logo

プラネットとリーチローカル・ジャパン、歯科医院向け新規集患支援で協業

ReachLocal Japan Services合同会社 2014年11月05日 11時00分
From DreamNews

歯科医院向けにITを駆使したソリューションツールを企画、販売する株式会社プラネット(本社:岐阜県多治見市、代表取締役:小池 和人、以下「プラネット」)と、電話と連動した独自広告ソリューションReachSearchTMと広告の効果測定ソリューションTotalTrackTMを軸に、中小企業向けにコンサルティングサービスを展開しているReachLocal Japan Services合同会社(本社:東京都港区、代表職務執行役社長:小林 治郎、以下「リーチローカル・ジャパン」)は、2014年11月5日、プラネットの歯科会員向けに、歯科業界に特化した広告戦略のコンサルテーション及び付随するコンテンツを提供、両社は歯科医院における新規集患支援において協業いたします。

全国で新たに歯科医院を開業する医院数は年間約1800件にも及び、開業に伴う経営ノウハウ、特に診療システムの導入、新規集患など、患者の治療以外の面で効率よく医院を運営していくことに取り組めるかどうかは重要な成功要因となります。プラネットは現在約5,000人の歯科会員を保有しており、経営に関する領域において、ITによるソリューションツールを提供し円滑な医院運営をサポートする「スマート化」を推進しております。リーチローカル・ジャパンは、その中でも新規集患を実現する広告戦略を担い、第一弾として、いかに見込み患者に自院を見つけてもらえるか、事例を交えてそのソリューションを解説するセミナーを共同で実施します。ITソリューションツールによる「スマート化」を推進するプラネットは、歯科会員向けにオンラインによるコンテンツ配信をしており、セミナーに参加できない歯科会員や地方の歯科会員にも利用できるよう、セミナーの模様を独自の配信システム「モバセミ」で配信する予定です。

リーチローカルは、全世界で3,000医院以上の新規集患を支援する中で得られたノウハウを活かし、日本においても、歯科医院のさらなる繁栄を担えるよう貢献していきます。


株式会社プラネット
代表取締役 小池 和人
今後日本でもパソコンでのインターネット検索だけでなく、スマートフォンやタブレットの急激な普及により国民が自分にあった歯科院をどこでも簡単に探す機会は大きく増えていくでしょう。その時流のニーズに対応する広告ソリューションを提供し、さらに、歯科院の集患においてカギとなる電話での効果測定もできる技術をもった企業であるリーチローカル・ジャパンとパートナーシップを締結できることは、大企業ではなく地域に密着した歯科院にとっては有益な情報提供が可能になると期待しております。

ReachLocal Japan Services合同会社
代表職務執行役社長 小林 治郎
まだIT化が主流になっていない時代から16年以上、歯科業界において、ITソリューションの開発ひいては販売までも担い、先進的な取り組みで歯科業界の成長と繁栄に貢献してきたプラネットとパートナーシップを締結できることは、大変喜ばしいことです。リーチローカルが所有する独自の広告ソリューションと歯科業界の新規集患を支援してきたノウハウを集約し、歯科医院様の支援を一層加速していく所存です。

■ ReachLocal Japan Services合同会社 会社概要
所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ10F
TEL:03-3568-1892 (代表) / FAX:03-3568-1893
代表者: 代表職務執行役社長 小林 治郎

■ リーチローカル・ジャパンについて
リーチローカル・ジャパンは、日本の中小企業の継続的な成長にとって欠かせない広告宣伝の効果を可視化し、その投資効果を最大化するソリューションを提供しています。詳細は リンク をご覧下さい。

■ プレスリリースに関するお問い合わせ先
リーチローカル・ジャパン 経営企画室 
TEL: 03-4455-7334 / E-Mail:info@reachlocal.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事