイオニア的な存在である。IoTアプリケーションは高解像・ハイビットレートのビデオカメラと大容量の監視ビデオレコーダーとの機器間の相互作用で作動し、ユーザーのセキュリティーを向上させるアクセスとビッグデータ分析を提供する。WD Purple 6 TBドライブは、この急成長中の市場におけるイノベーションを実現する」と語った。

▽機能
WD Purpleハードディスクドライブには、以下のようなWD独自の多彩な技術が搭載されている。

*AllFrame(TM)-ATAストリーミング機器と組み合わせた場合、AllFrame(TM)はビデオ映像のフレームロスを削減して再生を向上させ、サポートされるドライブベイの数を増加させる。WD Purpleには、監視カメラシステム内で再生を向上させ中断を最小限に抑えることができる画期的なファームウエアが搭載されている。
*IntelliSeek(TM)テクノロジー-高温を伴う常時稼働の監視環境で低電力消費は重要な役割を果たす。IntelliSeek(TM)テクノロジーはシステムワークロードにとって最適なシークスピードを計算し、低電力消費を実現するとともにノイズと振動を軽減する。

▽互換性のある設計
既存あるいは新規のビデオ監視システムとのシームレスな統合を実現するために設計されたWD Purpleハードディスクドライブは、監視クラスの規格でテストされ業界をリードする筐体およびチップセットと互換性がある。WDは2014年2月にWD Purpleを初めて発売したが、監視パートナーと協力して監視システムのパフォーマンスを定義し、それを発揮できる独自のベンチマークを開発した。WD Purpleハードディスクドライブは諸いくつかのテストで、とりわけカメラ、チャンネル数、ワークロードが増えるにつれ、競合する監視クラスのストレージブランドに比べ優れたパフォーマンスを示した。顧客が監視ハードディクスドライブを選択することをサポートするため、WDのウェブサイトに「Compatibility Selector(互換製品選択)」という特別ページ(リンク )を設定した。

▽価格と販売
WD Purple監視クラス・ハードディスクドライブは厳選された代理店を通じて販売され、3年間限定的保証付きで容量は1 TBから6 TB。3.5インチ6 TBモデルナンバーWD60PURXの希望価格は329.99ドル。WD Purpleハードディスクドライブおよび限定的保証条件に関する詳細は同社ウェブサイトリンク を参照。

▽WD Purple監視ハードディスクドライブのパートナー

Hikvision Digital Technology Co.
Hikvision中国マーケティングセンターのシニアプロダクトマネジャーであるチョン・ウェイロン氏は「4K HD監視テクノロジーは次第に広まっている。新ブランドWD Purple 6 TBが巨大な容量で本日発売されることによって、監視アプリケーションにおける4Kテクノロジーは大きく飛躍し、すぐに監視ソリューションの主流となるだろう。WD Purpleは、その製品が提供するより高度な監視によって当社の顧客に恩恵をもたらす」と語った。

Uniview Technology Co.
Univiewのリュー・チャンカン最高技術責任者(CTO)は「当社の監視製品ネットワークは中国北部の極寒地域から南部の熱帯地域までに及び、430の安全都市プロジェクトで稼働している。当社は監視ストレージシステムの中核部分として、WDの監視ドライブを常に信頼し、選択してきた。WDの高度な互換性と信頼性は常時連続作動の監視ビデオストレージの要件を満たすことができる。新しいWD Purple 6 TBは、期待された容量拡大と高度なテクノロジー採用を実現しており、日々増え続けるHD監視データを管理するうえで当社に役立つ」と語った。

Dahua Security
Dahua Techonologyのストレージ製品マーケティングディレクターであるヤン・ウェンチョウ氏は「WDはエキサイティングな製品を監視業界に提供している。当社はWD Purple 6 TBを採用することで、増え続けるストレージ需要に直面する問題を解決することができる。容量の拡大は、単により大きなストレージ容量というだけでなく、4K HD技術アプリケーションの普及をさらに後押しすることを意味する。WDは市場および製品開発に一貫して投資しており、さらに高度な監視製品を提供することによって社会をよりよくするというわれわれの共通目標を必ず達成してくれる。当社は協力関係を深め、一緒になって監視の市場を拡大していきたい」と語った。

