logo

「ScaleOut DSP」と 「PubMatic」がRTB接続を開始

株式会社スケールアウト 2014年10月27日 12時00分
From ValuePress!

スケールアウト社のDSP「ScaleOut DSP」とPubMatic社のSSP「PubMatic」がRTB接続を開始し、「ScaleOut DSP」は「PubMatic」を利用している日本国内のプレミアムな媒体社をはじめとするRTB買付可能な広告在庫インプレッションを拡充致しました。


<Press Release>
                                          2014年10月27日
                                       株式会社スケールアウト

              スケールアウト社のDSP「ScaleOut DSP」と
             PubMatic社のSSP「PubMatic」がRTB接続を開始

 株式会社スケールアウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山崎大輔)は、PubMatic Inc(本社:米国カリフォルニア、Co-Founder & CEO:Rajeev Goel)が運営するSSP(※1)「PubMatic」とスケールアウト社のPC・スマホ向けDSP(※2)「ScaleOut DSP」とRTB(※3)接続を開始致しました。

今回の「PubMatic」との接続連携により、「ScaleOut DSP」は「PubMatic」を利用している日本国内のプレミアムな媒体社をはじめとするRTB買付可能な広告在庫インプレッションを拡充致しました。

スケールアウトは、今後もSSP・アドエクスチェンジとのサービス連携を予定しており、広告主の求めるブランディング広告からダイレクトレスポンス広告まで、幅広いニーズを実現するプラットフォームの構築・運用・提供を目指します。


※1「SSP(Supply-Side Platform)」
 媒体社(メディア)広告収益の最大化を目的とし、広告枠の販売から業務フローを最適化し管理することを目的に開発された媒体社向けプラットフォームです。

※2「DSP(Demand-Side Platform)」
 複数の広告枠の配信最適化と効果検証などの一元管理を目的に開発された広告主向けプラットフォームです。

※3「RTB (Real Time Bidding)」
 インターネット広告の入札の仕組みで、広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定する方式のことです。



■ 会社概要

【 PubMatic】
社名  : パブマティック株式会社
      リンク
所在地(日本法人) :東京都港区南青山6-11-4 YMテラス B棟
代表者名: カントリーマネージャー 前川 洋輔
事業内容: デジタル媒体向け広告配信最適化プラットフォームの開発、販売

【スケールアウト】
社名  : 株式会社スケールアウト 
      リンク
所在地 : 本店: 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 31F
設立  : 2006年12月   
代表者 : 代表取締役社長 山崎 大輔
事業内容: DSP/DMP、トレーディング事業
      広告配信システムのOEM提供
      アドテクノロジーに関する技術支援
      オンライン広告のビジネスコンサルティング
Facebook: リンク


株式会社スケールアウト  原山
E-mail : info[at]scaleout.jp

パブマティック株式会社  岩野
E-mail : jp[at]pubmatic.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事