logo

19歳なら何万回滑ってもリフト代がタダ!『雪マジ!19』、全国180カ所のゲレンデでスタート

10月23日より4季目の会員登録開始

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘)に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」は、この冬、4季目となるスノーエリア再活性化のための若者需要創出プロジェクトとして、19歳の男女を対象にリフト券を無料にする『雪マジ!19(※)~SNOW MAGIC~ 2014(以下雪マジ!19)』を企画・実施することをお知らせします。JRCの呼びかけに賛同いただいた全国180カ所のゲレンデと連携し、10月23日より『雪マジ!19』の4季目(2014~2015年冬季シーズン)会員登録を開始します。
また昨シーズンに引き続き、より多くの若者にスノーアクティビティを楽しんでもらう企画として『雪マジ!20』、さらに東北索道協会福島地区部会と共同で『雪マジ!ふくしま』も併せて実施します。
(※)読み方:ユキマジナインティーン



◆『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~ 2014』実施背景

スキー・スノーボードなどのスノーアクティビティは、年齢が上がるにつれて参加率が低下するという特徴があるため、若年層・初心者層の取り込み強化、また、その後長く継続していただくための方策が必要となります。『雪マジ!19』は、スノーアクティビティ業界にとって重要なエントリー層である19歳層を中心とした若年層を増やし、今後長きにわたってスノーエリアを再活性化させる目的で、賛同ゲレンデと連携し2011年11月に観光庁後援のもと発足しました。 2014~2015年シーズンで4季目を迎えます。

昨シーズンは全国172カ所のゲレンデに賛同いただき、2012~2013年シーズンと比べ『雪マジ!19』会員登録数が約5万人増加の15万人以上に達しました。またゲレンデ延べ動員数(推計値)は約52.8万人、シーズンを重ねるごとに『雪マジ!19』を利用してゲレンデに訪れる19歳男女の数は増加しており、1季目からの累計は延べ100万人以上にのぼります。 また、昨シーズンの賛同ゲレンデに協力いただき、今年20歳を迎える男女にリフト券を割引販売する『雪マジ!20』を今シーズンも引き続き実施し、20歳にリピーターになってもらうことを目指します。さらに東北索道協会福島地区部会と共同で、福島県内の22カ所のゲレンデにおいて、20-22歳の男女を対象にリフト券を無料にする『雪マジ!ふくしま』を実施することで、福島県と共に冬季の観光誘客や地域経済の活性化に取り組んでいきます。

JRCは今シーズンもこれらの企画を推進し、昨シーズン以上により多くの若年層にスノーアクティビティ体験の機会を提供することで、スノーエリアの再活性化に寄与してまいります。


◆『雪マジ!19 ~SNOW MAGIC~ 2014 』概要

今年度19歳を迎える男女であれば、スマホアプリ「マジ☆部」をダウンロードし『雪マジ!19』へ会員登録するだけで、リフト1日券が無料になります。期間中、何回利用しても無料です。また『雪マジ!19』の応援企画として、19歳でなくとも無料リフト券をプレゼントする19歳紹介キャンペーンを実施します。

■対象者: 1995年4月2日~1996年4月1日生まれの男女
■会員登録期間: 2014年10月23日(木)より開始
■実施期間: 2014~2015年 冬季シーズン(ゲレンデの営業開始・終了期間は各々異なります。)
■対象ゲレンデ: 全国180カ所(該当のゲレンデ名はページ下部URLを参照ください。)
■公式サイト: リンク  または「雪マジ」で検索。(WEB・スマートフォン共通)

■19歳紹介キャンペーン:
全年齢対象へリフト券をプレゼントするキャンペーンです。19歳に『雪マジ!19』を紹介し、紹介された方が会員登録すると、3人登録でリフト券1枚、5人登録でリフト券2枚受け取れます。紹介した人が登録をすればするほど、受け取れるリフト券の枚数も多くなります。なお、 プレゼントリフト券は5,000枚以上をご用意しています。キャンペーンページは『雪マジ!19』と同時開始、紹介者の登録開始は2014年11月17日(月)~2015年1月末(予定)です。

