logo

テクトロニクス、コスト・パフォーマンスに優れたUSBリアルタイム・スペクトラム・アナライザを発表

テクトロニクス 2014年11月05日 11時38分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2014年11月5日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、USBアーキテクチャをベースとした、コスト・パフォーマンスに優れた新しいクラスのリアルタイム・スペクトラム・アナライザ、RSA306型を発表します。新製品のRSA306型は、本格的なRF信号解析機能を画期的な価格で実現したこれまでにないリアルタイム・スペクトラム・アナライザです。9kHz~6.2GHzの広い周波数測定範囲と40MHzのリアルタイム帯域幅の性能を備えながら、質量はわずかに590gです。テクトロニクスのSignalVu-PCソフトウェアと併用することで、予算の厳しい研究/開発、無線通信システムの設置、メンテナンス、不要輻射、干渉電波解析、大学などの教育機関向けのアプリケーションで優れた解析機能を提供します。

スペクトラム・アナライザは高価な計測器であるため、多くの企業、実験室、教育機関で誰もが使えるほどの十分な台数を用意することはできませんでした。RSA306型は、テクトロニクスのリアルタイム・スペクトラム・アナライザの機能を、すべての技術者に手頃な価格で提供します。また、SignalVu-PCソフトウェア(無償)と併用することで、従来は高価なベンチ計測器でしか実現できなかった強力な信号解析機能を使用することができるようになります。

テクトロニクス、RF/コンポーネント・ソリューション、ジェネラル・マネージャのJim McGillivaryは、次のように述べています。「電気回路の設計やテストのほとんどすべての分野において、RFおよびマイクロ波のテストの要求は急速に変化しています。テクトロニクスは、新製品RSA306型による革新的で業界トップクラスのテスト/計測ソリューションによって、このように変化するさまざまな市場の要求にお応えしていきます」

RSA306型はテクトロニクス初のUSBスペクトラム・アナライザであり、USB 3.0インタフェースを装備し、デスクトップまたはノートPCと接続して複雑なテストと解析を高速に行います。RSA306型は従来のスペクトラム・アナライザに比べて非常に低価格でありながら、同等またはそれ以上の優れた感度、確度、ダイナミック・レンジを実現しています。

RSA306型は9kHz~6.2GHzの周波数測定範囲と40MHzのリアルタイム帯域幅を備え、USBスペクトラム・アナライザとしては業界トップクラスの性能です。また、リアルタイム信号処理能力は他メーカのスペクトラム・アナライザに比べて少なくとも1000倍以上高速です。USB計測器用ソフトウェアとして優れた信号解析機能を持つSignalVu-PCは、7世代ものリアルタイム・スペクトラム・アナライザの性能改善を反映し、多くの新しい解析機能を追加してきました。RSA306型はSignalVu-PCのすべての機能を使うことができます。さらにオープンAPIにより、MATLABやPythonなどのWindowsベースの独自のインタフェースが使用できるため、計測器で収集したロー・データをコントロールすることができます。

RSA306型は、以下のようなマーケット・セグメントのRF測定のニーズに対応します。

・限られた予算でのRFの設計/開発
手頃な価格のWi-Fiモジュールなど、RFコンポーネントが機器に組込まれるケースはますます多くなり、スペクトラム解析のニーズも急速に高まっています。RSA306型によって、無線機能を搭載した機器の設計において、誰もがRF信号解析ツールを利用できるようになります。

・無線通信システムの設置、メンテナンス
フィールド・アプリケーションではRSA306型の携帯性、解析能力、優れた操作性によって、エンジニアはネットワークの健全性をすばやく管理することができるようになります。スペクトラム・アナライザによるすべての測定機能が利用できるため、パス/フェイルのような限定的な機能の専用テスタにはない、優れた汎用性があります。

・不要輻射、干渉電波の解析
軽量・小型であるRSA306型は肩掛けの鞄にも簡単に入るサイズです。また、優れた感度によって100μsまでの短い信号もすばやく検出できます。これは、持ち運びが簡単で屋外で使用するスペクトラム・アナライザが必要なスペクトラム管理者や規制団体にとっても重要なポイントです。

・大学など教育機関の実験室
教育機関は、学生が実社会に出たときに使用するものと同等レベルのスペクトラム・アナライザで実験させることができるため、比較的少ない投資で学生を優れたRF/マイクロ波エンジニアに育成することが可能になります。ベクトル解析、周波数や位相のトレンド、その他のツールが利用できるため、基本的な周波数や振幅以上の概念を教えることができます。

<販売開始> 本日より


<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開し、優れたサービスとサポートを提供しています。詳しくはウェブ・サイト(jp.tektronix.com)をご覧ください。


<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


Tektronix、テクトロニクスは 、Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事