UIT Co.
United Information Technology(UIT)のトニー・チェン会長兼最高経営責任者(CEO)は「WDは当社にとって最も重要な監視ストレージ・パートナーの1つであり、長年のパートナーシップを通じて信頼を培ってきた。WD Purple 6 TBは当社の新製品の中で第一選択のストレージソリューションとなる。巨大容量のWD Purple 6 TBのサポートによって、安全都市およびスマートトランスポーテーション対応アプリケーションで、より優れた監視ソリューションを提供できると考えている」と語った。

QNAP Systems
QNAP Systemsのゼネラルマネジャーであるデービッド・チャン氏は「監視市場は4Kディスプレーによる監視へと移行しており、多くのユーザーがビデオ録画のために1080p IPカメラのビデオよりも4倍大きな4K IPカメラの採用に着手すると予測している。WD Purple 6 TBハードディスクドライブの提供によって、当社のユーザーは常時稼働の信頼性があるストレージ集約的監視アプリケーションで大容量を利用できる」と語った。

Intelbras
Intelbras Securityの製品マネジャーであるフアン・カリロ氏は「新しい6 TB WD Purpleハードディスクドライブには大いに期待をしている。CCTV製品の平均録画解像度は、より大容量の信頼できるドライブを求める革命が起きている。大容量のWD PurpleドライブとIntelbrasの高解像レコーダーを組み合わせれば、ブラジルでは大きな成功をもたらす」と語った。

About WD
Western Digital(ウエスタンデジタル)傘下企業であるWDは歴史のあるイノベーターであり、ストレージ業界のリーダーである。ストレージ・テクノロジーの先駆者として、同社は信頼性の高い、高性能なハードディスクドライブおよびソリッドステートドライブを提供している。同社のハードディスクドライブは、WDブランドでの製品展開に加え、OEMやインテグレーターを通し、デスクトップPC、モバイルPC、エンタープライズ向けシステム、組み込みシステム、家庭用電化製品などにおいて幅広く利用されている。WDはストレージ製品とそのシステム、ネットワーク製品、メディアプレーヤー、ソフトウエアなどを提供することで、世界中の人々が複数のデバイスを自由に使い、デジタルコンテンツを簡単に記録、保存、保護、共有、使用することを可能にしている。WDは1970年にカリフォルニア州アーバインにて創業した。同社についての詳細な情報は、同社ウェブサイト(www.wd.com )を参照。

Western Digitalは、カリフォルニア州アーバインでデジタルコンテンツを創造、管理、使用、保管するための製品およびサービスをグローバルに提供している。WD、HGST、G-Technologyのブランドの下、ストレージデバイスやネットワーク機器、ホームエンターテインメント製品を設計、製造している。財務およびIR情報については、同社ウェブサイト(リンク )を参照。

Western Digital、WD、WDロゴは、米国およびその他の国でWestern Digital Technologies, Inc.の登録商標である。WD PurpleとIntelliSeekは、米国およびその他の国でWestern Digital Technologies, Inc.の商標である。このリリースで言及されたその他のマークは、その他の企業に所属する。ストレージ容量として、1ギガバイト(GB)=10億バイト、1テラバイト(TB)=1兆バイトが使用されている。アクセス可能容量はオペレーティング環境によって変化する。ハードディスクドライブに蓄積することが可能な監視映像の情報量は、監視システムおよびハードディスクドライブの容量の中でファイルサイズおよびフォーマットセッティングに基づき変化する。監視映像のパフォーマンスおよびキャプチャーはユーザーの監視システム・ハードウエアおよびソフトウエア・コンポーネント、コンフィギュレーション、デザイン、セッティングによって変化する。限定的保証条件についてはウェブサイトsupport.wdc.com を参照。

(編集者注)WD製品の写真:リンク 。WD Purpleハードディスクドライブの編集者レビューサンプルは、WDのウェブサイトリンク を通じて申し込みを。

ソース:WD

▽問い合わせ先
Nobuyuki Yasuda
WD Marketing
81-35-308-2094

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事