logo

日本初 独立電源システム「Personal Energy」一般発売(本年12月先行発売開始)

株式会社 WQ 2014年10月28日 10時00分
From PR TIMES

電力を自給自足するハイブリッド独立電源システムパッケージ

この度、株式会社WQ(東京都中央区、代表取締役:シュトゥデニー シュテフェン、以下WQ)は、慧通信技術工業株式会社(兵庫県神戸市、代表取締役:粟田 隆央、以下慧通信)社製、独立電源システム
「Personal Energy」、太陽電池パネル、小型風力発電機をパッケージングし、従来より要望の多かった家庭用に発売を開始いたします。
また、WQは、上記機種を独占販売することで、慧通信と合意いたしました。独自のチャージマネジメントで卓越した技術力を持つ慧通信と太陽光市場に強みを持つWQとの共同で、欧米では広く普及しつつあ
るオフグリッドの概念を日本に普及することを目的といたします。全国展開に先駆けて、電力会社の事情により太陽光発電の系統連系*1が困難な沖縄県で12月より先行発売いたします。



本システムは、「完全に電力会社による電力供給を受けなくても良いもの」という画期的なシステムになります。これは卓越した慧通信のチャージコントロール技術によるものです。
この度、株式会社WQ(東京都中央区、代表取締役:シュトゥデニー シュテフェン、以下WQ)は、慧通信技術工業株式会社(兵庫県神戸市、代表取締役:粟田 隆央、以下慧通信)社製、独立電源システム
「Personal Energy」、太陽電池パネル、小型風力発電機をパッケージングし、従来より要望の多かった家庭用に発売を開始いたします。

また、WQは、上記機種を独占販売することで、慧通信と合意いたしました。独自のチャージマネジメントで卓越した技術力を持つ慧通信と太陽光市場に強みを持つWQとの共同で、欧米では広く普及しつつあ
るオフグリッドの概念を日本に普及することを目的といたします。全国展開に先駆けて、電力会社の事情により太陽光発電の系統連系*1が困難な沖縄県で12月より先行発売いたします。

*1 系統連系(けいとうれんけい)とは、発電設備などが商用電力系統へ並列(発電設備などを商用電力系統に接続すること)する時点から解列(発電設備などを商用電力系統から切り離すこと)する時点までの状態のこと。
*2 系統とは、発電設備、送電設備、変電設備、配電設備、需要家設備などの電力の生産から消費までを行う設備全体のこと

2014年12月より沖縄県で先行発売開始
全国展開に先立ち、2014年12月より沖縄県で先行発売を開始いたします。販売・設置には、施工品質を保つ目的でID制を採用。ID取得会社のみへ製品供給を行います。(他地域は、順次発売を開始いたします。)
ID取得説明会を沖縄で実施いたしますので、参加申込みの方はWQまでお問い合わせください。
尚、本システムについては全てWQによる独占販売となります。

---------------------------------------------------------------------------------
ID取得説明会
日時:2014年11月4日(火曜日) 13:00~15:00
場所:沖縄県男女共同参画センター てぃるる 沖縄県那覇市西3-11-1
URL :tiruru.or.jp
定員:20名(先着順、1社2名まで)
参加費:無料
---------------------------------------------------------------------------------

問合せ窓口
株式会社WQ(ダブルキュー) 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE銀座9F
03-6228-4560( 河内まで)


リリース元(2社共同リリース)
株式会社WQ(ダブルキュー) 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE銀座9F
慧通信技術工業株式会社 兵庫県神戸市海岸通8番神港ビルヂング


企業データ
株式会社WQ
wqinc.co.jp
住所:東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE銀座9F
代表取締役:シュトゥデニー シュテフェン
2013年5月設立
2013年度年商:10億円
会社概略
主に、元Qセルズジャパンのメンバーにより設立された、エネルギーカンパニー。
「世界一流品質を、日本へ」を看板に、品質をキーワードに、日本での健全な再生エネルギーの発展を目指す。

慧通信技術工業株式会社
personalenergy.jp
住所:兵庫県神戸市海岸通8番神港ビルヂング
代表取締役:粟田 隆央
2000年11月設立
会社概略
阪神淡路大震災の経験から、made in Kobe を原点とし、日本でのものづくりを行うメーカー。
ベンチャー企業ながら大手ハウスメーカーが直接取引を行うほど革新的な開発力を持っている。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。