logo

Kepwareが最新のLocal Historianを発表 業務効率と応答性が向上

Kepware Technologies 2014年10月30日 14時27分
From 共同通信PRワイヤー

Kepwareが最新のLocal Historianを発表 業務効率と応答性が向上

AsiaNet 58432 (1194)

【ポートランド(米メーン州)2014年10月30日PRN=共同通信JBN】
KEPServerEX用のLocal Historian Plug-Inは、データソースでヒストリカルデータの収集、蓄積、アクセスを実現する最新ソリューションを産業オートメーション市場に提供する

ヒストリカル情報はプロセス・スループットを向上させ、アセットを管理し、規制当局に報告するためにオートメーション業界で使用される。このため、この情報へのアクセスは極めて重要である。オペレーションおよびエンジニアリングのチームは、データソース近傍に位置してハイスピードでデータ保存ができ、さらにチームが製造ライン、ドリリングリグ、試験室、ポンプステーション、その他の産業環境の要件に効率的に対応するために必要な柔軟性があるソリューションを求めている。Kepware TechnologiesのKEPServerEX向けLocal Historian Plug-In(リンク )は柔軟で使い勝手がよく、コスト効率に優れたソリューションであり、OPC Historical Data Access(OPCヒストリカルデータアクセス、HDA)を使ったヒストリカルデータが利用可能な業界トップのトレンディング、リポーティング、分析ツールを提供する。

 Logo - リンク

Local Historianは、製造、石油・ガス、公共事業などの極めて大規模な産業環境で使用されている既存のエンタープライズ・ヒストリアン・モデルを補完できる。エンタープライズ・ヒストリアンは大企業で重要情報の恒久的なアーカイブとしての位置を今後も占めていくが、多くの企業は情報を収集する地点で、第3者分析およびリポーティング・ツールへのオープンアクセスを簡単に設定し、それを提供するより小型で柔軟なヒストリアン・アプリケーションも必要としている。

KepwareのLocal Historian Plug-InはKEPServerEX通信プラットフォームを使用して、情報を高速データベースに転送する。このLocal Historianは、顧客や、データ可視化、リポーティング、分析のための市販OPC HDA準拠のクライアント・アプリケーションに対して、ヒストリカル情報を提供する。Local Historianの設計はデータ蓄積と可視化とを切り離しているので、ユーザーは独自のニーズに最も合致する可視化ないしはリポーティングのいずれかのソリューションを選択できる。

KepwareはOPC HDA実装を立証し、シームレスなユーザー体験を保証するために、このプラグインを複数の第3者トレンディングおよびリポーティング製品によってテストした。Kepwareがテストを完了したリポーティング製品の1つには、SyTechのXLReporterが含まれている。

SyTechのピーター・カプリーリアン最高経営責任者(CEO)は「KepwareのLocal Historianは、オートメーション分野における同社の長年の経験に裏打ちされた堅ろうなヒストリアンである。それはXLReporterによって全面的にテストされ、両製品はシームレスに同時稼働する。われわれはKepwareとともに、当社製品に対する高品質なサポートを提供することにコミットしている」と語った。

Local Historian Plug-Inは、10ミリセカンドの高速ロギングと最大1万タグのティアごとのライセンシングをサポートする。オープンスタンダードであるため、クライアント接続ごとの追加コストなしで、ローカル蓄積されたデータに複数クライアントからのアクセスが可能である。詳細な情報および無料のデモンストレーション・ソフトウエアについてはKepwareのウェブサイトを参照。Local Historian Plug-Inによってテストされた第3者トレンディングおよびリポーティング製品の全リストについては、電話+1-207-775-1660 x208か電子メールsales@kepware.com でKepware代理店に問い合わせを。

▽Kepware Technologiesについて
Kepware Technologiesは、米メーン州ポートランドに本社を置く株式非公開のソフトウエア開発企業である。Kepwareは、企業がさまざまなオートメーション機器とソフトウエア・アプリケーションに接続することを支援する一連のソフトウエア・ソリューションを提供する。Kepwareは製造業、石油ガス、ビルディングオートメーション、配電などを含む世界の垂直市場の工場作業現場、ウェブサイト、風力発電所など幅広い顧客にサービスを提供する。Kepwareは1995年に創立され、そのソフトウエアは現在100カ国以上で販売され、このソフトウエア・ソリューションが数千の企業の操業および政策決定の向上を支援している。

詳細はwww.kepware.com(リンク )を参照。またウェブサイトのリンク からKepware Corporate Overviewビデオを参照して同社の業務内容およびその文化を閲覧することができる。

▽SyTech, Inc.について
SyTechは1991年からリポーティング生成および分析のソフトウエアを提供している。同社は、Excel、PDF、ウェブのフォーマットでリポートを自動作成し配布するために使用する技術を推進する定評あるリーダーである。同社の革新的なアプローチは、素早く実装でき、信頼性があり、コスト効率に優れた製品を生み出す。SyTech製品はオートメーション・ソフトウエア流通業者、OEMによって販売され、世界80カ国以上で実装されている。受賞歴のあるソフトウエアXLReporterは小都市の施設をはじめ、主要な国際的メーカーによって支持されている。

詳細はウェブサイトwww.SyTech.com を参照。

▽報道関係問い合わせ先
Ryan Lilly
+1-978-518-4533
rlilly@matternow.com

ソース:Kepware Technologies

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。