logo

eBookJapanと少年画報社が少年画報社創立70周年記念事業を共同展開 『赤胴鈴之助』『イナズマ君』など昭和の名作70作品の配信を開始!!



マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)と株式会社少年画報社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:戸田利吉郎(とだりきちろう)、以下少年画報社)は、少年画報社が2015年に創立70周年を迎えるのに先立って、2014年10月28日(火)より創立70周年記念事業の共同展開を開始しました。

第1弾は昭和の名作8タイトル70作品の電子配信です。昭和31年から昭和34年にかけてB6判ハードカバーの単行本として刊行された『赤胴鈴之助』(全22巻)、同じ体裁で昭和31年から昭和33年にかけて刊行された『イナズマ君』(全11巻)、昭和35年に刊行された『白馬童子』(全4巻)など、現在では単行本の入手が極めて困難な昭和の名作を、少年画報社の全面的な協力のもと、刊行された当時の底本をもとに電子書籍化し10月28日(火)より販売いたします。


記念館や博物館に収蔵されてもおかしくない希少な単行本を通じて、日本のマンガ文化の黎明期をぜひお楽しみください。少年画報社とeBookJapanでは本電子書籍のリリースを「少年画報社×eBookJapan 少年画報社創立70周年記念事業」第1弾と位置づけ、今後も多彩な企画を予定しております。どうぞご期待ください。


少年画報社×eBookJapan
「少年画報社創立70周年記念事業 第1弾」リリースタイトル一覧(一部予定を含む)


◆特集ページ
少年画報社×eBookJapan 少年画報社創立70周年記念事業

リンク


■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、25万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、背表紙表示も可能な “トランクルーム本棚”
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。


■eBookJapanの取り組み 「宇宙初の電子本をみんなで創ろう!」プロジェクト

「世界初(※2)の宇宙空間における電子書籍読書実験」に若田宇宙飛行士が成功いたしました。
若田宇宙飛行士が「きぼう(日本実験棟)」船内で読書している動画を「宇宙電子本」と合わせて一般公開しております。
リンク


■株式会社少年画報社について
1945年、今井堅が明々社を創業。「時流に掉さして偏せず、健全な青少年の育成に奉仕する」を創業の理念として1948年「月刊冒険活劇文庫」を創刊、2年後の1950年に「少年画報』と改題。その後、1956年に社名変更し株式会社少年画報社を設立。1963年「週刊少年キング」、1967年「月刊ヤングコミック」とコミックを中心とした娯楽雑誌を次々に創刊した。現在「隔週刊ヤングキング」「月刊ヤングキングOURS」「月刊ヤングキングOURS GH」「月刊ヤングコミック」「ねこぱんち」を発刊。『赤胴鈴之助』『まぼろし探偵』『ビリーパック』『ワイルド7』『怪物くん』『超人ロック』『ペリカンロード』『BADBOYS』『HELLSING』『蒼き鋼のアルペジオ』など数々の話題作を生み出している。

コーポレートサイト:リンク


■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)


※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)

※2 日本宇宙フォーラム(JAXAの広報・宇宙実験を支援している一般財団法人)調べによると、これまで宇宙飛行士が宇宙において商用目的で電子書籍を利用した事実はなく、宇宙飛行士がプライベートで電子書籍を利用したという事実についても現時点では確認されていません。(一般財団法人 日本宇宙フォーラム:リンク)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事