logo

石油・ガス産業向けソフトウェアの大手6社がAltair PBS Professional®に対応

HPCスケジューリングとワークロード管理ソリューションにより、燃料の探査と掘削の影響低減のための計算集約的なアプリケーションを高速化

Altairは、石油・ガス技術の大手6社の主要なアプリケーションがPBS Professional®に対応し、ソフトウェアの統合が完了したことを発表しました。PBS Professionalは、Altairのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けのワークロード管理およびジョブスケジューリングのソフトウェアです。

世界各国の何千社もの企業で使用されているPBS Professionalを導入すれば、HPC環境を利用するエンジニアは、生産性の向上、リソースの利用率と効率の最大化、クラスタワークロード管理のプロセスの簡略化が可能になります。

AltairのChief Technical Officer for Enterprise Solutionsを務めるSam Mahalingamは、次のように述べています。「北米地域での石油・ガス探査における新たな展開や世界的な地政学環境の変化を受けて、エネルギー産業のハイパフォーマンス環境では、より高速で柔軟性が高く、生産性の優れた運用が求められています。Altairは、高い性能を要求される複雑なHPC環境の最適化において市場をリードしています。また、石油・ガス産業の事業者は、コンピューティング資産の効率を高めるためにPBS Professionalを活用しています。同様に、世界各国のHPCエンドユーザーソフトウェアの大手企業は、ソフトウェアをPBS Professionalに対応させることで、顧客満足度の向上と導入機会の増加を期待できると考えています」。

この度、以下の石油・ガス技術企業がPBS Professionalに対応しました:

•Computer Modeling Group Limited (CMGL)社: PBS Professionalと油層シミュレーションソフトウェア製品群を統合。同製品群は、ヒストリーマッチングの実施や、一次回収、二次回収、増進回収法(EOR)、改良型採収法(IOR)のプロセスの予測に用いられています。

•Emerson Process Management社: PBS Professionalと最新のRoxar Tempest™ 7.1を統合。油層エンジニアリングの統合ソフトウェア製品群であるRoxar Tempestでは、探査と生産の油層エンジニアが1つの共通のインターフェースを使用できます。

•Paradigm社: 地震探査データ処理およびイメージングシステムのParadigm® Echos®をPBS Professionalと統合。Echosでは、地震探査データから高精度・高解像度の地下の図面を作成できます。

•Petroleum Experts (Petex)社 : RESOLVEがPBS Professionalに対応。同ソフトウェアは、油層シミュレーター、プロセスシミュレーター、パイプラインの過渡シミュレーション、サードパーティ製ソフトウェア、および貯蔵タンク、油井、地上の集油・集ガスシステムを設計するためのPetex Integrated Production Modeling(IPM™)ソフトウェア製品群といった独自ツール間のリンクを通信および制御するためのマスターコントローラーです。

•Rock Flow Dynamics社: tNavigatorソフトウェアがPBS Professionalに対応。油層エンジニアリングとシミュレーションのための同ソフトウェアは、エンジニアのノートPC、サーバー、HPCクラスタで動的な油層シミュレーションを実行できます。

•Schlumberger社: 同社が2013年に発行したホワイトペーパーに記載の通り、引き続きECLIPSEがPBS Professionalに対応しています。

Rock Flow Dynamics社のCTOを務めるKirill Bogachev氏は、次のように述べています。「ユーザーは当社のソフトウェアに対して、ワークロード管理システムとシームレスに動作することを求めています。そのため、顧客に上質なサービスを提供するには、Altairなどの大手HPCベンダーとの統合が欠かせません。たとえば、最近では主要顧客の1社が、優れたサポートとコストの最適化を理由にPBS Professionalに切り替えました。PBS Professionalは当社の油層シミュレーションソフトウェアと完全に統合されているため、ユーザーはスループットとパフォーマンスを確実に最適化することができます」。

