logo

マップアール、Apache DrillとApache Sparkの統合構想を発表

Apache Hadoopディストリビューションのトップランクに位置付けられているMapR Technologiesは 本日、Apache DrillをApache Sparkと統合する構想を発表いたします。

Apache Hadoopディストリビューションのトップランクに位置付けられているMapR Technologiesは 本日、Apache DrillをApache Sparkと統合する構想を発表いたします。

Apache Drillは、HadoopやNoSQL等、複数のデータソースにまたがり即座にデータをセルフサービスで検索することを可能にします。また、Apache Sparkは、高速、簡単なプログラミング、リアルタイムプロセッシングが強みのインメモリのフレームワークです。

Evaluator Groupのシニアパートナー兼アナリストのJohn Webster氏は以下のようにコメントしています。
「Apache DrillをApache Sparkの高速なインメモリ処理技術と統合することは強力な組み合わせとなります。MapRがSparkのフルスタックを完全にサポートすることによって、Drillのデータに対する扱いやすさや俊敏性とSparkのバッチ処理機能を組み合わせたデータ処理を実現します」

Databricksの最高経営責任者 (CEO)であるIon Stoica氏は以下のように語りました。
「Sparkを強力に推進するDatabricksは、Sparkの継続的かつ拡張的なイノベーションによりビッグデータの活用が進化することを嬉しく思っています。MapRがDrillとSparkを統合することで企業のデータ処理における選択肢が増え、企業はより価値の高い、深い洞察を得ることになるのです」


MapR Technologiesの共同創業者で最高技術責任者 (CTO)であるM.C. Srivasは次のように述べました。

「Apache DrillとSparkを統合することで、データ処理に関する開発がシンプルになり、Drill SQLベースの非定型検索がインメモリで実現できるようになります。Databricks社と協業しイノベーションを加速することは、お客様にとって大きなメリットになるでしょう」

Apache Drillによって情報システム部門の労力は最小限になります。スキーマレスデータ、入れ子構造のデータ、刻々とスキーマが変化するデータなど、フォーマットの複雑なデータを即座に検索できる柔軟性を得られることになります。スキーマを準備、管理し、ETLのタスクをセットアップするのに数週間かかるのに対して、SQLクエリーが、さまざまなファイル形式上で直接実行され、生きたデータが投入された段階で即座に検索することができるのです。さらに、Apache Drillは、ANSI SQLに対応しているため、ユーザーは既に知見のあるSQL技術やビジネスインテリジェンス (BI)ツールを無駄にする必要はなくなります。


■マップアール・テクノロジーズについて
MapRは、Hadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズグレードのプラットフォームを提供 しています。MapRは一つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能を HadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらしています。MapRはフォーチュン100企業やWeb 2.0企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、500社以上のお客様にご利用いただいております。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HPは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。
ホームページ: リンク
Facebo   : リンク
Twitter  : リンク

■お客様からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-5288-5370  Email: sales-jp@mapr.com

■報道関係者からのお問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ 広報エージェンシー リードプラス株式会社 担当:大橋
Tel: 03-6278-7566  Email: maprpr@leadplus.co.jp

関連情報
http://www.mapr.com/jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事