※プレゼントでお送りするものは、リフト券と引き換えられる交換はがきとなります。
※リフト券の上限枚数はゲレンデごとに異なります。


◆『雪マジ!20 ~SNOW MAGIC~ 2014 』概要
『雪マジ!20』は、昨シーズン『雪マジ!19』を利用した20歳、また今シーズン新たにスキー・スノーボードに挑戦したい20歳を対象に、全国52カ所以上の賛同ゲレンデのリフト代を割引する企画です。

■対象者: 1994年4月2日~1995年4月1日生まれの男女
■会員登録期間: 2014年10月23日(木)より開始
■実施期間: 2014~2015年 冬季シーズン(スキー場の営業開始・終了期間は各々異なります。)
■対象ゲレンデ: 全国52カ所(該当のゲレンデ名はページ下部URLを参照ください。)
■公式サイト: リンク
または「雪マジ」で検索。(WEB・スマートフォン共通)

※昨シーズン『雪マジ!19』に会員登録された方も、『雪マジ!20』の会員登録が必要となります。
※割引率はゲレンデによって異なります。


◆『雪マジ!ふくしま』概要
JRCは東北索道協会福島地区部会との共同で、20-22歳の男女を対象に福島県内の22ゲレンデと連携し、リフト代を無料にする『雪マジ!ふくしま』を実施します。

今シーズンで4季目の実施となる本施策では、関東圏や隣接県を中心に本県スキー場の若年層への認知拡大、会員獲得及び宿泊周遊促進に係るプロモーションにも力を入れ、冬季の観光誘客や地域経済の活性化に取組んでいきます。

■対象者: 1992年4月2日~1995年4月1日生まれの男女
■会員登録期間: 2014年10月23日(木)より開始
■実施期間: 2014年12月22日(月)~2015年3月31日(火)の平日(12/29~1/2は除く)
■対象ゲレンデ: 福島県内の22カ所
■公式サイト: リンク
(Facebook及びTwitterでも専用ファンページを開設します。)

■企画内容:
・今年度20歳~22歳になられる男女を対象に、福島県内22カ所の平日リフト1日券が無料となります。
※ナイターは除きます。
・スマホアプリ「マジ☆部」をダウンロードし、『雪マジ!ふくしま』の会員登録をするだけで利用できます。
※昨シーズン利用者も「マジ☆部」アプリにて『雪マジ!ふくしま』の会員登録が必須となります。

■対象ゲレンデ(五十音順):
会津高原だいくらスキー場、会津高原たかつえスキー場、会津高原高畑スキー場、会津高原南郷スキー場、あだたら高原スキー場、猪苗代スキー場、裏磐梯スキー場、裏磐梯猫魔スキー場、尾瀬檜枝岐温泉スキー場、グランディ羽鳥湖スキーリゾート、グランデコスノーリゾート、グランドサンピア猪苗代リゾートスキー場、三ノ倉スキー場、スキーリゾート天栄、只見スキー場、二本松塩沢スキー場、沼尻スキー場、ファミリースノーパークばんだい×2、フェアリーランドかねやまスキー場、星野リゾート アルツ磐梯、箕輪スキー場、リステルスキーファンタジア


◆『雪マジ!19』『雪マジ!20』『雪マジ!ふくしま』利用までの流れ

(※1)『雪マジ!20』の対象ゲレンデは順次追加予定です。
(※1)『雪マジ!ふくしま』の対象ゲレンデは12月初旬(予定)より検索可能です。
(※2)ゲレンデにて生年月日の記載ある写真付き身分証明書の提示が必要となります。


◆「マジ☆部」について
JRCは、若年層の行動支援プラットフォームとして「マジ☆部」を創りました。若年層需要活性施策『雪マジ!19』『Jマジ!20』『ゴルマジ!20』を、「マジ☆部」を通じて展開してきました。今後も「マジ☆部」に入れば、さまざまな楽しい体験を無料で出来るという世界観を目指し、国内旅行の需要創出につながる施策を企画、実施していきます。

詳細はこちら:リンク


▼『雪マジ!19』『雪マジ!20』『雪マジ!ふくしま』についての詳細は下記URLをご参照ください。
※2014~2015年シーズン賛同ゲレンデの詳細はこちらに記載がございます。
リンク


▼リクルートライフスタイルについて
リンク
▼本件に関するお問い合わせ先
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事