Roxarのソフトウェア開発の責任者を務めるRobert Frost氏は、次のように述べています。「Emerson社としては、PBS ProfessionalとTempestを統合することができ非常に嬉しく思っています。油層エンジニアは、ライセンス方式などのクラスタコンピューティングのパワーをシンプルなインターフェースを通じて利用することができます。Altairの技術サポートは頼りになるだけでなく対応も素早いので、開発を円滑に効率良く進めることができます」。

Paradigm社のProduct Management for Seismic Processing and ImagingのDirectorを務めるRichard Eperjesi氏は、次のように述べています。「リソースのスケジューリングソリューションは、大規模な地震探査データ処理とイメージングのワークロード管理において極めて重要です。そのため、当社は地震探査データ処理システムのParadigm EchosをPBS Professionalと統合することで、コンピューティングリソースの活用の最適化に必要なスケジューリング機能をユーザーに提供しています。この統合の結果、分析ワークフロー全体の中のプロセスプロジェクト内で優先順位を調整する必要がある場面や、ビジネス分析用のレポート標準化において価値をもたらすことができていると考えています」。

石油・ガス産業におけるほとんどの計算、とりわけ地震探査データ処理と油層シミュレーションは、計算集約的な作業です。そのため、石油・ガス産業の企業は計算クラスタなどのHPCシステムをいち早く導入し、長年にわたって使用してきました。同産業の企業が大規模でより複雑な部類の問題に対処するためにこうした先進的な技術を導入するにつれ、PBS Professionalなどの製品の重要性がますます高まっています。

AltairはHPCの第一人者として、こうした動向、事業との関連性、技術協力について、さまざまな石油・ガス産業の会合で報告する予定です。そのうちの1つは、コロラド州デンバーにて10月26日~31日に開催される2014年度の米国物理探査学会(SEG)国際展示会です。SEGでは、Altairは4つのセッションで発表を行い、PBS Professionalがエネルギー分野のエンジニアリングをどのようにサポートできるかについてご説明します。各セッションのトピックは以下の通りです:

•深海構造物のエンジニアリングにおけるHPCの活用(Cray社との共同発表)
•HPCアプリケーション環境の管理の簡略化
•HPCクラスタ導入の秘訣
•包括的なワークロード管理による油層データ処理の高速化

9月2日および9月24日には、それぞれスコットランドのアバディーンとテキサス州ヒューストンにて、エネルギー産業に不可欠なイノベーションの実現と加速を支援するツールや専門知識を提供する取り組みの一環として、ATCx Energyカンファレンスを開催しました。

また、Altairは先頃、ギリシャのクレタ島で開催されたヨーロッパ物理探査学会(EAGE)のHPCワークショップを後援しました。本ワークショップでは、上流産業で使用される重要なアプリケーションの進化と今後の発展に加えて、必要なHPC技術についても議論されました。

Altairは、2014年11月18~19日にコロラド州ハイランズランチで、2014年12月2日~3日にイギリスのギルフォードで開催されるSeisSpace/ProMAXユーザーグループミーティングを後援します。また、11月17日~20日には、ニューオリンズで開催されるSupercomputing(SC)2014に出展し、ブース2231で製品のライブデモや無料のハンズオンチュートリアルを実施します。詳細については、AltairのSCのサイトをご覧ください。

PBS Professionalや、PBS Professionalがエネルギー産業のユーザーにもたらすメリットの詳細については、www.pbsworks.comの石油・ガス産業向けソリューションのセクションをご覧ください。


【お問い合わせ】
アルテアエンジニアリング株式会社
マーケティング
marketing@altairjp.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

石油・ガス産業向けソフトウェアの大手6社がAltair PBS Professional®に対応

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と広範にわたる分野への適応に注力しています。 Altairは2,300人以上の従業員を擁する株式非公開企業で、米国ミシガン州トロイに本社を置き、23か国に45以上の事務所を構えています。顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。