logo

意外と多い?!業務でメール添付と同様に多用されるファイル転送・オンラインストレージ

~オンラインストレージを「業務でも使いたい」約7割~

この度、トライポッドワークスは、企業におけるファイル転送やオンラインストレージの利用実態の把握を目的として、日常的にファイル転送サービスやオンラインストレージサービスを使った経験がある従業員数100名以上の「民間企業」にお勤めの会社員を対象に、インターネットパネル調査を利用して実態調査を行い、その調査内容をレポートにまとめ2014年11月5日、公開致しました。

この度、トライポッドワークスは、企業におけるファイル転送やオンラインストレージの利用実態の把握を目的として、日常的にファイル転送サービスやオンラインストレージサービスを使った経験がある従業員数100名以上の「民間企業」にお勤めの会社員を対象に、インターネットパネル調査を利用して実態調査を行い、その調査内容をレポートにまとめ2014年11月5日、公開致しました。

----
ファイル転送サービスやオンラインストレージサービスは「メールの添付」と同様に多用されている
--------------------------------------------------------------------------
社外へのファイル転送方法を尋ねたところ、回答者のうち<92.7%>が「メールの添付」と答えており、その一方で「ファイル転送サービスまたはアップローダー」、「オンラインストレージサービス」を利用していると答えた割合が<83.5%>に上りました。また、メールの添付と併用してファイルを転送している割合が<53.2%>あり、転送する内容によりメールの添付とファイル転送サービスやオンラインストレージサービスを使い分けていることが分かります。

----
85%の企業はファイル転送とオンラインストレージサービスの利用を公式に禁止せず
-----------------------------------------------------------------
ファイル転送とオンラインストレージサービスの会社内での許可状況についての調査では、全体の<84.9%>のユーザーが公式に社内利用を全面禁止しているわけではないことが分かります。また暗黙的に利用されている現状も<24.9%>となっており、部分的・暗黙的・状況不明などファイル転送サービスの企業内利用自体がグレーゾーンであることがうかがえます。なお、個人でファイル転送とオンラインストレージサービスを利用しているユーザーは、その7割が業務での利用を求めています。ただしセキュリティなどの不安要素から、会社規定のルール下での利用を8割が求めており、慎重な状況がうかがえます。

その他、詳しいデータとその分析は本レポートをご覧下さい。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

【調査レポート】企業におけるファイル転送とオンラインストレージの業務利用と高まる期待

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。