logo

iOS対応の無料アプリ、セキュリティブラウザ「Kaspersky Safe Browser for iOS」を提供開始

株式会社カスペルスキー 2014年10月21日 14時02分
From PR TIMES

~ 個人情報の流出やショッピング詐欺などの被害を防止。iOS 8にも対応 ~

iPhone、iPad、iPod touch用のセキュリティブラウザの無料アプリをApp Storeで提供開始。個人情報の流出やショッピング詐欺などの被害を防止します。iOS 8にも対応。



情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川合林太郎)は、iPhone、iPad、iPod touch用のセキュリティブラウザの無料アプリ「Kaspersky Safe Browser for iOS」を、本日よりApp Storeで提供を開始します。

昨今、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及に伴い、SNSやオンラインショッピングといった、さまざまなインターネットサービスの利用者が増加しています。しかし、それらのサービスを狙うサイバー犯罪の被害に遭う危険も同時に高まっています。

2013年にKaspersky Labが検知したフィッシングサイトのうち、SNSサイトをかたったものは35.39%、オンラインバンキングやショッピングサイトをかたったものは31.45%を占めており、カテゴリ別ランキングで第1位と第2位となっています(※1)。また、Appleユーザーを狙うフィッシングサイトも出現しており、Apple IDを盗まれた結果、個人情報が流出する被害が発生しています。本年5月には、iOSの画面をロックし、それを解除するために金銭を要求する身代金要求型攻撃が発見されました。Apple IDを不正に入手したサイバー犯罪者がiCloudアカウントを乗っ取り、持ち主がログインできないようにしたと推測されています。

Kaspersky Safe Browser for iOSは、インターネットを閲覧するブラウジング機能に加えて、フィッシングサイトや悪意のあるサイト、ショッピング詐欺サイト、偽サイトをブロックし、サイバー犯罪による被害を防ぎます。さらに、ギャンブルやアダルトなど特定のコンテンツを含むサイトをブロックして、快適にウェブサイトを閲覧することが可能です。

■ 主な特長
・ 高性能なアンチフィッシング機能により、フィッシングサイトへのアクセスをブロックします。また、悪意のあるサイト、警察機関により詐欺被害が確認されたショッピング詐欺サイトや偽サイトなど、危険なサイトをデフォルトでブロックします。
・ 犯罪・暴力、武器、過激な表現、ギャンブルなど、不快なコンテンツを含む可能性のある14種類のカテゴリの中から、閲覧しないカテゴリを選択することができます。
・ Kaspersky Labのクラウド技術、Kaspersky Security Network(※2)を利用してサイトの情報を常に更新します。日々、新たに出現する危険なサイトにも対応してブロックします。

■ Kaspersky Safe Browser for iOS 画面イメージ
リンク 


■ 動作環境
端末 : iPhone、iPad、iPod touch
オペレーティングシステム : iOS 6、iOS 7、iOS 8
ハードウェア要件 : 10 MB の空き容量、インターネット接続

■ App Store : Kaspersky Safe Browser for iOS
リンク
*本アプリはサポート対象外です。


※1 Kaspersky Lab調べ : 2013年度金融に関するサイバー脅威レポート
リンク

※2 Kaspersky Security Network :
クラウドベースのアンチウイルスネットワーク。ネット上の新しい脅威を即時に検知し、感染源を数分でブロックすることで KSN に接続されたすべてのコンピューターを保護します。

・iPhone、iPad、iPod touch は、Apple Inc.の商標です。

■ Kaspersky Lab について
Kaspersky Labは、世界最大の株式非公開のエンドポイント保護ソリューションベンダーです。ITセキュリティ市場におけるイノベーターとして、17年以上にわたり大企業から個人ユーザーまで幅広いお客様に効果的なITセキュリティソリューションを提供しています。現在、世界中のおよそ 200の国と地域で事業を展開し、全世界で 3億人を超えるユーザーをIT上の脅威から保護しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事