logo

インサイテック社の「エクサブレート」を使用し、MRガイド下集束超音波による転移性脳腫瘍の治療を実施

InSightec 2014年11月04日 18時00分
From JCN Newswire

米国での臨床研究の第1症例目が完了

Tokyo, Nov 4, 2014 - ( JCN Newswire ) - インサイテック・ジャパン株式会社(本社:東京都八王子市、以下「インサイテック」)は、この度、同社のMRガイド下集束超音波治療機器「エクサブレート(ExAblate(R))」を使用した転移性脳腫瘍の試験的治療が実施されたことをお知らせいたします。今回の治療は、FDAの認可を得て現在米国で実施されている試験的臨床試験(全6症例)の第1症例目として、米国ワシントン州シアトルのスウェーデン神経科学研究所において9月23日に行われました。この臨床研究は、MRガイド下集束超音波治療法による転移性脳腫瘍の治療の実現可能性および安全性を確認することを目的に実施されています。

本臨床研究は、集束超音波治療財団(Focused Ultrasound Foundation、本拠地:米国バージニア州)のコーネリア・フラッグ・ケラー記念基金が資金的支援を提供しており、同財団は他にも、カナダおよびスイスで行われている膠芽腫、転移性脳腫瘍を対象とした試験的臨床研究に対し資金的支援をしています。これらの臨床研究では、脳腫瘍を患う患者様のために新たな治療法を確立し、クオリティ・オブ・ライフの向上と寿命の延伸につなげることを目的としています。今回の症例は、この目的の達成に向けた重要な第一歩となります。

実現可能性について確認する臨床研究において有望な結果が得られた場合、その成果は、安全性と有効性を確認することを目的としたより大規模な臨床研究の実施に向けた基礎となるでしょう。そしてインサイテックの機器による集束超音波治療が、様々なタイプの脳腫瘍の治療において、外科手術や放射線治療など従来の治療法に替わる、または従来の治療法を補完する治療法となっていく可能性につながります。

■ MRガイド下集束超音波治療について

MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)とは、集束超音波とMRIの2つの技術を組み合わせた画期的な治療法です。虫眼鏡で光を一点に集めるのと同様に、エクサブレートを使って体外から集束超音波を照射して標的組織を治療します。放射線の被曝がないため、何度でも繰り返し治療が受けられます。治療はMRI画像を元に行うため、正確な位置に照射することができ、また照射中の温度上昇も確認しながら治療することができます。

■「エクサブレート(ExAblate(R))」について

「エクサブレート(ExAblate(R))」はインサイテックが開発したMRガイド下集束超音波治療機器で、通常GE社製のMRIと接続して使用します。現在、本態性振戦、パーキンソン病に伴う振戦、神経障害性疼痛などの脳神経疾患、また乳がん、前立腺がんなど、様々な臨床応用に向け臨床研究が進められています。また、子宮筋腫に対する治療法としては厚生労働省の薬事承認を取得し、各地で治療が行われています。

現在エクサブレートが導入されている施設は、日本を含む世界100ヶ所以上に上り、インサイテックでは世界中の主要な病院や医療研究機関と連携し、共同で臨床研究を実施しています。

エクサブレートは、人々を救うための技術革新やその可能性が認められ、『ウォール・ストリート・ジャーナル』の技術革新賞やEUのIST大賞など複数の賞を受賞しました。また2011年には『タイム』誌で集束超音波が 「50個の最高の発明のうちの1つ」に選出されました。

■ インサイテック(InSightec)について

インサイテック(InSightec Ltd)は、MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)のパイオニアとして、この画期的な治療法の普及に努めています。1999年にGEヘルスケア(当時GEメディカルシステムズ)とエルビット・メディカル・イメージングの合資会社として設立され、MRガイド下集束超音波治療器「エクサブレート(ExAblate(R))」の開発や様々な臨床への応用を進めてきました。現在までに、研究開発に約2億ドルを投資し、追加申請中のものを含め90以上の特許を取得しています。イスラエルの港町ハイファの近くにあるティラット・カーメルに本社を置き、米国ウィスコンシン州ミルウォーキーとテキサス州ダラス、ヨーロッパ、アジアに支社を構えています。

インサイテック・ジャパン株式会社は、インサイテックの日本支社として2005年3月に設立されました。MRガイド下集束超音波治療器エクサブレート「ExAblate(R)」の臨床的・技術的なサポートを日本国内および韓国における導入病院に対して行っています。

【報道機関からのお問い合わせ先】
広報代理: クレアブ・ギャビン・アンダーソン株式会社
今井・渡辺・寒田
電話:03-5404-0640
Email: InSightec@kreab.com

概要:InSightec

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事