logo

Kobo、防水電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O」を 日本で年内に先行販売

- 300台限定で5,000円分クーポン付きキャンペーン、一般販売は来春を予定 -

楽天株式会社の子会社であるRakuten Kobo Inc.は、防水電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O」を、日本において年内に先行販売することを決定しました。先行販売は300台限定で、日本国内の販売価格は19,980円(税込)です。一般販売は来春の予定です。



 楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)の子会社であるRakuten Kobo Inc.(本社:カナダ トロント市、CEO:相木 孝仁、以下「Kobo社」)は、防水電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O」を、日本において年内に先行販売することを決定しました。先行販売は300台限定で、日本国内の販売価格は19,980円(税込)です。一般販売は来春の予定です。

 10月1日から北米とヨーロッパで店頭・オンライン販売を開始した「Kobo Aura H2O」は、ビーチや浴室などでも気兼ねなく読書を楽しみたいと思っているユーザー向けに開発され、防水性や防塵性だけでなく、Carta E Ink技術を採用した6.8インチの大型タッチスクリーンや1,430×1,080ピクセルで265 dpiの高解像度、目に優しいフロントライトと美しく表示される文字などが、高い評価を得ています。

 来春の国内一般販売に先駆け、日本のユーザーにもいち早く「Kobo Aura H2O」を体感いただきたいと、このたび300台限定の先行販売キャンペーンを実施することにしました。5,000円分のクーポンがセットになっており、お好きな電子書籍の購入にご利用いただけます。先行販売は、明日10月31日(金)10時から「楽天Kobo電子書籍ストア」で予約受付を開始し、発送は12月中旬を予定しています。

 Kobo社は今後も、様々な場面での読書の楽しみ方を提案していきます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■□ 「Kobo Aura H2O」 国内販売 概要 □■
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■国内販売
・ 販売価格:19,980円(税込)
・ 発売時期:2015年春頃

■先行販売キャンペーン
・予約受付期間(注1):10月31日(金)10:00~12月18日(木)9:59
・販売価格:19,980円(税込)
※「楽天Kobo電子書籍ストア」で電子書籍の購入に利用できる5,000円分のクーポン「RaCoupon」(ラ・クーポン)付き(注2)
・発送:12月中旬(予定)
・キャンペーンページ:リンク

注1:お一人様1台のみ購入可能で、先着順となります。また、先行販売でお届けする製品の仕様は、一般販売時の仕様と一部異なる場合がございます。(今後、ソフトウェアアップデートのサービスをご利用いただくことで、一般発売日の商品と同様の仕様となります。)
注2:クーポンは12月下旬に発行の予定です。クーポンは、発行日から2015年1月31日(土)までご利用いただけます。

■製品概要
・カラー:ブラック
・防水:IP67規格準拠(水深1mで最大30分の使用が可能)
・ディスプレイ:6.8インチのCarta E Ink HDタッチスクリーン
・解像度:1,430×1,080(265dpi)
・対応ファイルフォーマット:EPUB/PDF/JPEG/GIF/PNG/BMP/TIFF/HTML/CBZ/CBR/MOBI(注3)
・内臓メモリ容量/使用可能領域:約4GB/約3GB(テキストベースの本:3,000冊分、
・コミック:約60~150冊分)(注4)
・メモリ拡張:microSD(最大2GB)/microSDHC(最大32GB)(注5)
・Wi-Fi(無線LAN):IEEE 802.11 b/g/n(WEP/WPA/WPA2)
・パソコン接続方法:USB(microUSBケーブル1本同梱)
・サイズ: 129 mm(幅)×179 mm(長)×9.7 mm(厚)
・重さ:233 g
・ライト:フロントライト内臓
・充電持続時間の目安:約7週間(注6)
・フォント:日本語(モリサワ製)、欧文フォント、サイズ調整可能

注3:楽天Kobo電子書籍ストア、楽天Koboイーブックストアで販売しているPDF書籍のみがサポート対象となります。注4:一般的なテキストベースの本1冊分のファイルサイズを約1MB、コミック1冊分のファイルサイズを約20~50MBで計算した理論値です。
注5:メモリーカードは別売りです。
注6:ライトおよびWi-Fiをオフにした状態で、約1分/1ページで1日30ページ読書した場合の計算値です。実際の充電持続時間は使用環境や機器の状態によって異なります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事