logo

ジョニー・ウォーカーがウイスキーの特性を分けて訴求する広告キャンペーン

Diageo 2014年10月31日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

ジョニー・ウォーカーがウイスキーの特性を分けて訴求する広告キャンペーン

AsiaNet 58452 (1205)

【ロンドン2014年10月30日PRN=共同通信JBN】世界をリードするスコッチウイスキー・ブランド(注)ジョニー・ウォーカー(JOHNNIE WALKER、R)はこのほど、同ブランドの4つの高級ウイスキーそれぞれが持つ特性を生き生きと引き出す新たな世界広告キャンペーンを立ち上げた。

(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク

この「特性」キャンペーンは、同ブランドが最近始め、注目を集めているオンライン・コンテンツと経験のイベントを駆使した新機軸の高級志向マーケティング戦略の中で重要な役割を果たすものだ。

職人技と秀逸なブレンド技術によって生み出された4つのジョニー・ウォーカー・スコッチウイスキーのそれぞれが持つ独自の特性がこの広告によってスポットライトを浴びる。すなわち、ジョニー・ウォーカー(R)ブルーラベル(BLUE LABEL、TM)の希少さと深み、ジョニー・ウォーカー(R)ゴールドラベル・リザーブ(GOLD LABEL RESERVE、TM)の滑らかさと輝き、ジョニー・ウォーカー(R)ブラックラベル(BLACK LABEL、R)の大胆さ、そしてジョニー・ウォーカー(R)ダブルブラック(DOUBLE BLACK、TM)の強さである。

このキャンペーン立ち上げに際して、ジョニー・ウォーカー・ブランドは新機軸を打ち出している各パイオニア企業と協力して一連の映像を制作したが、これらはそれぞれのブレンド・ウイスキーの特性だけでなく、映像を作った人々の専門知識にも影響を受け、それぞれのウイスキーの特性を強力なメタファーとして表した映像に仕上がっている。

Diageo Global Reserveのマネジングディレクター、ジェームズ・トンプソン氏は「この特性キャンペーンはジョニー・ウォーカーというブランドだけでなく、その名を冠したそれぞれのウイスキーが持つ高級なイメージを強化するものだ。広告は素晴らしく水準の高いクリエーティブな仕事をしており、当社のブレンド・ウイスキーそれぞれの作り込み、品質、そして特性を見事に反映している。ジョニー・ウォーカーは常に高級志向マーケティングの新機軸を打ち出しており、今回のキャンペーンもその一端である」と語った。

今回の特性キャンペーンは最近、同ブランドによってリリースされたジュード・ローとジャンカルロ・ジャンニーニ主演のオンライン動画「The Gentleman's Wager(紳士の賭)」および先月ロンドンで開かれた世界最初の試みとして高級ウイスキーをテーマに舞台、経験、音楽、芸術を統合し、大成功を博したイベント「Symphony in Blue(青の交響曲)」に続くものである。The Gentleman's Wagerの中でジュード・ローは欲しいものは何でも持っているのに、金では買えないものを得るために賭をし、そして勝つ1人の男を演じている。この動画は今までに3000万回もダウンロードされ、トンプソン氏は「当社にとってコンテンツ製作のベンチマークになった」と述べた。

トンプソン氏は続けて「ジョニー・ウォーカーは高級スペースに存在するブランドであり、それは最高のホスピタリティであり、没入型の物語でもあるジョニーウォーカーハウス(JOHNNIE WALKER HOUSE 、TM)という素晴らしい経験として表現されることもあり、また今回のような刺激的で人を引き込む広告として表現されることもある」と話した。

新キャンペーンで使われるそれぞれの広告は、その中心にあるウイスキーのユニークで識別可能な特性から直接のヒントを得ている。

ジョニー・ウォーカーの究極の希少性を体現したジョニー・ウォーカー・ブルーラベルを描写するため、他にはない深みに特別なものを追う探検が選ばれた。スコットランドの隅々から集められた1万個のたるのうち、1個だけが十分な特質を持つウイスキーをその中に納め、ジョニー・ウォーカーのシグネチャーである際だつスムーズな味を創り出す。

新しいジョニー・ウォーカー・ブルーラベルの広告がスポットライトを当てているのはフランスのフリーダイビング世界チャンピオン、ギョーム・ネリーで、メキシコのユカタン半島にある世界最大の地下水系への侵入口、海面下約100フィートのセノーテピットで希少さと深さを求めてダイビングする様子が撮影されている。

ジョニー・ウォーカー・ゴールドラベル・リザーブは同社のマスター・ブレンダーがキルドナンヒルズから流れ出た水から作ったクライヌリッシュ・シングル・モルト・ウイスキー(Clynelish Single Malt Whisky)を含め、いくつかのウイスキーから作り上げたもので、素晴らしい滑らかさと輝きをもつブレンドに仕上がっている。キルドナンヒルズでは1868年に金が発見された。

今回の新広告では、光の芸術のパイオニアであるBionic Leagueが金のミラーボールをスコットランド・ハイランド地方の川に流して文字通り「金の川」を作り、このウイスキーの滑らかさと輝きを物理的に表した。Bionic Leagueは世界の偉大な音楽家のため目を見張る光のショーを演出し、世界中の聴衆を沸かせる手助けをしている。

ジョニー・ウォーカー・ブラックラベルは大胆な風味に定評があり、世界で最も良く知られたスコッチウイスキー・ブランドの1つである。ジョニー・ウォーカー・ダブルブラックはジョニー・ウォーカー・ブラックラベルのスタイルにのっとって作られた現代のクラシック・ウイスキーで、元来スモーキーな特性を持つウイスキーに由来し、また黒焦げさせた樽を使っているため、特性はより深く、強い。

広告でこの2つのブレンドの特性は、日常使われるものを真っ黒で力強く、今やアイコンになっている芸術作品に変えてしまうことで知られるイタリア生まれの芸術家、マッティア・ビアジによって活写されている。広告キャンペーンでは、グランドピアノやクラシックカーなどアイコン的な高級製品が詰まった一部屋すべてを黒色や炎、煙をつかって大胆で強烈な芸術作品に変えてしまった。

ジョニー・ウォーカーのグローバル・クレデンシャルズ・ディレクター、ダニエル・リーヒー氏は「キャンペーン製作には当社のウイスキーの特性を良く反映し、想像力にあふれ、強力で直感的な表現を重視、ウイスキーの中に隠れている性質を前面に押し出している」と述べた。

さらに「当社はこの作品をギョーム、Bionic League、マッティア、そしてニューヨークのクリエイティブ・エージェンシーであるAnomalyと一緒に製作することできて喜んでいる。彼らは本当のパイオニアだ。ジョニー・ウォーカーと同様、彼らは妥協せずに品質水準を保つことに対する信念や革新と進歩に対する深いコミットメントを共有しており、今後も豊かで実りのある関係を保ちたいと考えている」と付け加えた。

(注): IWSR(2013)

▽ディアジオ(Diageo)について
ディアジオは世界の大手飲料企業で、蒸留酒、ワイン、ビールなどの部門にわたり幅広いアルコール飲料ブランドの大きなコレクションを所有している。これらのブランドにはジョニーウォーカー、クラウンローヤル、J&B、ブキャナン、ウインザー、ブッシュミルズなどのウイスキー、スミルノフ、シロック、ケテルワンなどのウオツカ、その他キャプテン・モーガン、ベイリーズ、ドン・フリオ、タンカレー、ギネスなどがある。

ディアジオは同社の製品を世界180カ国以上で販売しているグローバル企業である。同社はロンドン証券取引所(LSE)では銘柄コードDGE、ニューヨーク証券取引所(NYSE)では銘柄コードDEOで上場されている。Diageoおよび同社の社員、ブランドに関する詳しい情報はウェブサイト(リンク )を参照。情報、イニシアチブ、ベストプラクティスの共有方法に関しては責任ある飲酒を促進するディアジオのグローバルリソース・ウェブサイト(リンク )を参照。

Celebrating life, every day, everywhere(人生を楽しもう、いつでも、どこででも)

JOHNNIE WALKER、BLUE LABEL、GOLD LABEL RESERVE、BLACK LABELおよびDOUBLE BLACKに関連する用語、Striding Figureの図案および関連ロゴは(C)John Walker & Sons 2014の商標である。

Please Drink Responsibly(責任ある飲酒をお勧めする)

ソース:Diageo

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事